奨学金制度

本校では、以下の学費をバックアップする奨学金制度を利用することができます。
なお、各学科、課程により受けられる内容が異なりますので注意して下さい。
また、履修科目免除の制度があります。詳しくは「履修科目免除制度要項」をご覧下さい。

制度 社会福祉科 精神保健福祉科
昼間課程 通信課程 通信課程
ひとり親家庭奨学金 - -
利子補給奨学金 - -
有資格者奨学金 - -
同窓生子弟奨学金
学生用無料駐車場 - -
再受験支援制度
学費返還制度
国の教育ローン
信販会社の学費ローン
教育訓練給付制度

学内の制度

ひとり親家庭奨学金

適用学科 社会福祉科(昼間課程)
対象 ひとり親家庭で学費を親(本人)が負担している方であって、世帯の収入が学園が定める所得基準未満である方。
内容

入学後、在学年度ごと10万円の奨学金を支給します。

学費全納後の支給となります。

返済義務はありません。

申請書類

1.学園奨学金申請書(65KB)、2.給与所得者は、源泉徴収票、給与所得以外は確定申告書(コピー可)

郵送ご希望の方は入学サポートセンターまでご連絡ください。

申請時期 合格後、入学手続き時に申請する。
備考 有資格者奨学金、同窓生子弟奨学金との併用はできません。

このページの先頭へ

利子補給奨学金

適用学科 社会福祉科(昼間課程)
対象 教育ローンを利用して入学される方で世帯の収入が学園が定める所得基準未満である方。
内容

在学期間中、教育ローンの利子を補給します。

金利上限3.5%、年間支給上限6万円

学費全納後の支給となります。

返済の義務はありません。

申請書類

1.学園奨学金申請書(65KB)、2.給与所得者は、源泉徴収票、給与所得以外は確定申告書(コピー可)

この他、教育ローン契約後に教育ローン契約書等の提出が必要となります。

郵送ご希望の方は入学サポートセンターまでご連絡ください。

申請時期 合格後、入学手続き時に申請する。
参考

社会福祉科(昼間課程)の場合
在学中1年間の学費を教育ローンなどを利用して支払う場合、元金据置期間を1年、ローン金利が3.5%とすると学園が支給する利子補給奨学金は次のとおりです。
 学費95万×金利0.035=33,250円
         合計=33,250円

備考 有資格者奨学金、同窓生子弟奨学金との併用はできません。

このページの先頭へ

有資格者特典制度

適用学科 社会福祉科(昼間課程)
対象 医療・福祉の国家資格、介護支援専門員、教員免許、実務者研修(旧ホームヘルパー1級)、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)のいずれかを取得している方。
内容

入学後、10万円の奨学金を支給します。

学費全納後の支給となります。

資格取得見込みで申請された方は、平成25年6月末までに資格取得を証明する書類を提出してください。提出の確認後奨学金を支給します。

返済義務はありません。

申請書類

1.学園奨学金申請書(65KB)、2.資格取得を証明する書類(コピー可)

申請時期 合格後、入学手続き時に申請する。
備考 ひとり親家庭奨学金、利子補給奨学金、同窓生子弟奨学金との併用はできません。

このページの先頭へ

同窓生子弟特典制度

適用学科 全学科
対象 受験者本人もしくは受験者の2親等以内の親族がセムイ学園(東海医療福祉専門学校、東海歯科医療専門学校、東海医療工学専門学校、東海医療科学専門学校)の卒業生もしくは在校生である方。
内容

昼間課程へ入学:入学後、10万円の奨学金を支給します。
通信課程へ入学:入学後、3万円の奨学金を支給します。

学費全納後の支給となります。

返済義務はありません。

申請書類

1.学園奨学金申請書(65KB)、2.受験者本人もしくは受験者の2親等以内のご家族の卒業証明書もしくは在学証明書、3.卒業生もしくは在校生との続柄を証明する書類(戸籍抄本など)

申請持期 合格後、入学手続き時に申請する。
その他 ひとり親家庭奨学金、利子補給奨学金、有資格者奨学金との併用はできません。

このページの先頭へ

学生用無料駐車場

適用学科 社会福祉科(昼間課程)
内容 入学時に申請していただき、自動車で通学される方に自動車通学用の駐車場を無料で提供します。なお、自動二輪、自転車は申請なしで駐輪場をご利用いただけます。

このページの先頭へ

再受験支援制度

適用学科 全学科
内容 いずれの学科においても、1度の検定料納付により何度でも受験する事ができます。(但し同一年度に限る)また、卒業証明書または卒業見込み証明書の再提出を免除します。
この制度は学科・課程を変更される場合でもご利用いただけます。

このページの先頭へ

学費返還制度

適用学科 全学科
内容

入学手続き後、指定日までに入学辞退を届け出た方に入学金を除く学費(授業料、施設設備費、実習費)を返還する制度です。
そのため、入学前にやむを得ない事情で入学辞退をされる方の経済的負担を軽減することができます。

一度納入された入学金は理由のいかんにかかわらずお返しできません。

返還の際の振込手数料は手続き者負担とさせていただきます。

このページの先頭へ

その他の奨学金制度・提携教育ローン

国の教育ローン

内容 日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)が教育費を使途として融資を行います。融資限度額は一人350万円まで、返済期間は最長15年の、社会人でも使える固定金利(年1.90% 平成28年5月10日現在利率)の進学ローンです。入学資金の場合は合格発表前の申し込みができますので、早めに最寄りの日本政策金融公庫までお問い合わせください。
詳細:日本政策金融公庫ホームページ外部サイトへ

このページの先頭へ

信販会社の学資ローン

内容 悠裕プラン(株式会社ジャックス)、学費サポートプラン(株式会社オリエント・コーポレーション)外部サイトへなどの信販会社が行っている学資融資制度を利用することができます。
学資融資という性格上、一般の融資よりも有利な内容となっております。
詳しくは合格通知とともにご案内を同封させていただきますので、そちらをご参照下さい。

このページの先頭へ

教育訓練給付制度(専門実践教育訓練) ※平成27年度実績

対象学科 社会福祉科(昼間課程)
対象 ・初回受給の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
・平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受給した場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者を有している方
・平成26年10月1日以降に教育訓練給付金を受給した場合、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までの間に10年以上雇用保険被保険者期間を有している方(この場合、当該専門実践教育訓練の受講開始日前までに、前回の教育訓練給付金の受給から10年以上経過していない場合は、対象となりません。)
内容 受講者が支払った教育訓練経費のうち、40%を支給(年間上限32万円)。
更に、受講修了日から1年以内に資格取得等し、被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合には20%を追加支給(合計60%、年間上限48万円)。
詳細:ハローワークインターネットサービス外部サイトへ

このページの先頭へ

教育訓練給付制度(一般教育訓練) ※平成27年度実績

対象学科 社会福祉科(通信課程)、精神保健福祉科(通信課程)
対象 教育訓練を開始した日において雇用保険の一般保険者である人のうち、支払要件期間が3年以上ある方。
または、受講開始日において雇用保険の一般保険者でない人の内、一般保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内であり、支払要件期間が3年以上(初回に限り1年以上で受給可能)ある方
内容 教育訓練経費(授業料)の20%、最大10万円が受講終了後にハローワークへ申請することで、本人に支給されます。
詳細:ハローワークインターネットサービス外部サイトへ

各制度ともに平成28年度入学生の方が対象となります。

  • 資料請求 郵送でお届けします
  • みんなでオープンキャンパスへGO!! 詳しくはこちら

このページの先頭へ