2008.02.25 Monday 16:46

合格体験記 

合格体験記第4弾をupします。今回は、夜間課程卒業生のT.Kさんのもです。来年度通信課程入学予定の方には大変参考になるのではないでしょうか。ぜひ、仕事と勉強を両立して社会福祉士国家試験に合格したT.Kさんの勉強方法を参考にして合格を勝ち取ってください!!

合格体験記 

私、女、独身、18年度卒業、昨年在学中に30の大台に乗り、障がい者、障がい児、外国籍児童の地域支援をしながら、夜間クラスで学び、社会福祉士国家試験に合格しました。では問題です。
◆社会福祉士国家試験に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 合格率3割を切る難関試験なので、仕事や家庭を捨て受験勉強に没頭すれば合格することが出来る。
2 合格率3割を切る難関試験なので、仕事や家庭を犠牲にしても合格は難しい。
3 13科目という膨大な範囲の中から出題されるが、所詮各科目10題で6割取ればよいわけだから、仕事や家庭と両立して要領よく勉強すれば合格することが出来る。
4 仕事や家庭と両立して要領よく勉強しても合格は難しい。
《解答と解説》
不適切問題。1,2,3,4すべて○になりえる。実際に私の周りでも、聞いた話しでも、どの選択肢のパターンに当てはまる人も存在する。ちなみに私の解答は3、家庭はないが。
上記のように社会福祉士の国家試験は本当に不思議です。だから「こういう方法で合格出来ます」と王道のようなことは正直言えません。でも敢えて「勉強のコツは?勝因は?」と尋ねられれば、私の場合は「要領よく」と答えます。頂上まで登りつめるには、この1,3以外にもたくさんの道はあると思いますが、以下は結局最後まで仕事を辞めたくても辞められず、1を選ぶことが出来なかった私のケースを書きます。
 社会人は忙しい。仕事や家庭を持ちながらいかに学習時間を強引に捻出するか。そしてその限られた時間の中でいかに効率よく勉強するか。今ある環境を生かすのもソーシャルワーカーの力量、取り敢えずイツデモドコデモ勉強出来る状況を作りました。具体的には大きく分けて2つ。1つは、仕事と学校を終え落ち着いた深夜、早起きし出勤するまでの間、休みの日など、椅子に座って鉛筆を持って机に向かえる“まとまった時間”には→じっくり色々な物で裏を取りながら過去問をやる。もう1つは、それ以外の食事時、休憩中、移動の電車内、1月になってからは家事、トイレ、入浴中など、“細切れの時間”には→分厚い辞書や過去問は何冊も広げられないので、持ち運び便利で折り曲げ可能で濡れないようにビニール袋にも入れられる紙切れ物、先生がくれるよく出来た解りよいレジメを読んだり、必携の覚えるべき部分をコピーしたものを暗記したりする。しかし周りを見渡したら勉強“量”では到底かなわないと不安になることも多々ありました。とは言っても選択肢2のケースのように延べ勉強時間が点数に比例するものでないのも事実、数ヶ月横になってテレビを見ながら適当にやれば…過去問や必携を色取り取りの蛍光マーカーできれいにすれば…専門学校や対策講座に大金を払えば…受かるというものでもありません。結局、短期集中、量より“質”重視で、勉強時のテンションを上げるように努めました。たとえ10分でもその10分を本当にやったものとする。読み流したこと、まとめたことに満足感や安心感を覚えるのではなく、暗記すること、得点に結びつくことに執着する。
ここまで書くと、一切の無駄を省き勉強時間をひねり出し効率だけを追求しがむしゃらに仕事と勉強だけをしていたようですが、これは精神衛生上大変よくありませんし、約10ヶ月という長丁場なのでつぶれます、いや、つぶれました。実際には資格がなくても働ける甘い現実があるわけだし、忙しさを言い訳に学校も辞めて国試も諦めようと思ったことも何度もありました。仕事やプライベートでストレスがたまって悩んで不安定な状態では勉強に集中出来ないし効率も悪い。そうならないためにも、これもまた要領よく、自分を褒め、なだめ、甘やかす。デートに費やす、家族旅行に出掛ける、合コンで飲む、ギャンブる等々、適度な息抜きでリフレッシュして頭をスッキリ切り替えることも必要です。もちろん暗記からは逃げられないし、試験用の勉強をする努力が要らないとは言いません。でも実際の試験でも、ひたすら暗記や知識量を問う問題ばかりでなく、いかに世論に通じているか、福祉的な観点で物事を見ているか、一見どうでもいいような雑学なども幅広く問われていると感じます。特に過去問だけでは点数の上がりにくい原論、地域福祉論、社会学、事例問題などでは、先生が講義の合間に話すたわいもない小話し、実習での経験、たまたま目にした新聞や雑誌、マンガやドラマや映画のひとコマ、クラスメイトや恋人や家族との会話がヒントとなり答えを導けたものも少なくないように思います。
そして、今まで一生懸命やってきたこととは別に、試験当日本番でのコンディションは身体面、メンタル面共に結果に大いに響きます。大学受験も経験しているし、社会福祉士の模試も何度も受け、時間配分、解答順序は完璧に吟味済みで慣れたつもりでも、予想以上に緊張します、めちゃめちゃ、ものすごく、ほんとうに。そんな極度の緊張状態の中でも、数時間集中しっぱなしに耐えられる集中力、持久力はもちろん、知らなくても聞いたことがなくても感覚的にどこがおかしいか正しいかを嗅ぎ分けられるカン、判らない問題をくよくよ悩まず、完璧なんてあり得ない…数問間違えたってどうってことない…難しい一問よりみんなが解ける簡単な三問…と絶対に気落ちせずパニくらず頭を次に切り換えられる即断即決力も養わなければいけません。私は、他の多くの受験生と同じく、本試で「できた」と言う手応えは全くありませんでした。でも意外にそんな人たちの方ができているものだそうです。
 だらだらとまとまりなく書いてしまいましたが、やはり絶対的王道や秘策はない代わりに、どんな道でもどんな人でもゴールに辿り着くことは出来るはずです。勉強していればありあまる情報が入ってくることと思います。人は人、自分は自分と、良いところは盗み修正しながら早く自分の勉強法を確立し、余計な情報や、他人のハウツーに振り回されることなく、自分の担任を信じて、自分の選んだ教材を信じて、何より自分自身を信じて、最後の最後まで諦めることなく頑張ってください。これは資格自体に過大な期待はしていなかった私が実際受かってみて気づいたことですが、現場では有資格者としてそれなりに評価してもらえます。合格したというだけでなく、仕事をしながら何かをやり遂げられたという自分自身に対して大いなる自信を手に入れることが出来ます。試験のために覚えたことや福祉的思考は実は無駄なことはひとつもなく役に立ちます、それは福祉界で働かなくても、色々な人と関わって生活していく人生の一般論として。それでは、国試まで、良い出会いにいっぱい恵まれ、多くのことを学び、社会福祉士合格のプロセスである充実した学校生活を楽しまれることを、そしてみんなが夢を実現することを祈っています。
 最後になりましたが、今回の受験を通して本当にたくさんの素晴らしい人に出会えたことをとても嬉しく感じ心から感謝しています。現場経験豊富で学識高く趣味で家まで建ててしまうスゴイE先生、泣いても許してもらえず自分の休み返上で日曜日に終電まで厳しい実習指導をして下さり今後児童と関わる上でも多大な影響を与えてくれたN先生、同じ女性としても羨ましく家庭を持ちながら社会福祉士として学校内外でも活躍されているN先生、その道の超プロであり仕事帰りの眠気も吹っ飛ぶ興味深い講義をしてくれた各科目の個性強い講師の方々、自分の偏見に気づかせてくれた素直でかわいい養護施設の少年たち、未知の世界であった高齢者施設の魅力や大変さを教えてくれた人生の大々先輩である特養のおじいちゃんおばあちゃん、その実習先で忙しい中色々なことを教えてくれた職員の方々、同じ志で同じ目標を目指して一緒に頑張ったクラスメイト、早く帰ることや実習中も多大な融通をきかせてくれフォローしてくれた上司や同僚、資格取るより結婚しろと文句を言いつつも協力してくれ合格を誰よりも喜んでくれた家族、そしてそして…勉強がはかどらず成績が伸びず何度も挫折しそうになる私にいつも適切なアドバイスと面白い話をしてくれ気持ちを奮い起こさせてくれた優しい我が担任T先生、お世話になった人を挙げればきりがありません。本当にありがとうございました。そして合格してやっとスタートラインに立てた私をこれからもどうぞよろしくお願いします。

2007年 春


私が信じて使いこなした教材たち
『第19回社会福祉士国試対策07 (共通科目編) 』医学評論社、2006.
『第19回社会福祉士国試対策07 (専門科目編) 』医学評論社、2006.
『2007 必携 社会福祉士 [共通科目編] 』筒井書房、2006.
『2007 必携 社会福祉士 [専門科目編] 』筒井書房、2006.
飯塚慶子著『すらすら覚える社会福祉士受験暗記ブック』中央法規出版、2006.
椋野美智子・田中耕太郎著『はじめての社会保障 第4版』有斐閣、2006.

Comments [0]

Comment form
cookie

Trackbacks [0]

Trackback URI


東海医療福祉専門学校へ

学校説明会参加受付中

About
Entries
Categories
Recommend
Montyly archives
Recent comments
Links
Feed

メールで購読しませんか?
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください




全文検索