2008.02.28 Thursday 13:51

社会福祉士国家試験に合格する方法

毎日、寒い日が続いていましたが、今日は幾分暖かいように思います。春ももうすぐでしょうか。

さて、ご好評を頂いています合格体験記の第5弾をupします。今回は、昼間課程卒業生のK.Kさんのものです。K.Kさんは、2時間半もかけて学校に通学され、見事社会福祉士国家試験に合格されました。そんな努力家のK.Kさんの合格体験記をぜひ参考にしてください。


合格体験記 

 入学当初は私も皆さんと同じように受験対策に何を始めたらよいのか不安でした。放課後、E先生やN先生にも「今は何をしたら良いでしょう?」って尋ねたりもしました。でも、不安に思っているのも束の間です。日々しなければならいことが山のように出来ます。私は通学の為、約2時間半を要したので学校に通学するだけでもキツイ毎日でした。そこにO先生からのありがたいレポートの宿題、各科の小テスト攻めに合い「今何をしたら良いの?」なんて余裕はすぐになくなりました。(今、学校の授業に追われていなくて、過去問に手をつけられるようなら絶対合格!)
 そんなわけで、私が受験勉強を本気で始めたのは12月の科目テストが終わってからだと思います。「嘘ぉ〜」って思うかもしれませんが、ホントに独自に勉強する暇はないですよ。ただ、先生方は否応なく勉強しなくてはならない状態を作ってくださいます。(勿論、合格するために)なので、日々の授業をよく聴いて、小テストに耐えれば自然に力はつくはずです。学校の行事が一段落して、自分の時間を持てたときに集中して勉強するのが良いのではないでしょうか?
 アドバイスとしては、睡眠時間はたっぷりとること。眠くなった時点で勉強は終了!ちなみに、長い通学時間を利用して勉強しようと思ったのですが、満員電車の中で勉強するのは至難の業!文字を読んでいて乗り物酔いをしてしまったので、通学時間は睡眠時間に使いました。(いつ勉強していたのでしょう?)
 受験対策としては、過去問5年分をひたすら解く、校内模試を見直すこと。ポイントや要点は、必携に書き込むよりも私は過去問題集に書き込む方が多かったです。過去問は何度も解くので、そこに学んだ事、理解した事、ポイントを書き込んでおけば、必ず何度も目にすることになります。それぞれの選択肢を1題として解きました。何度といても完璧にはなりませんでしたが・・・。あとは試験直前に模擬試験を3回分。この頃には解説が間違っていると突っ込みを入れられるようになっているはず。(結構解説が間違っているので、それを探すのも勉強になりますよ。必携も間違い多いですし。)
 後は校内模試や業者のテスト結果が悪ければ、T先生やN先生に泣きつく。(私はよくやりましたが・・・)何度も校内模試や業者の試験を受けて、ピークを国家試験当日にもってくること。私は2回目の模擬試験で思わず良い点がとれたので、その後伸び悩みました。1、2回目は得点が低めの方が、後で気分的に楽だと思います。
 とりあえず、今は学校の授業と小テストをこなしてください。後は先生のおっしゃるとおりにしていれば大丈夫ですよ!頑張ってください。

Comments [0]

Comment form
cookie

Trackbacks [0]

Trackback URI


東海医療福祉専門学校へ

学校説明会参加受付中

About
Entries
Categories
Recommend
Montyly archives
Recent comments
Links
Feed

メールで購読しませんか?
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください




全文検索