2008.06.30 Monday 09:28

平成20年度公開講座を開催しました

 昨日は朝からひどい雨。こんな天気で、来てくださるだろうかと不安に思いながら当日の準備を進めした。しかし、地域の方々をはじめ、在校生、卒業生、精神保健福祉関係者の方々、総勢51名の方々にお越しいただきました。映画は、予想通り笑いあり、涙ありの感動的なものでした。関係者の方々に心よりお礼申し上げます。
平成20年度公開講座
映画終了後、多くの方に感想を書いていただきました。代表的な感想をいくつか紹介します。
「感動を有りがとうございました。人間社会において、人との関係において最近は上べだけとか、むづかしいことは、つい逃げごしになっている反省を致しました。悩んだり苦しんだり又勇気も大切な生き方であることを学びました。・・」
「障害者の施設の開所はほんとうにむずかしいことがよくわかりました。この映画のような町ばかりではないでしょうが、皆が力を合わせて頑張るしかないと思います」
「ふるさとをください。本当にその言葉に心動きました」
「私も現在、映画の中で起きた精神病にかかってしまった者が近くにおりますので、この映画は共感できます。同時に精神病者への印象と理解がこの映画をみて深まりました。大変よかったです」
「わかりやすくて観やすい展開でした。最後がちょっとわざとらしいけど(おっかける所)明るく終わるにはいいのかな?字幕も説明もあってよかった。」

Comments [0]

Comment form
cookie

Trackbacks [0]

Trackback URI


東海医療福祉専門学校へ

学校説明会参加受付中

About
Entries
Categories
Recommend
Montyly archives
Recent comments
Links
Feed

メールで購読しませんか?
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください




全文検索