2005.04.01 Friday 00:00

社会福祉士とは

厚生労働大臣認定の国家資格
福祉に関する相談援助のスペシャリスト在宅サーピスの普及で大幅に需要が広がっています。

 社会福祉士は、高齢化社会における福祉サービスの質の向上を図るため、87年に国家資格として創設されました。仕事は主に、福祉に関する相談に応じ、助言や指導などの援助を行います。その過程では、家族が抱える問題を的確に把握し、人権の尊重、権利擁護などの視点に立って業務を遂行しなければなりません。そのため、資格取得には社会福祉原論、地域福祉論、老人福祉論などをはじめ、心理学や社会学、法学、医学など幅広い知識が必要となります。
 活躍の場は、社会福祉施設、社会福祉協議会、医療機関などが中心です。在宅サービスにおいても窓口的な役割を持つ人材として、なくてはならない存在であることから資格者の増加が望まれるところです。社会福祉の需要の増大や多様化に対応した介護保険制度の導入で、福祉に関する適切な相談援助を行う社会福祉士は、今の社会に求められている専門職といえます。

社会福祉士に興味をもたれた方へ社会福祉士とは

Comments [0]

Comment form
cookie

Trackbacks [0]

Trackback URI


東海医療福祉専門学校へ

学校説明会参加受付中

About
Entries
Categories
Recommend
Montyly archives
Recent comments
Links
Feed

メールで購読しませんか?
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください




全文検索