2006.11.20 Monday 21:21

祖父の死をきっかけに、福祉の現場で、人と接することのできる仕事がしたいと…

福谷さん
福谷さん(平成15年度卒業 28歳)
地域包括支援センター 社会福祉士


学校を卒業後、介護老人保健施設の支援相談員として2年間勤務していましたが、平成18年4月より新しく市町村に設置されることになった地域包括支援センターの社会福祉士として勤務しています。

主な仕事は要支援の方への介護予防支援、高齢者虐待や消費者被害の早期発見・権利擁護事業の推進、地域における福祉の総合相談窓口など、仕事内容はまさに社会福祉士の仕事といえる内容です。

もともとは、総合商社で働いていましたが、自分の考えていた仕事でなく、長続きしませんでした。

祖父の死をきっかけに、福祉の現場で、人と接することのできる仕事がしたいと考え入学を決めました。

名古屋駅からも近く、先生も明るく熱心な方ばかりで、環境も恵まれていました。学校で習ったことは今の職場で役に立つ事ばかりです。

1年間は国家試験に合格するため毎日勉強で大変でしたが、同期生のみんなと同じ目標をもってのり越えた感じです。

Comments [0]

Comment form
cookie

Trackbacks [0]

Trackback URI


東海医療福祉専門学校へ

学校説明会参加受付中

About
Entries
Categories
Recommend
Montyly archives
Recent comments
Links
Feed

メールで購読しませんか?
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください




全文検索