2006.11.23 Thursday 22:08

福祉の領域に身を置き、何らかの社会貢献ができないかと・・・

伊與田さん
伊與田さん(平成17年度卒業 59歳)
老人デイサービス 相談員兼介護員


 介護を必要とする高齢者の家族(3組)が集まり、民家の一室を借りて、デイサービスやホームヘルプを中心とした在宅高齢者の生活支援活動を始めました。集団的な活動やお仕着せ日課のデイサービスを“良しとしない”おとしよりの居場所づくり、買い物や病院に行きたいが“足のない”おとしよりの付き添い外出、よろず相談・話し相手…などが主な仕事となっています。(介護保険の認定事業に向けて、現在のNPO団体を法人化すべく申請手続き中です。)

 民間の企業で36年間勤務してきましたが、老親の介護が求められる事情が生じてきたことやスピードや効率を求める企業活動(仕事)に体力がついて行けないと感じたことが契機で、早期の定年退職をしました。「気づき、気遣い、優しさ、誠実」が自分の長所・特長と自認してきましたので、福祉の領域に身を置き、何らかの社会貢献ができないかという思いが一層強くなってきました。そのために、「福祉」をきちんと学ぶ必要があると思い、探し、辿りついたのが「社会福祉士」の職であり、資格の取得と活動の領域が自分の思いと重なり、大変魅力的な存在でした。

 家業を手伝い、老親を介護しながら、通学で「社会福祉」が学べるという自分自身のライフスタイルに沿った当校の「夜間課程(コース)」は最適でした。このコースは雇用保険の「教育訓練給付制度」の対象であり、授業料等の経済的な負担の軽減となりました。

 授業はどの科目もうまく要点が整理され、理解しやすく工夫がされていました。講師の先生方の発する熱意にも感動し、体験話も興味深いものが多くありました。また、復習試験、中間試験、科目修了試験、模擬試験、卒業試験と苦しい日々も続きましたが、終ってみれば、卒業や資格取得の喜びと共に、かつての苦しみも楽しい思い出にかわっています。

 専任の先生方は、記憶力の低下し「できの悪い58歳の学生」にも頻繁に声をかけ、励まし、親身で適切な指導をしてくださいました。また、「息子や娘のような学生」と共に学ぶ中で、若い人達の意識や熱い思い、使命感などにも触れることができ、とても刺激的な毎日でした。

 講義で学んだ知識、演習や実習で体得した技能は、福祉の現場でも理論と実践とに裏づけされたものとして、大きな自信を与えてくれています。これからも、何ごとにも謙虚に学ぶという姿勢で、地域社会でのネットワークを築きながら、事業型NPO活動を推し進めていきたいと思っています。

Comments [0]

Comment form
cookie

Trackbacks [0]

Trackback URI


東海医療福祉専門学校へ

学校説明会参加受付中

About
Entries
Categories
Recommend
Montyly archives
Recent comments
Links
Feed

メールで購読しませんか?
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください




全文検索