2005.04.01 Friday 00:01

江原 隆宜

「自己覚知」の支援

江原 隆宜 地域福祉論、社会福祉援助技術論を担当している江原です。私が学生の皆さんをどのような考えで支援しようとしているのか述べたいと思います。
 どんな問題でも「問題」を解決するためには、何らかの「変化」が必要です。ソーシャルワーカーは、他者の「問題」に対して、どんな「変化」を、どのように創り出したらいいのかを共に考え、支援する専門家です。このような専門家を目指す人達に必要なことは、「自己覚知」であると私は考えています。「自分はこれまで、問題に対して、どのように、どんな変化を創りだしてきたのだろうか」。それは、自分自身の生き方、生活全てを問うことになると思います。
 学生全員が社会福祉関係の仕事に就きたいと考え「社会福祉士国家資格の取得」(最低限の知識、技術、倫理の習得)を目指し学習する過程は、まさに「自己覚知」の場、時であると思います。国家試験まで自分はどのような方法で学習するのか、それをどのようなスケジュールで進めるのか、そして日々それを評価する。また、実習計画の作成から現場で実習を行い、実習後自分自身で評価する。江原(イメージ)今までの自分を評価し、問題があれば、何をどのように変化させたらいいのかを考え、行動する。この一連の学習過程で、私は「自己覚知」を支援していきます。そして、自分自身の問題解決能力を経験的に高めて頂きたいと考えています。

江原講師の個人サイト

2005.04.01 Friday 00:01

成田 暢代

はじめまして、成田です。

成田 暢代 こんにちは。昼間課程クラス担任の成田です。
私は、一般企業で働きながら社会福祉士の資格を取り、その後在宅介護支援センターなど福祉分野で働いていた転職組です。学んでいた頃を思い返すと、社会の中で起こっている現象・出来事は自分とつながっているんだという感覚が発見だったような気がします。また、実際現場で働いてみて、「寄り添う」こと「聴く」ことの大切さ、難しさを実感しました。相談援助の基本である自分という資質を活かすための自己理解は、援助者としてだけではなく、生活者としても活きてくると思います。そういった自分の思いと重ねて、1年間という短い期間ではありますが、みなさんと一緒に学んでいきたいと思います。

成田講師は個人サイトを開設しておりません。

2005.04.01 Friday 00:01

高山 久志

こんにちは。

高山 久志 こんにちは。社会福祉科夜間課程担任の高山です。
 生まれは石川県で、大学、大学院と京都で7年、その後、広島、名古屋と社会福祉士の養成に携わって、今年で8年になります。

 今までの経験で話をさせて頂きますと、資格取得で必要な事は、なぜ資格が必要なのか、資格を取得した後、その資格を今後、どのように活かしたいと思っているのか、そのためには今何をしなければならないのかを常に頭に思い描いておくという事が必要だと思います。

 入学してから卒業するまでの1年間はあっという間に過ぎていきます。高山(イメージ)後悔のないように、毎日の勉強に取り組んで頂ければ、必ず、1年後には社会福祉士の資格を取得できると思います。

 国家試験に関してはいままでの経験を生かしてなんらかの援助はできると思います。ぜひ、1年後には国家試験に合格するよう一緒にがんばりましょう。

高山講師の個人サイト

2005.04.01 Friday 00:00

社会福祉士とは

厚生労働大臣認定の国家資格
福祉に関する相談援助のスペシャリスト在宅サーピスの普及で大幅に需要が広がっています。

 社会福祉士は、高齢化社会における福祉サービスの質の向上を図るため、87年に国家資格として創設されました。仕事は主に、福祉に関する相談に応じ、助言や指導などの援助を行います。その過程では、家族が抱える問題を的確に把握し、人権の尊重、権利擁護などの視点に立って業務を遂行しなければなりません。そのため、資格取得には社会福祉原論、地域福祉論、老人福祉論などをはじめ、心理学や社会学、法学、医学など幅広い知識が必要となります。
 活躍の場は、社会福祉施設、社会福祉協議会、医療機関などが中心です。在宅サービスにおいても窓口的な役割を持つ人材として、なくてはならない存在であることから資格者の増加が望まれるところです。社会福祉の需要の増大や多様化に対応した介護保険制度の導入で、福祉に関する適切な相談援助を行う社会福祉士は、今の社会に求められている専門職といえます。

社会福祉士に興味をもたれた方へ社会福祉士とは

2005.04.01 Friday 00:00

ブログのご利用上の注意

本学科では、アクセスした皆様に「コメント」「トラックバック」機能を利用いただけるようにしています。その場合は以下の点にご注意ください。

以下に該当する内容を含む(リンク先の内容も含みます)「コメント」「トラックバック」については、管理者側の判断により内容の一部また全部を削除することがあります。

法令違反や、法令違反の恐れがある、または違法性が強いと思われるもの
(例)
※著作権やその他の知的財産権・プライバシー権・肖像権・名誉毀損などの権利侵害
※詐欺行為
※他利用者の個人情報収集
※上記以外の法令違反および違法性が強いと判断されるもの

他の利用者への迷惑行為にあたるもの
(例)
※差別行為・誹謗中傷
※Eメール受信妨害、チェーンメール
※意図的に事実に反する情報を流したり、自分以外の特定の人や組織になりすます行為
※他の利用者が嫌悪感を抱く可能性のあるもの(中傷・嫌がらせ・残酷・猥褻など)
※上記以外の公序良俗に反するもの

このサイトの趣旨と関係が薄いと思われるもの
(例)
※広告・宣伝・勧誘・営業活動など
※その他、弊社やこのサイトの信用を損なったり、弊社に不利益となるもの

その他危険と思われるもの
(例)
※コメントを書き込まれた方の個人情報のうち危険と思われるもの、未成年に関する個人情報など


利用者より寄せられた「コメント」「トラックバック」の内容につきましては、本学科はその内容の正確性、妥当性を保障するものではありません。これら「コメント」「トラックバック」における情報につきましては、各自のご判断に基づきご利用ください。

「コメント」に書き込まれた内容については、書き込みをされた利用者に通知することなく本学科が自由に利用・二次利用することができるものとします。この点ご了承ください。

※注意 この記事の内容は適時更新されます。

2005.04.01 Friday 00:00

公式携帯サイト

「社会福祉科」公式携帯サイトでは、パソコンでご案内している基本情報をケータイからもご覧いただけます。

アクセス方法
アクセスにはインターネット接続できる、応対キャリア、au、TU-KA、NTTドコモ、ボーダフォンが必要です。対応機でも機種によっては利用できない場合があります。

URLを入力してアクセスする
http://www.tokai-med.ac.jp/
そしてメニューから「東海医療福祉」→「社会福祉科」

QRコードからアクセスする
QRコード

QRコードの読み取りに対応したケータイで左の画像を読み込むとアクセスできます。
※QRコード対応機でも機種によっては利用できない場合があります。



東海医療福祉専門学校へ

学校説明会参加受付中

About
Entries
Categories
Recommend
Montyly archives
Recent comments
Links
Feed

メールで購読しませんか?
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください




全文検索


<< April 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>