2008.02.25 Monday 16:46

合格体験記 

合格体験記第4弾をupします。今回は、夜間課程卒業生のT.Kさんのもです。来年度通信課程入学予定の方には大変参考になるのではないでしょうか。ぜひ、仕事と勉強を両立して社会福祉士国家試験に合格したT.Kさんの勉強方法を参考にして合格を勝ち取ってください!!

合格体験記 

私、女、独身、18年度卒業、昨年在学中に30の大台に乗り、障がい者、障がい児、外国籍児童の地域支援をしながら、夜間クラスで学び、社会福祉士国家試験に合格しました。では問題です。
◆社会福祉士国家試験に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 合格率3割を切る難関試験なので、仕事や家庭を捨て受験勉強に没頭すれば合格することが出来る。
2 合格率3割を切る難関試験なので、仕事や家庭を犠牲にしても合格は難しい。
3 13科目という膨大な範囲の中から出題されるが、所詮各科目10題で6割取ればよいわけだから、仕事や家庭と両立して要領よく勉強すれば合格することが出来る。
4 仕事や家庭と両立して要領よく勉強しても合格は難しい。
《解答と解説》
不適切問題。1,2,3,4すべて○になりえる。実際に私の周りでも、聞いた話しでも、どの選択肢のパターンに当てはまる人も存在する。ちなみに私の解答は3、家庭はないが。
上記のように社会福祉士の国家試験は本当に不思議です。だから「こういう方法で合格出来ます」と王道のようなことは正直言えません。でも敢えて「勉強のコツは?勝因は?」と尋ねられれば、私の場合は「要領よく」と答えます。頂上まで登りつめるには、この1,3以外にもたくさんの道はあると思いますが、以下は結局最後まで仕事を辞めたくても辞められず、1を選ぶことが出来なかった私のケースを書きます。
続きを読む>>


東海医療福祉専門学校へ

学校説明会参加受付中

About
Entries
Categories
Recommend
Montyly archives
Recent comments
Links
Feed

メールで購読しませんか?
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください




全文検索


<< February 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>