2008.09.05 Friday 15:18

県の職員とほぼ同じ給与

 9月に入り、社会福祉施設の求人担当者の方々が多く来校されます。今日は、県内に複数の施設を運営している社会福祉法人の担当者が来られました。やはり、人手不足のようで求人活動は苦戦しているようでした。

 そこで、法人の職員給与について聞いてみました。「措置制度の時代は、県又は市町村と同じ程度の給与体系であった社会福祉法人が多かったと思いますがそちらの法人は現在いかがでしょうか」。すると「措置の時代及び今も県の給与基準とほぼ同じでやっています」とのお返事でした。

 このところ、「福祉分野は低賃金」というイメージが広がっていますが、一定程度の給与を保証している社会福祉法人、医療法人などもあるという現状も正しく理解していただきたいと思う、一日でした。


東海医療福祉専門学校へ

学校説明会参加受付中

About
Entries
Categories
Recommend
Montyly archives
Recent comments
Links
Feed

メールで購読しませんか?
このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください




全文検索


<< September 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>