東海医療科学専門学校 臨床工学科

東海地方で初めて設立した臨床工学科として歴史があります。普段の何気ない学校生活を紹介していきます。

心電図実習を行いました!

先日のブログにも書きましたが、現在放送されている医療系ドラマ・・・
「コード・ブルー」や「Tomorrow」にも多くの医療機器が登場していますね。

ドラマの中で俳優さんの周りに多くの医療機器が並んでいますが、その中でもよく目にするのが『ピッ・・ピッ・・』と音を出して心臓の動きを確認できる、心電図があります。
今回は、その心電図を実際に撮ってみる実習を行いました。

学校や会社の健康診断でも行われる一般的によく知られている検査ですが、初めて体験する学生達の奮闘ぶりをご覧ください♪

心電計  心電図4
ドラマで登場する心電図はモニタの画面上に波形が出ているものが多いですが(心電図モニタと呼ばれます)、今回の実習では健康診断の際や病院の検査でよく用いられる12誘導法(心臓の動きを様々な角度から診ることができる)の心電計を用いて行ないました。

両手足や胸に多くの電極を付けて撮ります。
その電極の種類や取り付け位置が決まっていますので、前回の授業で覚えた通りに正確に取り付けなくてはいけません。

心電図6  心電図7

取り付ける方は悪戦苦闘中です。

心電図10

取り付けられる被検者の学生も身体をペタペタ触られ、
くすぐったいのを我慢中です。

心電図5

何とか電極も取り付けが完了したようです♪

心電図11

記録してみましょう!!!

心電図8  心電図9


学生さんの苦労が実り、奇麗な波形の心電図を撮ることが出来ました☆
もちろん、いつもきれいな波形がとれるわけではありません。
その時は原因を探り、対処することも臨床工学技士として必要になります。

心電図を元に心拍数を求めたり、学生はまだまだ勉強することばかりです。

心電図2

心電図3  心電図1

臨床工学技士の業務に心電図を撮る業務はありませんが、医療機器全てにおいて使用方法やトラブルの対処方法を知る必要があります。
もちろん心電図の波形から心臓の動きを読めるようにならなくてもいけません。
そのためにも、実習で様々な経験をしておいてほしいと思っています。
我が専門学校の特色である、見て・触れて・感じて・・・が随処に盛り込まれた授業風景をこれからも報告していきます♪
臨床工学技士
にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 専門学校教育へ にほんブログ村 受験ブログ 専門学校受験へ
学生生活 > 臨床工学科1年生 | - | -