学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
福祉科
社会福祉科(昼)基本情報 社会福祉科(通信)基本情報 精神保健福祉科(通信)基本情報 ブログ
福祉科ブログ
[社会福祉科(昼間課程)] 特別ゲスト演習授業~【株式会社ツクイ】さま
2018.06.18

もう先週となりましたが、6/12の授業では、

 

今年4月に一日体験実習として学生を受け入れてくださいました

 

【 株式会社ツクイさま 】(https://www.tsukui.net/

 

をゲストにお招きして、特別演習授業を実施していただきました。

 

 

IMG_1380[1]

 

本昼間課程の卒業生でもあります!!

 

 

 

 

 

IMG_1381[1]

[“会社説明”の場面]

 

 

 

 

テーマは、

 

「VR認知症体験」ということで、

 

 

最新機器であるVRを使用して、

 

認知症の方が抱いている感覚や、受けている支援について、実際に体感してみる…

 

 

 

という、なかなか普段では味わえないものをご用意いただきました!!

 

 

 

 

IMG_1382[1]

[たくさんお持ちいただいたVR機器とヘッドフォン]

 

 

 

IMG_1383[1]

[このゴーグルにスマートフォンを装着するそうです!!]

 

 

 

 

IMG_1387[1]

[全員がVRを体験しているというシュールな光景(笑)]

 

 

 

 

 

IMG_1390[1]

[上下左右360度が映像なので、顔を向けたり、動いてみたり…]

 

 

 

 

IMG_1386[1]

[大好評でみんな楽しんでます♪]

 

 

 

 

 

 

 

VRのプログラムを通して、

 

 

・「小さな段差であっても、ものすごく高く感じてしまうこと」

 

 

・「認知症でモノを忘れてしまうこと、周りから非難されることの辛さ」

 

 

・「“良い支援・関わり”を受けたときの安心感」

 

 

・「ソーシャルワーカーがめざすべき社会の方向性」

 

 

 

 

などを体感的に、経験させていただきました。

 

 

 

 

 

IMG_1389[1]

[適宜、グループワークを挟んで、“今”体感したことについて議論を深めました]

 

 

 

 

 

学生には、ただ単に“認知症の方の世界を体感した”のではなく、

 

 

 

ご本人、ご家族、支援者、地域など、あらゆる角度から多面的にその体感を捉えていく必要性や、

 

認知症のみならず、他の“社会的な困難”であっても、同様に考えていくことの重要さを、

 

まさに身をもって実感する機会となったようでした。

 

 

 

 

VRであろうが、想像であろうが、

 

どんなにがんばっても、ご本人と“まったく同じもの”を感じることはできませんが、

 

 

支援者が一生懸命に“想像力”を働かせることによって、

 

ご本人の安心や、笑顔への支援につながっていくものであり、

 

その想像力を養っていくための材料として、

 

この演習での経験が活きてくれると良いなと思っています。

 

 

 

 

実に、良い経験をさせていただきました。

 

【 株式会社ツクイ さま 】本当にありがとうございました!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

福祉科

社会福祉科(昼間) 社会福祉科(通信)
精神保健福祉科(通信) ブログ
[社会福祉科(昼間課程)] 特別ゲスト演習授業~【株式会社ツクイ】さま

もう先週となりましたが、6/12の授業では、

 

今年4月に一日体験実習として学生を受け入れてくださいました

 

【 株式会社ツクイさま 】(https://www.tsukui.net/

 

をゲストにお招きして、特別演習授業を実施していただきました。

 

 

IMG_1380[1]

 

本昼間課程の卒業生でもあります!!

 

 

 

 

 

IMG_1381[1]

[“会社説明”の場面]

 

 

 

 

テーマは、

 

「VR認知症体験」ということで、

 

 

最新機器であるVRを使用して、

 

認知症の方が抱いている感覚や、受けている支援について、実際に体感してみる…

 

 

 

という、なかなか普段では味わえないものをご用意いただきました!!

 

 

 

 

IMG_1382[1]

[たくさんお持ちいただいたVR機器とヘッドフォン]

 

 

 

IMG_1383[1]

[このゴーグルにスマートフォンを装着するそうです!!]

 

 

 

 

IMG_1387[1]

[全員がVRを体験しているというシュールな光景(笑)]

 

 

 

 

 

IMG_1390[1]

[上下左右360度が映像なので、顔を向けたり、動いてみたり…]

 

 

 

 

IMG_1386[1]

[大好評でみんな楽しんでます♪]

 

 

 

 

 

 

 

VRのプログラムを通して、

 

 

・「小さな段差であっても、ものすごく高く感じてしまうこと」

 

 

・「認知症でモノを忘れてしまうこと、周りから非難されることの辛さ」

 

 

・「“良い支援・関わり”を受けたときの安心感」

 

 

・「ソーシャルワーカーがめざすべき社会の方向性」

 

 

 

 

などを体感的に、経験させていただきました。

 

 

 

 

 

IMG_1389[1]

[適宜、グループワークを挟んで、“今”体感したことについて議論を深めました]

 

 

 

 

 

学生には、ただ単に“認知症の方の世界を体感した”のではなく、

 

 

 

ご本人、ご家族、支援者、地域など、あらゆる角度から多面的にその体感を捉えていく必要性や、

 

認知症のみならず、他の“社会的な困難”であっても、同様に考えていくことの重要さを、

 

まさに身をもって実感する機会となったようでした。

 

 

 

 

VRであろうが、想像であろうが、

 

どんなにがんばっても、ご本人と“まったく同じもの”を感じることはできませんが、

 

 

支援者が一生懸命に“想像力”を働かせることによって、

 

ご本人の安心や、笑顔への支援につながっていくものであり、

 

その想像力を養っていくための材料として、

 

この演習での経験が活きてくれると良いなと思っています。

 

 

 

 

実に、良い経験をさせていただきました。

 

【 株式会社ツクイ さま 】本当にありがとうございました!!

 

 

2018.06.18

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ