学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
言語聴覚科(2年制)
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
言語聴覚科ブログ
サポートルーム紹介
2012.06.29

言語訓練室について

本校のB2Fフロアーには、言語訓練室「ひまわり」があります。
教材準備室、訓練室2部屋、プレイルーム、聴検室、モニター室に分れており、それぞれの部屋をテレビで見られるようになっています。
監視カメラと同じシステムですね。
もう一つ、プレイルームの一面の壁はマジックミラーになっています。
刑事ドラマと一緒です。
ビデオカメラが付いているのに、なぜ?
実は、カメラでは臨場感が、空気感が伝わらないのです。
同じ空間にいると、空気の流れ、音の波、息使いが伝わってきます。
いくら鮮明に大きく映るようになったと言っても、この五感で感じるものは、伝わってこないのです。
シックスセンスではないですが、人間の力はそう簡単には代われるものではありませんね。

訓練室.jpg
モニター室から見たプレイルーム

本の紹介
2011.06.21

 2年生の多くは、臨床実習を1ヵ月後に控えて、落ち着かなく幾分緊張気味の時間を過ごしていることでしょう。
またこうした精神状態を抱えている一方で、「就職活動もしなければ」との思いも強くあることと思います。
 今回は、その職場探しを『子どもの世界で』と考えている方々にちょっとしたアドバイス(要らぬお世話だということになるかも)をと思いました。
私たちが専門家として相対する方々は成人であれ、子どもであれなんらかの障害を持たれています。成人はこれまでの人生を背負った上での障害ですので、その人となりは分かっています。
しかし子どもたちは発達の途中にあり、成人のように「これまでの人生」は分からないことが多いでしょう。
 こうした状況にある子どもたちをきちんと理解してセラピーを組み立てていくのに、どうしても必要なことは、「正常児」についての知見ではないでしょうか。
 最近の赤ちゃん学は発達著しい様子で、私は何冊かの本を手にしました。
これから子どもたちと接点を持つ積りでいる皆さんのヒントになるかもしれません。是非お読みください。
 ダーウィンは自分の子供と動物とを比較して研究を進めたそうですし、ピアジェがわが子3人の発達を研究対象にして、膨大な業績を残したのは有名な話です。
これらの話しは皆さんもご存知かと思います。
 さあ、皆さんもこれらの本を読み、ご自分の子どもたちを鋭く観察することで、STとして成長して欲しいものと思っています。さてその本というのは、

1 「日曜ピアジェ:赤ちゃん学のすすめ」
  開一夫著 岩波書店
2 「赤ちゃんの不思議」
  開一夫著 岩波書店(岩波新書)
3 「孫の力」−誰もしたことのない観察の記録—
  島泰三著 中公新書
4 「正常児」
  イリングワース著 岩波書店
※ 多分絶版中かと思います。
5 「定本 育児の百科」
  松田道雄著 岩波文庫
※ 上の4を補完するかと思います。
6 「子どもはことばをからだで覚える」
  —メロディから意味の世界へー
  正高信男著 中公新書

受賞
2010.12.14

最優秀賞です

言語聴覚科が最優秀賞をいただきました。
(学内での表彰ですけれど・・・)
学園広報部が、各学科の職種をイメージできるキャッチコピーを募集し、
言語聴覚科のスタッフも幾つかの”STをイメージできる”キャッチコピー
を応募しました。
その結果、当学科教員のO先生のものが最優秀作品として選ばれました。

shou1.jpg

学生も学会体験はいかがでしょうか
2009.04.27

学会開催案内

言語聴覚士領域にも学術集会や研究会は幾つかありますが、
学生という身分では、授業の都合などもあり、
なかなか学会までは参加できないのが現実です。

今年度の愛知県言語聴覚士会学術集会は、5月24日(日)
に開催されます。
また、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
8月28・29日(土・日)に名古屋(国際会議場)で開催されます。
どちらも学生であれば参加費も安価で入場することが可能です。

2年生であれば、かなり勉強になると思います。
言語聴覚士の実際の世界(臨床現場以外の活躍の場)を覗き、
体験してみてはいかがでしょう。

引越し案内
2008.03.14

在校生の皆様へ

3月22〜24日に言語聴覚科は「丸の内キャンパス」→「名駅南キャンパス」へ
引越しをします。
そのため、3月22日(土)からは学校へは入る事ができません。
なお、3月21日(金)は2年生の卒業式が名駅南校で行われるため、
実質、丸の内校舎へ入れるのは、21日午前中で最後となります。
寂しく名残惜しいですが、今までお世話になった校舎に別れを告げ、
3月25日(火)からは新キャンパスでのスタートとなります。

現2年生は「東海医療福祉専門学校ST科」としては最後の卒業生となり、
現1年生は「東海医療科学専門学校ST科」の第1期となります。

様々な想いがあると思いますが、STになる、STを目指すことには
何も変わりはありません。

春が近づいてきましたし、フレッシュな気持ちで新スタイル生活を
迎えましょう!

*学校移転案内はこちら

実習症例報告会
2008.01.24

2年生 臨床実習 症例報告会

1月中旬に、2年生が臨床実習報告会を行いました。
2年次に行われた2回の学外実習のうち、
1箇所についての実習の感想などを発表した上で、
1症例についての報告をしました。
質疑応答も行われ、有意義な時間になりました。
これで、2年生は残すところ、今週末からの卒業試験
2月中旬の国家試験のみとなりました。

DSC00658.JPG

ちなみに、1年生はあと1ヶ月で年度内の授業を終え、
3月は初めての学外実習(短期)に出ます。

ディサースリアの評価とアプローチ
2007.11.21

三重県言語聴覚士会研修会

日時:12月2日(日)13:30〜 *13:10〜受付

会場:アスト津 橋北公民館4階研修室A(津市羽所町700)

テーマ:ディサースリアの活動制限レベルの評価とアプローチ

講師:福永真哉先生(姫路独協大学)

申込:小山田記念温泉病院リハ科ST、中川先生まで 
    TEL:059-328-1260

*参加費無料
*養成校学生向けの案内です

卒業が遊びにきてくれました。
2007.05.31

言語聴覚科卒業生(H17年度卒)のFさんが、
学校に遊びに来てくれました。

DSC00447.JPG

○勤務先:神埼中央病院(滋賀県)
○業務内容:失語症、構音障害、高次脳機能障害への訓練
      摂食機能療法、代償音声訓練、AAC紹介

近況と在校生へのメッセージです。

○楽しいこと:患者さんとの雑談ですね。雑談相手に失語症者も含んでいいと思います。「言語室から出てくる患者さんはみんな笑顔だ・・・」という評判を頂きましたよ。また、他部署間での相談や業務提携(嚥下造影検査などにおいて。)も興味深いですね。みなさん、その道のスペシャリストですから、いろんな視点で状況を見ています。もちろん、それが揉め事になることもありますが、目的が明確に一致すればこれほど力強い仲間たちはいないのではないでしょうか?

○つらいこと:僕はただでさえ入院患者400名に対してST1人の職場です。辛い事を挙げればきりがないですね。どれから話せばいいか考えると、それだけで辛くなりかねないですね。「トラブルを楽しみましょう。」

○在校生へのメッセージ:国家試験勉強が辛いことはよく分かります。でも、本当に辛いのかはもう一度考えてみるといいのではないでしょうか?国家試験に受かるかな?就職が希望通りにいくかな?俺(私)大丈夫かな?そんなことが毎朝、頭をよぎるのかもしれません。今にも不安や焦燥感に取り憑かれそうですよね。でも、今、あなたがいる場所は、自分で決めた夢に向かって進んでいる場所であるということを忘れないでください。どの道でも将来や未来のことは不安で仕方のないものです。それをそうさせないのは、自分が今自分自身にどれだけ自信を持てるかでしょう。忙しい日々に忘れがちですが、夢を持って、目標を持って、今、カバンの中に教科書を詰め込んだあなたは、それだけで十分な自信を持っていいと思います。どうか今はあらゆる努力を自分自身に許してください。どうかあらゆる辛苦に立ち向かってください。そうすれば、むやみに未来に手を伸ばさなくとも、未来があなたを迎えてくれるのでは?と僕は思います。
それでは、お身体に気をつけて勉学に励んでください。

撮ってみました。
2007.04.23

IMG_0040.jpg

昼間課程2年生が、玄関前で山田先生と写真を撮りました。
今日は、言語発達障害Ⅱの演習です。
実際にお子さんの言語発達検査や訓練を練習するために
今、グループで指導案などを作成中です。

卒業式
2007.03.24

平成18年度 卒業証書授与式

3月23日(金)ホテルキャッスルプラザにて
卒業式が行われました。
2年間、皆さんは本当によく頑張りました。
春からは、STとしてのご活躍を祈っております。

(たくさんの写真を撮りましたが、ほんの一部だけ載せます)

DSC00318.jpg

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

言語聴覚科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
サポートルーム紹介

言語訓練室について

本校のB2Fフロアーには、言語訓練室「ひまわり」があります。
教材準備室、訓練室2部屋、プレイルーム、聴検室、モニター室に分れており、それぞれの部屋をテレビで見られるようになっています。
監視カメラと同じシステムですね。
もう一つ、プレイルームの一面の壁はマジックミラーになっています。
刑事ドラマと一緒です。
ビデオカメラが付いているのに、なぜ?
実は、カメラでは臨場感が、空気感が伝わらないのです。
同じ空間にいると、空気の流れ、音の波、息使いが伝わってきます。
いくら鮮明に大きく映るようになったと言っても、この五感で感じるものは、伝わってこないのです。
シックスセンスではないですが、人間の力はそう簡単には代われるものではありませんね。

訓練室.jpg
モニター室から見たプレイルーム

2012.06.29
本の紹介

 2年生の多くは、臨床実習を1ヵ月後に控えて、落ち着かなく幾分緊張気味の時間を過ごしていることでしょう。
またこうした精神状態を抱えている一方で、「就職活動もしなければ」との思いも強くあることと思います。
 今回は、その職場探しを『子どもの世界で』と考えている方々にちょっとしたアドバイス(要らぬお世話だということになるかも)をと思いました。
私たちが専門家として相対する方々は成人であれ、子どもであれなんらかの障害を持たれています。成人はこれまでの人生を背負った上での障害ですので、その人となりは分かっています。
しかし子どもたちは発達の途中にあり、成人のように「これまでの人生」は分からないことが多いでしょう。
 こうした状況にある子どもたちをきちんと理解してセラピーを組み立てていくのに、どうしても必要なことは、「正常児」についての知見ではないでしょうか。
 最近の赤ちゃん学は発達著しい様子で、私は何冊かの本を手にしました。
これから子どもたちと接点を持つ積りでいる皆さんのヒントになるかもしれません。是非お読みください。
 ダーウィンは自分の子供と動物とを比較して研究を進めたそうですし、ピアジェがわが子3人の発達を研究対象にして、膨大な業績を残したのは有名な話です。
これらの話しは皆さんもご存知かと思います。
 さあ、皆さんもこれらの本を読み、ご自分の子どもたちを鋭く観察することで、STとして成長して欲しいものと思っています。さてその本というのは、

1 「日曜ピアジェ:赤ちゃん学のすすめ」
  開一夫著 岩波書店
2 「赤ちゃんの不思議」
  開一夫著 岩波書店(岩波新書)
3 「孫の力」−誰もしたことのない観察の記録—
  島泰三著 中公新書
4 「正常児」
  イリングワース著 岩波書店
※ 多分絶版中かと思います。
5 「定本 育児の百科」
  松田道雄著 岩波文庫
※ 上の4を補完するかと思います。
6 「子どもはことばをからだで覚える」
  —メロディから意味の世界へー
  正高信男著 中公新書

2011.06.21
受賞

最優秀賞です

言語聴覚科が最優秀賞をいただきました。
(学内での表彰ですけれど・・・)
学園広報部が、各学科の職種をイメージできるキャッチコピーを募集し、
言語聴覚科のスタッフも幾つかの”STをイメージできる”キャッチコピー
を応募しました。
その結果、当学科教員のO先生のものが最優秀作品として選ばれました。

shou1.jpg

2010.12.14
学生も学会体験はいかがでしょうか

学会開催案内

言語聴覚士領域にも学術集会や研究会は幾つかありますが、
学生という身分では、授業の都合などもあり、
なかなか学会までは参加できないのが現実です。

今年度の愛知県言語聴覚士会学術集会は、5月24日(日)
に開催されます。
また、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
8月28・29日(土・日)に名古屋(国際会議場)で開催されます。
どちらも学生であれば参加費も安価で入場することが可能です。

2年生であれば、かなり勉強になると思います。
言語聴覚士の実際の世界(臨床現場以外の活躍の場)を覗き、
体験してみてはいかがでしょう。

2009.04.27
引越し案内

在校生の皆様へ

3月22〜24日に言語聴覚科は「丸の内キャンパス」→「名駅南キャンパス」へ
引越しをします。
そのため、3月22日(土)からは学校へは入る事ができません。
なお、3月21日(金)は2年生の卒業式が名駅南校で行われるため、
実質、丸の内校舎へ入れるのは、21日午前中で最後となります。
寂しく名残惜しいですが、今までお世話になった校舎に別れを告げ、
3月25日(火)からは新キャンパスでのスタートとなります。

現2年生は「東海医療福祉専門学校ST科」としては最後の卒業生となり、
現1年生は「東海医療科学専門学校ST科」の第1期となります。

様々な想いがあると思いますが、STになる、STを目指すことには
何も変わりはありません。

春が近づいてきましたし、フレッシュな気持ちで新スタイル生活を
迎えましょう!

*学校移転案内はこちら

2008.03.14
実習症例報告会

2年生 臨床実習 症例報告会

1月中旬に、2年生が臨床実習報告会を行いました。
2年次に行われた2回の学外実習のうち、
1箇所についての実習の感想などを発表した上で、
1症例についての報告をしました。
質疑応答も行われ、有意義な時間になりました。
これで、2年生は残すところ、今週末からの卒業試験
2月中旬の国家試験のみとなりました。

DSC00658.JPG

ちなみに、1年生はあと1ヶ月で年度内の授業を終え、
3月は初めての学外実習(短期)に出ます。

2008.01.24
ディサースリアの評価とアプローチ

三重県言語聴覚士会研修会

日時:12月2日(日)13:30〜 *13:10〜受付

会場:アスト津 橋北公民館4階研修室A(津市羽所町700)

テーマ:ディサースリアの活動制限レベルの評価とアプローチ

講師:福永真哉先生(姫路独協大学)

申込:小山田記念温泉病院リハ科ST、中川先生まで 
    TEL:059-328-1260

*参加費無料
*養成校学生向けの案内です

2007.11.21
卒業が遊びにきてくれました。

言語聴覚科卒業生(H17年度卒)のFさんが、
学校に遊びに来てくれました。

DSC00447.JPG

○勤務先:神埼中央病院(滋賀県)
○業務内容:失語症、構音障害、高次脳機能障害への訓練
      摂食機能療法、代償音声訓練、AAC紹介

近況と在校生へのメッセージです。

○楽しいこと:患者さんとの雑談ですね。雑談相手に失語症者も含んでいいと思います。「言語室から出てくる患者さんはみんな笑顔だ・・・」という評判を頂きましたよ。また、他部署間での相談や業務提携(嚥下造影検査などにおいて。)も興味深いですね。みなさん、その道のスペシャリストですから、いろんな視点で状況を見ています。もちろん、それが揉め事になることもありますが、目的が明確に一致すればこれほど力強い仲間たちはいないのではないでしょうか?

○つらいこと:僕はただでさえ入院患者400名に対してST1人の職場です。辛い事を挙げればきりがないですね。どれから話せばいいか考えると、それだけで辛くなりかねないですね。「トラブルを楽しみましょう。」

○在校生へのメッセージ:国家試験勉強が辛いことはよく分かります。でも、本当に辛いのかはもう一度考えてみるといいのではないでしょうか?国家試験に受かるかな?就職が希望通りにいくかな?俺(私)大丈夫かな?そんなことが毎朝、頭をよぎるのかもしれません。今にも不安や焦燥感に取り憑かれそうですよね。でも、今、あなたがいる場所は、自分で決めた夢に向かって進んでいる場所であるということを忘れないでください。どの道でも将来や未来のことは不安で仕方のないものです。それをそうさせないのは、自分が今自分自身にどれだけ自信を持てるかでしょう。忙しい日々に忘れがちですが、夢を持って、目標を持って、今、カバンの中に教科書を詰め込んだあなたは、それだけで十分な自信を持っていいと思います。どうか今はあらゆる努力を自分自身に許してください。どうかあらゆる辛苦に立ち向かってください。そうすれば、むやみに未来に手を伸ばさなくとも、未来があなたを迎えてくれるのでは?と僕は思います。
それでは、お身体に気をつけて勉学に励んでください。

2007.05.31
撮ってみました。

IMG_0040.jpg

昼間課程2年生が、玄関前で山田先生と写真を撮りました。
今日は、言語発達障害Ⅱの演習です。
実際にお子さんの言語発達検査や訓練を練習するために
今、グループで指導案などを作成中です。

2007.04.23
卒業式

平成18年度 卒業証書授与式

3月23日(金)ホテルキャッスルプラザにて
卒業式が行われました。
2年間、皆さんは本当によく頑張りました。
春からは、STとしてのご活躍を祈っております。

(たくさんの写真を撮りましたが、ほんの一部だけ載せます)

DSC00318.jpg

2007.03.24

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ