学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
言語聴覚科(2年制)
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
言語聴覚科ブログ
平成21年度卒業式
2010.03.24

卒業証書授与式

3月23日(火)卒業式が行われました。
昼間課程39名、昼夜課程26名の学生たちが
目出度く卒業を迎え、巣立っていきました。
これからが、卒業生にとって本番となりますが、
学生時代に学んだ様々なことを糧に
一歩一歩前進していただきたいと思います。
皆さんのご活躍をお祈りします。

2010卒業式①.jpg 2010卒業式②.jpg
昼間課程集合                昼夜課程代表証書授与

2010卒業式③.jpg 2010卒業式④.jpg
2年間頑張りました!             価値ある卒業証書です!

このあと、昼間・昼夜課程合同の謝恩会が盛大に行われ、
学生たち、専任講師と非常勤講師の先生方とで
思いで話や今後の抱負について語り合いました。
そして・・・朝へと

コラム(鍛えられた中味)
2010.03.22

コラム

丁度100回目の芥川賞を貰った作家で医師の南木佳士に「信州に上医あり」
—若月俊一と佐久病院—という一冊がある。ここで使われている「上医」という言葉の由来は、本書の『はじめに』によれば、中国の春秋時代の歴史書『国語』の一節としてあるそうです。
 上医の意味は、国を医(いや)す医者、つまり「しっかりした知識と技術を持ち、国や地域の衛生環境や医療行政までも正すのが、上医である」と南木は捉えています。
 では、私たちSTの「上」はどんな特性を兼ね備えた人物なのでしょうか。
南木に沿って考えれば、「正しく豊かな知識と確かな技術を持ち、患者の心持をしっかり受け止め、家族や周囲の人々にも適切なアドバイスを提供できる者」
ということができるでしょう。
 さて私たちは、『上』の部類に入っているでしょうか。入るよう努力を日々しているでしょうか。日々の忙しい臨床に流されてはいないでしょうか。知識は学校の授業で得たものをベースにして、積み重ねを続けることができるでしょう。また技術は、日々の臨床の中から改善をし、新たな手法を開発してゆけるでしょう。
 では、家族や周囲の方々へのアドバイスについてはどうでしょう。安心してアドバイス等を受け入れてもらえるようになるのは、大事です。なぜならSTが話す内容は、形式とともにもろにさらけ出されているからです。STの人格そのものが表出されるのです。つまり、STその人の「中味」が評価されてしまいます。この中味を鍛えるのは容易なことではないでしょう。
 「鍛えられた中味」を持って日々の臨床に挑んで欲しいものと願っています。

1年生実習開始
2010.03.08

初めての学外実習が始まりました

本日、言語聴覚科総勢70名の学外臨床実習が始まりました。
今回は、3/8〜3/19までの2週間で病院実習を行います。
まだ1年生ですので、実習は見学が主体ですが、
実習施設によっては簡単なスクリーニング検査の一部を
実習生が経験させていただけることもあります。
患者様の検査や訓練あるいは日常場面を見学させていただき、
各場面の観察をすることで、記録をとり、そして毎日
観察レポートを書く練習を行います。
まず初日を終え、今頃は初めての実習レポートに取り組んで
いると思います。または、明日のために勉強している
実習生も少なくないでしょう。
今日から2、3日は緊張もあり、一日の流れに慣れることで
精一杯でしょが、貴重な2週間になると思いますので、
入学から1年間、学校で学んだことを実際の臨床現場で
単なるイメージから確かな知識にして、そして春からの
ステップアップのために頑張って欲しいと思います。

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

言語聴覚科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
平成21年度卒業式

卒業証書授与式

3月23日(火)卒業式が行われました。
昼間課程39名、昼夜課程26名の学生たちが
目出度く卒業を迎え、巣立っていきました。
これからが、卒業生にとって本番となりますが、
学生時代に学んだ様々なことを糧に
一歩一歩前進していただきたいと思います。
皆さんのご活躍をお祈りします。

2010卒業式①.jpg 2010卒業式②.jpg
昼間課程集合                昼夜課程代表証書授与

2010卒業式③.jpg 2010卒業式④.jpg
2年間頑張りました!             価値ある卒業証書です!

このあと、昼間・昼夜課程合同の謝恩会が盛大に行われ、
学生たち、専任講師と非常勤講師の先生方とで
思いで話や今後の抱負について語り合いました。
そして・・・朝へと

2010.03.24
コラム(鍛えられた中味)

コラム

丁度100回目の芥川賞を貰った作家で医師の南木佳士に「信州に上医あり」
—若月俊一と佐久病院—という一冊がある。ここで使われている「上医」という言葉の由来は、本書の『はじめに』によれば、中国の春秋時代の歴史書『国語』の一節としてあるそうです。
 上医の意味は、国を医(いや)す医者、つまり「しっかりした知識と技術を持ち、国や地域の衛生環境や医療行政までも正すのが、上医である」と南木は捉えています。
 では、私たちSTの「上」はどんな特性を兼ね備えた人物なのでしょうか。
南木に沿って考えれば、「正しく豊かな知識と確かな技術を持ち、患者の心持をしっかり受け止め、家族や周囲の人々にも適切なアドバイスを提供できる者」
ということができるでしょう。
 さて私たちは、『上』の部類に入っているでしょうか。入るよう努力を日々しているでしょうか。日々の忙しい臨床に流されてはいないでしょうか。知識は学校の授業で得たものをベースにして、積み重ねを続けることができるでしょう。また技術は、日々の臨床の中から改善をし、新たな手法を開発してゆけるでしょう。
 では、家族や周囲の方々へのアドバイスについてはどうでしょう。安心してアドバイス等を受け入れてもらえるようになるのは、大事です。なぜならSTが話す内容は、形式とともにもろにさらけ出されているからです。STの人格そのものが表出されるのです。つまり、STその人の「中味」が評価されてしまいます。この中味を鍛えるのは容易なことではないでしょう。
 「鍛えられた中味」を持って日々の臨床に挑んで欲しいものと願っています。

2010.03.22
1年生実習開始

初めての学外実習が始まりました

本日、言語聴覚科総勢70名の学外臨床実習が始まりました。
今回は、3/8〜3/19までの2週間で病院実習を行います。
まだ1年生ですので、実習は見学が主体ですが、
実習施設によっては簡単なスクリーニング検査の一部を
実習生が経験させていただけることもあります。
患者様の検査や訓練あるいは日常場面を見学させていただき、
各場面の観察をすることで、記録をとり、そして毎日
観察レポートを書く練習を行います。
まず初日を終え、今頃は初めての実習レポートに取り組んで
いると思います。または、明日のために勉強している
実習生も少なくないでしょう。
今日から2、3日は緊張もあり、一日の流れに慣れることで
精一杯でしょが、貴重な2週間になると思いますので、
入学から1年間、学校で学んだことを実際の臨床現場で
単なるイメージから確かな知識にして、そして春からの
ステップアップのために頑張って欲しいと思います。

2010.03.08

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ