学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
言語聴覚科(2年制)
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
言語聴覚科ブログ
ちょっと雑学(記憶とワイン)
2010.09.30

赤ワインが頭をよくする

当校の近く、名古屋市立大学のグループが、赤ワインに含まれるポリフェノールが学習機能や記憶をつかさどる脳の海馬という場所を活性化するメカニズムを突き止めたというニュースが昨日大々的に報道されました。

『記憶』と聞くとなんだか難しそうですが、たとえば、記憶には、頭で覚える「陳述的記憶」や体で覚える「手続き記憶」があり、時間的には長期記憶や短期記憶があったり。そして、記憶に関係する脳の場所は、海馬、大脳基底核、大脳皮質があるなど、言語聴覚科の授業では、「学習認知心理学」や「高次脳機能障害学」で記憶のメカニズムや記憶の障害について勉強をすることになります。

今回、メカニズムが説明された”「海馬」を活性化させる・・・?”
「海馬」という言葉は一般的に有名な脳の部位ですが、
私たちが日常で覚えた事(新しい記憶)は、一旦その海馬という場所に入り、
それを何回も出し入れすることによって、しっかりした記憶として大脳皮質に
定着すると考えられています。
ですから、新しく覚える、また記憶を長く保持するという両方の意味からも
「海馬」という場所は大変重要であることが分かります。

名古屋市立大学の先生方は、1日にコップ1〜2杯程度の赤ワインを飲むと、記憶においてとても重要な「海馬」を刺激する物質が多く放出されると結論づけられました。
このことは、記憶面に障害が現れるアルツハイマー病などの認知症の予防において画期的な発見となることでしょう。

また、学生さんも、飲み会などではビールや日本酒ばかりでなく、
時には赤ワインを嗜むと、勉強がはかどるかもしれないですね。

wine.gif
臨床実習で頑張っています
2010.09.11

臨床実習奮闘記

現在、昼間課程2年生が学外臨床実習を行っています。
実習真っ只中の学生からコメントが寄せられました。

◆所見と学校で学んだ事を結び付け、STとしての考察やアプローチを考える難しさを実感しています。患者さんから貴重な時間と治療代を頂いている事を忘れず、プロのSTとして必要な事を積極的に吸収したいです。
(昼間課程2年・Yさん)

◆臨床現場では思うようにいかないことが多く、評価する難しさ、患者様一人一人にあった訓練を構成する難しさを感じています。しかし、実際に患者様と接することで初めて気付き、考えられることがたくさんあり、毎日充実しています。
(昼間課程2年・Tさん)

◆6週間の臨床実習は、見学実習と違い一人の患者様を受け持たせていただきます。症例患者様の初期評価〜最終評価に至るまでには患者様自身を知り、一人ひとりに見合った適切なアプローチを行うことが重要です。そのために、例えばA症状にはB訓練を行うといったAイコールBのような教科書的な作業をせず、何がその人の機能を低下させているのか、なぜこのアプローチで改善すると考えたのか、といった「根拠」を常に考える。それが臨床家と言えることを学びました。根拠を大切にし、残りの実習を行いたいと思います。
(昼間課程2年・Yさん)

なお、昼夜課程2年生の臨床実習は10月下旬から再開されます。
また、学生からのコメントを掲載する予定です。

9・10月のオープンキャンパス(ご案内)
2010.09.01

9月のオープンキャンパス

第12回 9月11日(土)
第13回 9月26日(日)
第14回 10月9日(土)
第15回 10月24日(日)

時間:10:00〜15:00(受付9:30〜)

午前はSTの仕事や学科紹介、校内見学
昼食を当校在校生・卒業生と一緒に摂った後、
午後はSTの仕事体験コーナー&ミニレクチャーを実施します。

◆簡単な昼食はこちらで準備しております。(参加者とスタッフとで一緒に摂ります)
◆個別相談の時間や入試・奨学金相談コーナーもございます
ので、どうぞお気軽にお越しください。

体験入学(学校ホームページ)
体験入学お申し込み

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

言語聴覚科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
ちょっと雑学(記憶とワイン)

赤ワインが頭をよくする

当校の近く、名古屋市立大学のグループが、赤ワインに含まれるポリフェノールが学習機能や記憶をつかさどる脳の海馬という場所を活性化するメカニズムを突き止めたというニュースが昨日大々的に報道されました。

『記憶』と聞くとなんだか難しそうですが、たとえば、記憶には、頭で覚える「陳述的記憶」や体で覚える「手続き記憶」があり、時間的には長期記憶や短期記憶があったり。そして、記憶に関係する脳の場所は、海馬、大脳基底核、大脳皮質があるなど、言語聴覚科の授業では、「学習認知心理学」や「高次脳機能障害学」で記憶のメカニズムや記憶の障害について勉強をすることになります。

今回、メカニズムが説明された”「海馬」を活性化させる・・・?”
「海馬」という言葉は一般的に有名な脳の部位ですが、
私たちが日常で覚えた事(新しい記憶)は、一旦その海馬という場所に入り、
それを何回も出し入れすることによって、しっかりした記憶として大脳皮質に
定着すると考えられています。
ですから、新しく覚える、また記憶を長く保持するという両方の意味からも
「海馬」という場所は大変重要であることが分かります。

名古屋市立大学の先生方は、1日にコップ1〜2杯程度の赤ワインを飲むと、記憶においてとても重要な「海馬」を刺激する物質が多く放出されると結論づけられました。
このことは、記憶面に障害が現れるアルツハイマー病などの認知症の予防において画期的な発見となることでしょう。

また、学生さんも、飲み会などではビールや日本酒ばかりでなく、
時には赤ワインを嗜むと、勉強がはかどるかもしれないですね。

wine.gif
2010.09.30
臨床実習で頑張っています

臨床実習奮闘記

現在、昼間課程2年生が学外臨床実習を行っています。
実習真っ只中の学生からコメントが寄せられました。

◆所見と学校で学んだ事を結び付け、STとしての考察やアプローチを考える難しさを実感しています。患者さんから貴重な時間と治療代を頂いている事を忘れず、プロのSTとして必要な事を積極的に吸収したいです。
(昼間課程2年・Yさん)

◆臨床現場では思うようにいかないことが多く、評価する難しさ、患者様一人一人にあった訓練を構成する難しさを感じています。しかし、実際に患者様と接することで初めて気付き、考えられることがたくさんあり、毎日充実しています。
(昼間課程2年・Tさん)

◆6週間の臨床実習は、見学実習と違い一人の患者様を受け持たせていただきます。症例患者様の初期評価〜最終評価に至るまでには患者様自身を知り、一人ひとりに見合った適切なアプローチを行うことが重要です。そのために、例えばA症状にはB訓練を行うといったAイコールBのような教科書的な作業をせず、何がその人の機能を低下させているのか、なぜこのアプローチで改善すると考えたのか、といった「根拠」を常に考える。それが臨床家と言えることを学びました。根拠を大切にし、残りの実習を行いたいと思います。
(昼間課程2年・Yさん)

なお、昼夜課程2年生の臨床実習は10月下旬から再開されます。
また、学生からのコメントを掲載する予定です。

2010.09.11
9・10月のオープンキャンパス(ご案内)

9月のオープンキャンパス

第12回 9月11日(土)
第13回 9月26日(日)
第14回 10月9日(土)
第15回 10月24日(日)

時間:10:00〜15:00(受付9:30〜)

午前はSTの仕事や学科紹介、校内見学
昼食を当校在校生・卒業生と一緒に摂った後、
午後はSTの仕事体験コーナー&ミニレクチャーを実施します。

◆簡単な昼食はこちらで準備しております。(参加者とスタッフとで一緒に摂ります)
◆個別相談の時間や入試・奨学金相談コーナーもございます
ので、どうぞお気軽にお越しください。

体験入学(学校ホームページ)
体験入学お申し込み

2010.09.01

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ