学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
言語聴覚科(2年制)
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
言語聴覚科ブログ
本の紹介
2011.06.21

 2年生の多くは、臨床実習を1ヵ月後に控えて、落ち着かなく幾分緊張気味の時間を過ごしていることでしょう。
またこうした精神状態を抱えている一方で、「就職活動もしなければ」との思いも強くあることと思います。
 今回は、その職場探しを『子どもの世界で』と考えている方々にちょっとしたアドバイス(要らぬお世話だということになるかも)をと思いました。
私たちが専門家として相対する方々は成人であれ、子どもであれなんらかの障害を持たれています。成人はこれまでの人生を背負った上での障害ですので、その人となりは分かっています。
しかし子どもたちは発達の途中にあり、成人のように「これまでの人生」は分からないことが多いでしょう。
 こうした状況にある子どもたちをきちんと理解してセラピーを組み立てていくのに、どうしても必要なことは、「正常児」についての知見ではないでしょうか。
 最近の赤ちゃん学は発達著しい様子で、私は何冊かの本を手にしました。
これから子どもたちと接点を持つ積りでいる皆さんのヒントになるかもしれません。是非お読みください。
 ダーウィンは自分の子供と動物とを比較して研究を進めたそうですし、ピアジェがわが子3人の発達を研究対象にして、膨大な業績を残したのは有名な話です。
これらの話しは皆さんもご存知かと思います。
 さあ、皆さんもこれらの本を読み、ご自分の子どもたちを鋭く観察することで、STとして成長して欲しいものと思っています。さてその本というのは、

1 「日曜ピアジェ:赤ちゃん学のすすめ」
  開一夫著 岩波書店
2 「赤ちゃんの不思議」
  開一夫著 岩波書店(岩波新書)
3 「孫の力」−誰もしたことのない観察の記録—
  島泰三著 中公新書
4 「正常児」
  イリングワース著 岩波書店
※ 多分絶版中かと思います。
5 「定本 育児の百科」
  松田道雄著 岩波文庫
※ 上の4を補完するかと思います。
6 「子どもはことばをからだで覚える」
  —メロディから意味の世界へー
  正高信男著 中公新書

実習指導者会議
2011.06.13

平成23年度 臨床実習指導者会議

2年生が7月下旬〜12月にかけて臨床実習を行います。
6月11日(土)に、これから学生がお世話になる臨床実習施設の
指導者の先生方が来校され、学生たちと事前の面談・打ち合わせ
を行いました。全施設の8割ほどの指導者にご出席いただきました。
学生たちは初めは緊張した面持ちでしたが、
次第に緊張も和らぎ、様々な話をしていたようです。
東は山梨県、西は高知県からSTの先生方が学生に会いに
ご来名されました。
本当にありがとうございました。

2011バイザー会議①.jpg
◆実習生代表挨拶の模様◆

2011バイザー会議②.jpg
◆指導者の先生方との面談の様子◆

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

言語聴覚科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
本の紹介

 2年生の多くは、臨床実習を1ヵ月後に控えて、落ち着かなく幾分緊張気味の時間を過ごしていることでしょう。
またこうした精神状態を抱えている一方で、「就職活動もしなければ」との思いも強くあることと思います。
 今回は、その職場探しを『子どもの世界で』と考えている方々にちょっとしたアドバイス(要らぬお世話だということになるかも)をと思いました。
私たちが専門家として相対する方々は成人であれ、子どもであれなんらかの障害を持たれています。成人はこれまでの人生を背負った上での障害ですので、その人となりは分かっています。
しかし子どもたちは発達の途中にあり、成人のように「これまでの人生」は分からないことが多いでしょう。
 こうした状況にある子どもたちをきちんと理解してセラピーを組み立てていくのに、どうしても必要なことは、「正常児」についての知見ではないでしょうか。
 最近の赤ちゃん学は発達著しい様子で、私は何冊かの本を手にしました。
これから子どもたちと接点を持つ積りでいる皆さんのヒントになるかもしれません。是非お読みください。
 ダーウィンは自分の子供と動物とを比較して研究を進めたそうですし、ピアジェがわが子3人の発達を研究対象にして、膨大な業績を残したのは有名な話です。
これらの話しは皆さんもご存知かと思います。
 さあ、皆さんもこれらの本を読み、ご自分の子どもたちを鋭く観察することで、STとして成長して欲しいものと思っています。さてその本というのは、

1 「日曜ピアジェ:赤ちゃん学のすすめ」
  開一夫著 岩波書店
2 「赤ちゃんの不思議」
  開一夫著 岩波書店(岩波新書)
3 「孫の力」−誰もしたことのない観察の記録—
  島泰三著 中公新書
4 「正常児」
  イリングワース著 岩波書店
※ 多分絶版中かと思います。
5 「定本 育児の百科」
  松田道雄著 岩波文庫
※ 上の4を補完するかと思います。
6 「子どもはことばをからだで覚える」
  —メロディから意味の世界へー
  正高信男著 中公新書

2011.06.21
実習指導者会議

平成23年度 臨床実習指導者会議

2年生が7月下旬〜12月にかけて臨床実習を行います。
6月11日(土)に、これから学生がお世話になる臨床実習施設の
指導者の先生方が来校され、学生たちと事前の面談・打ち合わせ
を行いました。全施設の8割ほどの指導者にご出席いただきました。
学生たちは初めは緊張した面持ちでしたが、
次第に緊張も和らぎ、様々な話をしていたようです。
東は山梨県、西は高知県からSTの先生方が学生に会いに
ご来名されました。
本当にありがとうございました。

2011バイザー会議①.jpg
◆実習生代表挨拶の模様◆

2011バイザー会議②.jpg
◆指導者の先生方との面談の様子◆

2011.06.13

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ