学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
貴重な体験(解剖演習授業)
2012.09.26

1年課程の授業にて、解剖演習を行いました。
今回行ったのは、ブタの心臓と肺(気管支付き)です。

解剖演習01  解剖演習02  解剖演習03

1年課程の授業は、
4月から基礎解剖を学び、循環器疾患、そして体外循環装置の授業に入っています。

続きを読む »

今現在の実力は・・?
2012.09.07

1年課程の実力試験を実施しました。
問題の難易度は、臨床工学技士国家試験と同等レベル。

今現時点での各学生の目標到達(国家試験合格レベル)を見極め、今後の対策に役立てていきます。

実力試験01  実力試験02

9月現在での目標点数は90点です。
(ちなみに、国家試験での合格基準は108点となっています)

今回の結果を踏まえ、さらなる勉強に期待します。

プライミング演習
2012.08.16

世間はお盆休みで、当校も学生さんが少ない状況ですが、5F実習室は賑やかです。
1年課程の学生さんが授業をています。
当校の臨床工学科1年課程は、原則土日祝日のみの開講ですが、3年課程の学生さんが休みの時期にも授業があります。

プライミング演習01  プライミング演習02
 

続きを読む »

卒業生からのアドバイス
2012.06.03

先日の授業後、1年課程を卒業した方が、現在の1年課程の学生さんに対してアドバイスをするために来ました。

1年課程の授業の進行はとてもスピードが速く、ある程度の復習+αで行って行かないと授業について行くことができません。

また、それ故にどのように勉強をしていった方が良いのか?
就職活動に対して、また国家試験勉強の方法など、様々な質問が学生さんありました。

卒業生からのアドバイス01  卒業生からのアドバイス02  卒業生からのアドバイス03

一番多かった質問が、臨床実習に対してです。
アドバイスとして「臨床実習は教えてもらって当たり前の姿勢ではダメであって、自ら教えてもらう姿勢が大切。また、指導者が年下の人であっても、学生としての立場をわきまえることが重要」という言葉が印象でした。

今回の機会がキッカケで今後の学校生活のヒントとなれば良いと思います。

心臓の大きさと、血管年齢
2011.11.06

今回の学内実習、CTR測定とABI検査を行いました。
略語ばかりですね。簡単に説明しましょう。

心臓の大きさ、血管年齢01  心臓の大きさ、血管年齢02

CTRは「心胸郭比」といって、心臓の横幅と胸の横幅の、最も広い場所同士の長さを比で表したもので、胸部X線写真においてこの比を求めることで、心臓の拡大の程度を簡単に知ることができます。維持透析患者さんの基礎体重(ドライウェイト)を決める指標にもなっています。

続きを読む »

体外循環機器演習授業(1年課程)
2011.10.25

臨床工学科1年課程の臨床実習がいよいよ1ヶ月を切っています。

そこで、体外循環機器の授業ではなるべく多くの医療機器に触れてもらうために演習授業を実施しています。

体外循環演習授業01  体外循環演習授業02

続きを読む »

ブタの肺臓、心臓解剖演習
2011.09.30

臨床工学科1年課程の代行装置学Ⅱの授業にて、ブタの肺臓、心臓の解剖演習を行いました。

ブタの心臓・肺解剖演習01  ブタの心臓・肺解剖演習02

代行装置学Ⅱは主に体外循環機器を学ぶ授業です。
そこで、体外循環装置の治療をする上で必須である肺、心臓の構造を再度理解し、また
使用する医療機器を解剖演習に用いることで、理解力を向上させることが目的です。

続きを読む »

1年課程プライミング演習
2011.08.25

先週の日曜日、1年課程の血液浄化療法の授業の中で、プライミング演習を行いました。

1年課程のカリキュラムには実習がないため、授業の途中途中において実際の機械や医療材料に触れる機会として演習を取り入れています。

プライミング演習01  プライミング演習02

血液浄化におけるプライミングを習得することで、
血液透析の基本的な流れや、トラブルシューティングに対応できる基礎知識を身につけます。

続きを読む »

卒業生からのアドバイス
2011.05.11

先日の授業後、1年課程を卒業した方が、現在の1年課程の学生生さんに対してアドバイスをするために来ました。

卒業生からのアドバイス02  卒業生からのアドバイス01  卒業生からのアドバイス03

1年課程の授業の進行はとてもスピードが速く、ある程度の復習+αで行って行かないと授業について行くことができません。

また、それ故にどのように勉強をしていった方が良いのか?
就職活動に対して、また国家試験勉強の方法など、様々な質問が学生さんありました。

今回の機会がキッカケで今後の学校生活のヒントとなれば良いと思います。

ペースメーカチェック
2010.10.19

臨床工学科1年課程の授業にて、日本メドトロニクスさんの協力にて、ペースメーカの講義・演習を行いました。

実際医療の現場使用している、機器を使用しての演習です。
11月からはいよいよ、臨床工学科1年課程の学生さんも臨床実習がスタートします。そのためか、いつになく真剣に取り組んでいる光景を見ることができました。

日本メドトロニクス(ペースメーカ勉強会)01  日本メドトロニクス(ペースメーカ勉強会)02
 

続きを読む »

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
貴重な体験(解剖演習授業)

1年課程の授業にて、解剖演習を行いました。
今回行ったのは、ブタの心臓と肺(気管支付き)です。

解剖演習01  解剖演習02  解剖演習03

1年課程の授業は、
4月から基礎解剖を学び、循環器疾患、そして体外循環装置の授業に入っています。

続きを読む »

2012.09.26
今現在の実力は・・?

1年課程の実力試験を実施しました。
問題の難易度は、臨床工学技士国家試験と同等レベル。

今現時点での各学生の目標到達(国家試験合格レベル)を見極め、今後の対策に役立てていきます。

実力試験01  実力試験02

9月現在での目標点数は90点です。
(ちなみに、国家試験での合格基準は108点となっています)

今回の結果を踏まえ、さらなる勉強に期待します。

2012.09.07
プライミング演習

世間はお盆休みで、当校も学生さんが少ない状況ですが、5F実習室は賑やかです。
1年課程の学生さんが授業をています。
当校の臨床工学科1年課程は、原則土日祝日のみの開講ですが、3年課程の学生さんが休みの時期にも授業があります。

プライミング演習01  プライミング演習02
 

続きを読む »

2012.08.16
卒業生からのアドバイス

先日の授業後、1年課程を卒業した方が、現在の1年課程の学生さんに対してアドバイスをするために来ました。

1年課程の授業の進行はとてもスピードが速く、ある程度の復習+αで行って行かないと授業について行くことができません。

また、それ故にどのように勉強をしていった方が良いのか?
就職活動に対して、また国家試験勉強の方法など、様々な質問が学生さんありました。

卒業生からのアドバイス01  卒業生からのアドバイス02  卒業生からのアドバイス03

一番多かった質問が、臨床実習に対してです。
アドバイスとして「臨床実習は教えてもらって当たり前の姿勢ではダメであって、自ら教えてもらう姿勢が大切。また、指導者が年下の人であっても、学生としての立場をわきまえることが重要」という言葉が印象でした。

今回の機会がキッカケで今後の学校生活のヒントとなれば良いと思います。

2012.06.03
心臓の大きさと、血管年齢

今回の学内実習、CTR測定とABI検査を行いました。
略語ばかりですね。簡単に説明しましょう。

心臓の大きさ、血管年齢01  心臓の大きさ、血管年齢02

CTRは「心胸郭比」といって、心臓の横幅と胸の横幅の、最も広い場所同士の長さを比で表したもので、胸部X線写真においてこの比を求めることで、心臓の拡大の程度を簡単に知ることができます。維持透析患者さんの基礎体重(ドライウェイト)を決める指標にもなっています。

続きを読む »

2011.11.06
体外循環機器演習授業(1年課程)

臨床工学科1年課程の臨床実習がいよいよ1ヶ月を切っています。

そこで、体外循環機器の授業ではなるべく多くの医療機器に触れてもらうために演習授業を実施しています。

体外循環演習授業01  体外循環演習授業02

続きを読む »

2011.10.25
ブタの肺臓、心臓解剖演習

臨床工学科1年課程の代行装置学Ⅱの授業にて、ブタの肺臓、心臓の解剖演習を行いました。

ブタの心臓・肺解剖演習01  ブタの心臓・肺解剖演習02

代行装置学Ⅱは主に体外循環機器を学ぶ授業です。
そこで、体外循環装置の治療をする上で必須である肺、心臓の構造を再度理解し、また
使用する医療機器を解剖演習に用いることで、理解力を向上させることが目的です。

続きを読む »

2011.09.30
1年課程プライミング演習

先週の日曜日、1年課程の血液浄化療法の授業の中で、プライミング演習を行いました。

1年課程のカリキュラムには実習がないため、授業の途中途中において実際の機械や医療材料に触れる機会として演習を取り入れています。

プライミング演習01  プライミング演習02

血液浄化におけるプライミングを習得することで、
血液透析の基本的な流れや、トラブルシューティングに対応できる基礎知識を身につけます。

続きを読む »

2011.08.25
卒業生からのアドバイス

先日の授業後、1年課程を卒業した方が、現在の1年課程の学生生さんに対してアドバイスをするために来ました。

卒業生からのアドバイス02  卒業生からのアドバイス01  卒業生からのアドバイス03

1年課程の授業の進行はとてもスピードが速く、ある程度の復習+αで行って行かないと授業について行くことができません。

また、それ故にどのように勉強をしていった方が良いのか?
就職活動に対して、また国家試験勉強の方法など、様々な質問が学生さんありました。

今回の機会がキッカケで今後の学校生活のヒントとなれば良いと思います。

2011.05.11
ペースメーカチェック

臨床工学科1年課程の授業にて、日本メドトロニクスさんの協力にて、ペースメーカの講義・演習を行いました。

実際医療の現場使用している、機器を使用しての演習です。
11月からはいよいよ、臨床工学科1年課程の学生さんも臨床実習がスタートします。そのためか、いつになく真剣に取り組んでいる光景を見ることができました。

日本メドトロニクス(ペースメーカ勉強会)01  日本メドトロニクス(ペースメーカ勉強会)02
 

続きを読む »

2010.10.19

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ