学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
新人臨床工学技士奮闘記②
2007.11.27

第二弾として愛知県臨床工学技士会会報(No.21)掲載された臨床工学科卒業生の小原さんの奮闘記をご紹介します。

林さん 岡崎市民病院 小原麻優さん

 お元気ですか?私は元気です。
 私が臨床工学技士として岡崎市民病院の血液浄化センターで働くようになりもう半年が過ぎました。実に早い!!!!!!一日一日が3倍速!!!なんて感じて毎日仕事をしています。去年の今頃は夏休み明けて国家試験に向けて黙々と国試問題の過去問を解いていたのを覚えています。「最後の勉強だ」と励みに頑張っていました。しかし就職してからが勉強だということが今、身をもって実感しています。学生時代使用していた教科書のどのページを開いても臨床での答えはでてきません。国試でわからなかったことは殆ど教科書に載っていたのに、教科書にはヒントしかありません。



 働きだして困ったことはと聞かれ即答で「患者様とのコミュニケーション」と答えます。ありがちな答えだと思うでしょうが、とても困りました。困っています。人とのコミュニケーションが苦手じゃないはずなのに、むしろ得意なはずなのに、ここぞとばかりに肝心なことが聞き出せません。調子はどうなのか、食事はきちんととっているのか、何か変わったことはなかったのか。患者様と先輩の技士さんとの会話を聞いているととても自然なのに私が聞くと何故か怪しい。あまりにも不自然になってしまいます。コミュニケーションだけでこんなに苦労するとは思いませんでした。

 毎日の業務では透析の開始から回収まで一通りの業務をこなせるようになってきました。穿刺ではやりはじめてすぐに”苦手な血管”ができました。私は自然と血管を、患者様を選んでいました。しかし、プリセプター※1に「おまえの段階で苦手を作るな」と言われ、それ以来苦手な血管に自分から行くようになりました。そして患者様に「うまいね」と言われたとき大きな自信へと繋がりました。私はあのときプリセプターにそう言われなかったら、苦手だからと逃げていつまでたっても”苦手な血管”のままだったと思います。だからこれからも苦手なものは作らない!!よう努力しようと思います。・・・なるべく。

 私とプリセプターの間では「ホウレンソウ」を大事にしています。「報告・連絡・相談」です。一日の終わりにはホウレンソウをして1つ1つのモヤットハットをそのままにせず、きっちりスッキリしてお家に帰ります。私がミスをしたときは徹底的に原因を追及し次に同じミスが起こらないよう対策を一緒になって考えてくれます。時には厳しいお言葉もありますがそれには「立派な臨床工学技士になってほしい」という気持ちがとても伝わってくるのでヘッチャラです。こんな感じで熱いプリセプターとのコミュニケーションはうまくとれていると思います。

 私は臨床工学技士としての人生を歩み始めました。醤油はうす塩に変えていません。きっとこの先、想像もつかないくらいの困難に遭遇するでしょうが乗り越えて一人前の臨床工学技士になりたいです。立派に成長したら『あのときくじけなくて良かった』ってきっと思えるはずです。新人のみなさんも一緒に頑張っていきましょうね。(*^日^*)”

【キーワード】
 ※1 プリセプター:新人さん一人ひとりをマンツーマンで指導・支援してくれる先輩のことです。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
新人臨床工学技士奮闘記②

第二弾として愛知県臨床工学技士会会報(No.21)掲載された臨床工学科卒業生の小原さんの奮闘記をご紹介します。

林さん 岡崎市民病院 小原麻優さん

 お元気ですか?私は元気です。
 私が臨床工学技士として岡崎市民病院の血液浄化センターで働くようになりもう半年が過ぎました。実に早い!!!!!!一日一日が3倍速!!!なんて感じて毎日仕事をしています。去年の今頃は夏休み明けて国家試験に向けて黙々と国試問題の過去問を解いていたのを覚えています。「最後の勉強だ」と励みに頑張っていました。しかし就職してからが勉強だということが今、身をもって実感しています。学生時代使用していた教科書のどのページを開いても臨床での答えはでてきません。国試でわからなかったことは殆ど教科書に載っていたのに、教科書にはヒントしかありません。



 働きだして困ったことはと聞かれ即答で「患者様とのコミュニケーション」と答えます。ありがちな答えだと思うでしょうが、とても困りました。困っています。人とのコミュニケーションが苦手じゃないはずなのに、むしろ得意なはずなのに、ここぞとばかりに肝心なことが聞き出せません。調子はどうなのか、食事はきちんととっているのか、何か変わったことはなかったのか。患者様と先輩の技士さんとの会話を聞いているととても自然なのに私が聞くと何故か怪しい。あまりにも不自然になってしまいます。コミュニケーションだけでこんなに苦労するとは思いませんでした。

 毎日の業務では透析の開始から回収まで一通りの業務をこなせるようになってきました。穿刺ではやりはじめてすぐに”苦手な血管”ができました。私は自然と血管を、患者様を選んでいました。しかし、プリセプター※1に「おまえの段階で苦手を作るな」と言われ、それ以来苦手な血管に自分から行くようになりました。そして患者様に「うまいね」と言われたとき大きな自信へと繋がりました。私はあのときプリセプターにそう言われなかったら、苦手だからと逃げていつまでたっても”苦手な血管”のままだったと思います。だからこれからも苦手なものは作らない!!よう努力しようと思います。・・・なるべく。

 私とプリセプターの間では「ホウレンソウ」を大事にしています。「報告・連絡・相談」です。一日の終わりにはホウレンソウをして1つ1つのモヤットハットをそのままにせず、きっちりスッキリしてお家に帰ります。私がミスをしたときは徹底的に原因を追及し次に同じミスが起こらないよう対策を一緒になって考えてくれます。時には厳しいお言葉もありますがそれには「立派な臨床工学技士になってほしい」という気持ちがとても伝わってくるのでヘッチャラです。こんな感じで熱いプリセプターとのコミュニケーションはうまくとれていると思います。

 私は臨床工学技士としての人生を歩み始めました。醤油はうす塩に変えていません。きっとこの先、想像もつかないくらいの困難に遭遇するでしょうが乗り越えて一人前の臨床工学技士になりたいです。立派に成長したら『あのときくじけなくて良かった』ってきっと思えるはずです。新人のみなさんも一緒に頑張っていきましょうね。(*^日^*)”

【キーワード】
 ※1 プリセプター:新人さん一人ひとりをマンツーマンで指導・支援してくれる先輩のことです。

2007.11.27

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ