学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
腰は大事です(トランスファーテクニック)
2009.05.23

臨床工学科2年生が、トランスファーのテクニックを学ぶため実習を行いました。
今回は東海医療科学専門学校には理学療法科があるため、理学療法科の先生に講義をお願いし実習となりました。



トランスファー実習02(トップ) トランスファー実習01(トップ)  


 
まずは、事前にトランスファーテクニックの説明を聞きます。
トランスファー実習03(説明)  トランスファー実習04(説明)

その後、各テクニックを項目毎に学び、実践してきます。
トランスファー実習05(その1)

トランスファー実習06(その1)  トランスファー実習07(その1)

トランスファー実習08(その2)

トランスファー実習09(その2)  トランスファー実習10(その2)

トランスファーテクニックとは、
独立歩行が困難な場合の立ち上がり動作、すわる動作、車いすの乗り降り動作が、トランスファーで理学療法技術の1つとしてあります。

血液浄化療法の透析導入患者さんの年齢は60歳を超えており高齢となっています。また、合併症からくる脳血管障害より、麻痺がある患者さんもいます。

そのような患者さんに対し、
理学療法士が行っている歩行指導と同じくらいにきめ細かく、正確にトランスファーを理解しておくことが、患者さんの安全を守り、自立をより容易に行うことが出来ます。

トランスファー実習11(その3)

トランスファー実習12(その3)  トランスファー実習13(その3)

トランスファー実習14(その4)

トランスファー実習15(その4)  トランスファー実習16(その4)

若いスタッフが移動困難な患者さんに対し、力を頼りに行ってしまいがちですが、それでは、自分自身の腰を痛め、また患者さん自身にも苦痛を与えてしまう結果となります。

今回のこのトランスファーテクニックは、学生が臨床現場へ行っても臨床工学技士としても必要です。

トランスファー実習17(その他)  トランスファー実習18(その他)

トランスファー実習19(その他)  トランスファー実習20(その他)

トランスファー実習21(その他) 

また、今回は車いす操作として、
災害時で、車いすに乗った患者さんの階段での移動方法についても学びました。
トランスファー実習23(階段)  トランスファー実習22(階段)

今回のトランスファーテクニックにはまず、患者さんの立場を考ることと、介助者側の腰にも負担をかけないことが大切となってきます。

今回の実習内容は、是非臨床の現場で使えるようになって欲しいと思います。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
腰は大事です(トランスファーテクニック)

臨床工学科2年生が、トランスファーのテクニックを学ぶため実習を行いました。
今回は東海医療科学専門学校には理学療法科があるため、理学療法科の先生に講義をお願いし実習となりました。



トランスファー実習02(トップ) トランスファー実習01(トップ)  


 
まずは、事前にトランスファーテクニックの説明を聞きます。
トランスファー実習03(説明)  トランスファー実習04(説明)

その後、各テクニックを項目毎に学び、実践してきます。
トランスファー実習05(その1)

トランスファー実習06(その1)  トランスファー実習07(その1)

トランスファー実習08(その2)

トランスファー実習09(その2)  トランスファー実習10(その2)

トランスファーテクニックとは、
独立歩行が困難な場合の立ち上がり動作、すわる動作、車いすの乗り降り動作が、トランスファーで理学療法技術の1つとしてあります。

血液浄化療法の透析導入患者さんの年齢は60歳を超えており高齢となっています。また、合併症からくる脳血管障害より、麻痺がある患者さんもいます。

そのような患者さんに対し、
理学療法士が行っている歩行指導と同じくらいにきめ細かく、正確にトランスファーを理解しておくことが、患者さんの安全を守り、自立をより容易に行うことが出来ます。

トランスファー実習11(その3)

トランスファー実習12(その3)  トランスファー実習13(その3)

トランスファー実習14(その4)

トランスファー実習15(その4)  トランスファー実習16(その4)

若いスタッフが移動困難な患者さんに対し、力を頼りに行ってしまいがちですが、それでは、自分自身の腰を痛め、また患者さん自身にも苦痛を与えてしまう結果となります。

今回のこのトランスファーテクニックは、学生が臨床現場へ行っても臨床工学技士としても必要です。

トランスファー実習17(その他)  トランスファー実習18(その他)

トランスファー実習19(その他)  トランスファー実習20(その他)

トランスファー実習21(その他) 

また、今回は車いす操作として、
災害時で、車いすに乗った患者さんの階段での移動方法についても学びました。
トランスファー実習23(階段)  トランスファー実習22(階段)

今回のトランスファーテクニックにはまず、患者さんの立場を考ることと、介助者側の腰にも負担をかけないことが大切となってきます。

今回の実習内容は、是非臨床の現場で使えるようになって欲しいと思います。

2009.05.23

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ