学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
作業療法科(3年制)
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
作業療法科ブログ
新入生を迎えるにあたって
2010.03.31

今年度の授業も終わり、年度末を迎えていますが、2年生は実習中、3年生は卒業と就職に向けての準備、同時に新入生を迎える準備と、学校はまだまだめまぐるしく動いています。
在校生は、教室移動とともに新入生のために教室を整える協力をしていただきました。
在校生、教員ともども、新入生の皆さんと共に学べることを期待しています。

教室1 教室2

中国基礎医学研修に参加して
2010.03.25

作業療法科の教員、河邊です。
3月の前半、基礎医学研修のため上海に行ってきました。
セムイ学園では以前より人体解剖を中心とした基礎医学研修を行っています。
研修先は上海交通大学付属の上海医薬専科学校です。
本年は、学園の各学科より15名が参加しました。

上海医薬専科学校  解剖実習

本研修では、次のような目標を掲げています。
1.人体解剖を行うことにより、人体の構造をより深く理解する
2.外国で生活することにより、歴史を含めた異なる文化の体験をする
3.中国を中心に海外の学生との交流を深める

上海夜景

人体解剖ということで、はじめはこわごわであった参加者の学生も、始まってみればいままで学校で学習をしていたことを実際に確認することができるとあって、休む時間も惜しんで真剣に取り組んでいました。学科により専門としている分野が違うため、興味範囲も違っていましたが、それがお互いの職種を知る良い刺激になったのではないでしょうか。

卒業式を終えて・・・
2010.03.24

初の卒業式を終えて

3月23日、当校の卒業式が行われました。
作業療法科としては、初めての卒業生を排出することとなります。
3年前、同じ会場の同じ場所で顔を合わせたことを思い出します。

初年度ということもあり、入学人数も少なく、どちらかといえば寺子屋の様なアットホームな雰囲気でやってきたクラスでした。ですから国家試験も無事終わり、卒業式を迎える嬉しさもひときわです。
医療系の専門学校ですから授業数も多く、教員と顔を合わせる機会も多いため、学校に来ているのが普通、という印象を持っていましたが、卒業式が終わり、空になった教室をみると、改めて卒業したのだ、との感覚がわきあがってきました。

学生を送り出す教員としては、寂しさもありますが、作業療法士の仲間に迎え入れるわけですから、専門職としては非常に喜ばしいことです。

当校の卒業生が、各々の職場でさらに学び、活躍してくれることを願っています。

卒業式1  卒業式

卒業式

「あっという間の1年でした」
2010.03.19

 作業療法科3期生としてこの学校に入学して、
あっという間に1年が経ちました。
 先生方の厳しい中にも愛情あるご指導の下、
クラスみんなと共に成長する事ができました。
仏教概論でのレクリエーションや学園祭での
創作演劇の上演と模擬店めぐり、作業療法科
上級生のヒップホップ・ダンスやバンド演奏
など、楽しい思い出になっています。
 新2年生として新しいスタートを切れるよう
に、有意義な春休みを過ごしていきたいです。
近々、クラスのみんなで焼き肉でも食べながら
1年間の打ち上げも行いたいと考えています。

(作業療法科 1年 男子学生 匿名希望)

3年間を振り返って・・・
2010.03.16

作業療法(OT)科の3年生は国家試験を終えて、あとは卒業を待つのみとなりました。当学科の1期生として、何もかもが初めての中、一生懸命に頑張ってきてくれました。
彼らが拓いてきてくれた道は、これから2年生・1年生・今後に入学してくる方々たちが歩んでいくことと思います。

今回は、3年生の宮沢昌子さんに3年間の感想を語っていただきました。

          「3年間を振り返って・・・」

作業療法科1期生としてこの学校に入学して、早3年が経ちました。
40人定員でOT科は入学者が9名しか居らず、とても驚いたことを今でも覚えています。

1期生なので、見本が居ない中、不安なことも沢山ありました。
しかし、先生方の愛情溢れる指導の下、3年間学校と共に成長する事が出来ました。

文化祭では、クラス一丸となって、2年ではダンス、3年ではバンドを組み音楽隊を出来たことが、
今ではとても良い思い出になっています。
実習や国家試験の勉強も、苦しく辛い中、皆で励ましあったり、力を合わせてなんとか乗り切ることが出来ました。

東海医療科学専門学校に入学して、9人の大切なクラスメイトと3年間過ごせたこと、
楽しいことばかりではなかったけれど、振り返ればどれも大切な思い出です。

私たち1期生は、3月23日に卒業します。
この学校でよかったと胸を張って卒業していきたいと思います!!!!!

3年間お世話になりました。ありがとうございました。

                    作業療法科 3年 宮沢 昌子

2009年度 2年生「体験実習体験記①」
2010.03.07

 作業療法(OT)科2年生は、1月より臨床実習として3週間の実習を
行っています。当学科としては2年目の体験実習になりますが、学校
の講義では学べない臨床現場ならではの知識や技術を経験できる貴重
な機会となります。
 今回は、その実習を終えた学生の方より感想を語っていただきます。

            「体験実習を終えて」
 
私は1月に名古屋市の老人保健施設、2月に静岡県の総合病院にて実習させていただきました。ROMエクササイズや筋力増強訓練を行い運動機能の回復を計るだけでなく、散歩や風船バレー、干支色紙作りなどのレクリエーションを経験させていただきました。
それらを通して、単調になりがちな患者様の入院生活にメリハリをつけ、精神的に支えるのも作業療法士の仕事の一つであるということを感じました。
今回の体験実習は、初めて患者様とお会いして治療プログラムを立案するとともに、医療人としての義務や振る舞いを学ぶものでした。実習において、このような作業療法士の仕事の一端を実際に行うことで、将来の目標を明確に持つことが出来たのが一番の収穫です。今回の経験は、一年後には患者様の隣に寄り添い会話を交わしながら、入院やリハビリをともに歩む作業療法士になる目標を持っている私にとって、とても貴重なものになりました。
 
         東海医療科学専門学校 作業療法科2年 碓井 史

見学実習に行ってきました。
2010.03.05

   こんにちは!作業療法科1年の女子学生です。
 私達1年生は2月4日から2月12日までの間に、病院や介護老人保健施設、
デイケアセンターなどを3か所の見学実習に行ってきました。
 「意欲的に質問もでき、患者様とも自然にコミュニケーションがとれて
いたと思います。」とスーパーバイザーの先生から褒めていただきまして、
うれしかったです。しかし、反省点として挨拶をもう少し大きな声で行え
れば良かったです。先生方がどこの筋肉を触知しているのだろう?脳血管
障害についての知識がまだまだかな?など学業面での知識不足な所があり、
今後の課題が多く残りました。
 患者様や利用者様方との会話も楽しかったですし、障害を持った方々の
気持ちを理解しようとする事の大切さも学べ、非常にやりがいのある魅力
的な職業だと強く感じました。

国家試験を終えて
2010.03.05

作業療法(OT)科では先日の2月28日(日)に初めての国家試験に挑みました。
入学してからの最大の目標でもあり、最大の難関でもある国家試験を終えた感想を、小林さんに語っていただきます。

「私たち3年生は2月28日に第45回作業療法士国家試験を受けてきました。
 1期生ということもあり、国家試験がどのようなものかも想像がつかず
 会場に行く前までは不安と緊張でいっぱいでした。

 しかし、会場へ行ってみると、クラス全員が席が近かったこともあり行く前 までの不安はなく、試験に臨むことができました。

 試験が始まると問題を解きながらも1つ1つの確認を入念に行い少しでも
 ミスを無くさなければならない、という気持ちでいっぱいでした。
 午前・午後の試験が終了し、特にどちらかと言えば午後の試験内容の方が
 難しく感じました。

 試験終了後は、点数に対しての不安もありましたが、今までの人生で一番勉 強をしてきたことに対しての達成感の方が大きかったです。

 まだ結果発表までは不安がありますが・・・・・・・

 ひとまず終わったーーー!!!」

       東海医療科学専門学校 作業療法科 3年 小林みか

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

作業療法科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
新入生を迎えるにあたって

今年度の授業も終わり、年度末を迎えていますが、2年生は実習中、3年生は卒業と就職に向けての準備、同時に新入生を迎える準備と、学校はまだまだめまぐるしく動いています。
在校生は、教室移動とともに新入生のために教室を整える協力をしていただきました。
在校生、教員ともども、新入生の皆さんと共に学べることを期待しています。

教室1 教室2

2010.03.31
中国基礎医学研修に参加して

作業療法科の教員、河邊です。
3月の前半、基礎医学研修のため上海に行ってきました。
セムイ学園では以前より人体解剖を中心とした基礎医学研修を行っています。
研修先は上海交通大学付属の上海医薬専科学校です。
本年は、学園の各学科より15名が参加しました。

上海医薬専科学校  解剖実習

本研修では、次のような目標を掲げています。
1.人体解剖を行うことにより、人体の構造をより深く理解する
2.外国で生活することにより、歴史を含めた異なる文化の体験をする
3.中国を中心に海外の学生との交流を深める

上海夜景

人体解剖ということで、はじめはこわごわであった参加者の学生も、始まってみればいままで学校で学習をしていたことを実際に確認することができるとあって、休む時間も惜しんで真剣に取り組んでいました。学科により専門としている分野が違うため、興味範囲も違っていましたが、それがお互いの職種を知る良い刺激になったのではないでしょうか。

2010.03.25
卒業式を終えて・・・

初の卒業式を終えて

3月23日、当校の卒業式が行われました。
作業療法科としては、初めての卒業生を排出することとなります。
3年前、同じ会場の同じ場所で顔を合わせたことを思い出します。

初年度ということもあり、入学人数も少なく、どちらかといえば寺子屋の様なアットホームな雰囲気でやってきたクラスでした。ですから国家試験も無事終わり、卒業式を迎える嬉しさもひときわです。
医療系の専門学校ですから授業数も多く、教員と顔を合わせる機会も多いため、学校に来ているのが普通、という印象を持っていましたが、卒業式が終わり、空になった教室をみると、改めて卒業したのだ、との感覚がわきあがってきました。

学生を送り出す教員としては、寂しさもありますが、作業療法士の仲間に迎え入れるわけですから、専門職としては非常に喜ばしいことです。

当校の卒業生が、各々の職場でさらに学び、活躍してくれることを願っています。

卒業式1  卒業式

卒業式

2010.03.24
「あっという間の1年でした」

 作業療法科3期生としてこの学校に入学して、
あっという間に1年が経ちました。
 先生方の厳しい中にも愛情あるご指導の下、
クラスみんなと共に成長する事ができました。
仏教概論でのレクリエーションや学園祭での
創作演劇の上演と模擬店めぐり、作業療法科
上級生のヒップホップ・ダンスやバンド演奏
など、楽しい思い出になっています。
 新2年生として新しいスタートを切れるよう
に、有意義な春休みを過ごしていきたいです。
近々、クラスのみんなで焼き肉でも食べながら
1年間の打ち上げも行いたいと考えています。

(作業療法科 1年 男子学生 匿名希望)

2010.03.19
3年間を振り返って・・・

作業療法(OT)科の3年生は国家試験を終えて、あとは卒業を待つのみとなりました。当学科の1期生として、何もかもが初めての中、一生懸命に頑張ってきてくれました。
彼らが拓いてきてくれた道は、これから2年生・1年生・今後に入学してくる方々たちが歩んでいくことと思います。

今回は、3年生の宮沢昌子さんに3年間の感想を語っていただきました。

          「3年間を振り返って・・・」

作業療法科1期生としてこの学校に入学して、早3年が経ちました。
40人定員でOT科は入学者が9名しか居らず、とても驚いたことを今でも覚えています。

1期生なので、見本が居ない中、不安なことも沢山ありました。
しかし、先生方の愛情溢れる指導の下、3年間学校と共に成長する事が出来ました。

文化祭では、クラス一丸となって、2年ではダンス、3年ではバンドを組み音楽隊を出来たことが、
今ではとても良い思い出になっています。
実習や国家試験の勉強も、苦しく辛い中、皆で励ましあったり、力を合わせてなんとか乗り切ることが出来ました。

東海医療科学専門学校に入学して、9人の大切なクラスメイトと3年間過ごせたこと、
楽しいことばかりではなかったけれど、振り返ればどれも大切な思い出です。

私たち1期生は、3月23日に卒業します。
この学校でよかったと胸を張って卒業していきたいと思います!!!!!

3年間お世話になりました。ありがとうございました。

                    作業療法科 3年 宮沢 昌子

2010.03.16
2009年度 2年生「体験実習体験記①」

 作業療法(OT)科2年生は、1月より臨床実習として3週間の実習を
行っています。当学科としては2年目の体験実習になりますが、学校
の講義では学べない臨床現場ならではの知識や技術を経験できる貴重
な機会となります。
 今回は、その実習を終えた学生の方より感想を語っていただきます。

            「体験実習を終えて」
 
私は1月に名古屋市の老人保健施設、2月に静岡県の総合病院にて実習させていただきました。ROMエクササイズや筋力増強訓練を行い運動機能の回復を計るだけでなく、散歩や風船バレー、干支色紙作りなどのレクリエーションを経験させていただきました。
それらを通して、単調になりがちな患者様の入院生活にメリハリをつけ、精神的に支えるのも作業療法士の仕事の一つであるということを感じました。
今回の体験実習は、初めて患者様とお会いして治療プログラムを立案するとともに、医療人としての義務や振る舞いを学ぶものでした。実習において、このような作業療法士の仕事の一端を実際に行うことで、将来の目標を明確に持つことが出来たのが一番の収穫です。今回の経験は、一年後には患者様の隣に寄り添い会話を交わしながら、入院やリハビリをともに歩む作業療法士になる目標を持っている私にとって、とても貴重なものになりました。
 
         東海医療科学専門学校 作業療法科2年 碓井 史

2010.03.07
見学実習に行ってきました。

   こんにちは!作業療法科1年の女子学生です。
 私達1年生は2月4日から2月12日までの間に、病院や介護老人保健施設、
デイケアセンターなどを3か所の見学実習に行ってきました。
 「意欲的に質問もでき、患者様とも自然にコミュニケーションがとれて
いたと思います。」とスーパーバイザーの先生から褒めていただきまして、
うれしかったです。しかし、反省点として挨拶をもう少し大きな声で行え
れば良かったです。先生方がどこの筋肉を触知しているのだろう?脳血管
障害についての知識がまだまだかな?など学業面での知識不足な所があり、
今後の課題が多く残りました。
 患者様や利用者様方との会話も楽しかったですし、障害を持った方々の
気持ちを理解しようとする事の大切さも学べ、非常にやりがいのある魅力
的な職業だと強く感じました。

2010.03.05
国家試験を終えて

作業療法(OT)科では先日の2月28日(日)に初めての国家試験に挑みました。
入学してからの最大の目標でもあり、最大の難関でもある国家試験を終えた感想を、小林さんに語っていただきます。

「私たち3年生は2月28日に第45回作業療法士国家試験を受けてきました。
 1期生ということもあり、国家試験がどのようなものかも想像がつかず
 会場に行く前までは不安と緊張でいっぱいでした。

 しかし、会場へ行ってみると、クラス全員が席が近かったこともあり行く前 までの不安はなく、試験に臨むことができました。

 試験が始まると問題を解きながらも1つ1つの確認を入念に行い少しでも
 ミスを無くさなければならない、という気持ちでいっぱいでした。
 午前・午後の試験が終了し、特にどちらかと言えば午後の試験内容の方が
 難しく感じました。

 試験終了後は、点数に対しての不安もありましたが、今までの人生で一番勉 強をしてきたことに対しての達成感の方が大きかったです。

 まだ結果発表までは不安がありますが・・・・・・・

 ひとまず終わったーーー!!!」

       東海医療科学専門学校 作業療法科 3年 小林みか

2010.03.05

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ