学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
作業療法科(3年制)
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
作業療法科ブログ
カホン製作秘話
2010.07.15

カホン製作秘話

 先生のご指導の下、三人一組で木工作業の時間にカホンを製作しました。

板を斜めに切ってしまったり、寸法を間違えたりして完成前は歪みがあった

り、音が微妙だったり・・・大変でした。

 初めの内は皆、慣れない木工作業に四苦八苦し、一つを作り上げるのに

三人がかりで三時間かかりました。

 しかし、二つ目、三つ目を作り上げる頃には、見違えるほどの作業効率と

チームワーク!

 修正もすすみ、完成度の高いカホンが完成!(多分・・・)

 完成後、屋上へ持って行って皆で演奏会を行いました。

 演奏といえる演奏ではないですが青空の下で、自分たちで製作した楽器を

ポコポコバンバン鳴らすのは、本当に楽しく思い出に残りました。

 作業療法科に入学して、本当に良かったと思える瞬間の一つでした。

 

P1030420.jpg P1030425.jpg

総合実習体験記3
2010.07.13

作業療法(OT)科3年生は、4月より臨床実習として8週間の実習を
行っています。当学科としては2年目の総合実習になりますが、学校
の講義では学べない臨床現場ならではの知識や技術を経験できる貴重
な機会となります。
 今回も、その実習を終えた学生の方より感想を語っていただきます

「総合実習Iを終えて」

 総合実習にて8週に渡り精神障害分野での実習に行ってきました。今回、初めての精神障害分野での実習と言う事もあり様々な不安はありましたが、関係性を構築して行くのにはどのようなアプローチが必要になるかを深く考える良い機会になったと感じます。関係性を図る事によりその人自身を知り治療に繋がると言ったプロセスを若干掴む事が出来たのではないかと感じ、
とても充実した実習を行う事が出来たのではないかと思っています。

 今回の実習で得たものを今後も忘れず活かして行きたいと思っています。

東海医療科学専門学校 作業療法科3年 河合徳成

テストまであと少し!!
2010.07.13

作業療法科2年生のです。

7月になり、前期のテストまで日にちが少なくなってきています。
この季節がくると、夏だと思うのと同時にテストへの危機感も感じてしまいます。
なので、今からコツコツと復習を初めてテスト勉強をしていこうと思います。

カホン製作
2010.07.08

 先週より授業で製作していた楽器がついに完成しました!
その楽器の名は「カホン」!
 基礎作業学の講義で先生に「では、今日からカホンを作ります。」と言われ
ても「それなんですか?」というのが、我々の最初のリアクションでした。

 あまり一般的ではない楽器ですので、ブログをご覧の皆様に簡単にご説明をいたします。
 カホンとは四角い木箱に穴を開け、この箱の上に腰を掛けて背部を叩いて音
を出す、非常にシンプルな打楽器です。
 南米の楽器ですので、非常に陽気な音が出ます。
 シンプルだからこそ誰にも扱える優れた楽器です。
 極めると、無茶苦茶凄い演奏ができる奥の深い物でもあります。
 いつの日にか、皆様の前で我々の製作したカホンによる、我々による演奏を
披露できればと思います。 (次号に続く)
 学生写真 (楽器作り)                  基礎作業学(木工)  作業療法科1年 田畑 太郎

創作活動の紹介 〜サンドアート〜
2010.07.07

シニアステージいつきの夢にて実習をさせて頂き、その中で今回はサンドアートの作品作りを行いました。

サンドアートとは、粘着面のあるクラフトシートに絵を描き入れ、その絵の着色部分の粘着シートを剥がし、色の付いた砂を振りかけて絵を描く作品です。

今回の作品は月明かりに浮かぶ青富士と朝日に照らされた赤富士を作成しました。

始めに粘着シートに富士山を描き、そこにカッターで切れ目を入れ、色の濃い順番から剥がして、砂を振りかけて行きます。砂を振りかけると粘着面に貼り付くので少し指で押さえてから、粘着シートを裏返して余分な砂を落とします。これを繰り返すと作品が出来上がります。濃い色から行うのは、もし間違って砂をかけてしまっても色が薄いので目立ちにくくなる為です。

砂をかけるだけで簡単に作る事が出来て、お題も富士さんであった為、皆さん熱心に作って頂く事が出来ました。中には砂を混ぜて色を作り色彩豊かな作品を作られる方もおられました。

出来た作品は、アクリル板で作成した写真立てに入れ施設の入り口に飾り、後日、作成された方にお渡ししました。

 作成中は皆さんご存知の富士さんであった為、説明してすぐに理解して頂く事が出来、楽しい作品作りが出来た様に思います。完成してからは、施設入口に飾りましたが、ご家族の方に話される方や入口まで見に来られる方もおられ、作品を気に入って頂けたようで非常にうれしく思いました。作品作りを通して利用者の方々との交流や作品を作るにあたっての企画や作成方法の考え方などとても勉強となりました。このように自由に企画をさせて頂き、指導して頂いたバイザーの先生や施設の皆さまにはとても感謝しております。

DSCN0704_R.JPG DSCN0711_R.JPG

DSCN0708_R.JPG DSCN0707_R.JPG

総合実習体験記2
2010.07.07

作業療法(OT)科3年生は、4月より臨床実習として8週間の実習を
行っています。当学科としては2年目の総合実習になりますが、学校
の講義では学べない臨床現場ならではの知識や技術を経験できる貴重
な機会となります。
 今回も、その実習を終えた学生の方より感想を語っていただきます

「総合実習Iを終えて」

 3年に進級をする事ができ、先月まで8週間の実習に行かせて頂きました。
老年期障害分野の特別養護老人ホームの実習へ行ったため、身体障害分野や精神障害分野などのように提出物の量が多くて大変という事はありませんでしたが、その中で人との関係の取り方、移乗動作などのタイミングの合わせる方法を教えて頂き、とても勉強になりました。

実習中にうまくできなかった事や、指導者の方への報告が遅れてしまった事などいろいろな面で落ち込んだ事もありましたが、最終的には入居者さんの「ありがとう」という一言や笑顔になってもらえた事によって、今回の実習をやって良かったという気持ちになり、より一層作業療法士を目指してやっていこうという気持ちになりました。

   東海医療科学専門学校 作業療法科3年 織田芙美香

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

作業療法科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
カホン製作秘話

カホン製作秘話

 先生のご指導の下、三人一組で木工作業の時間にカホンを製作しました。

板を斜めに切ってしまったり、寸法を間違えたりして完成前は歪みがあった

り、音が微妙だったり・・・大変でした。

 初めの内は皆、慣れない木工作業に四苦八苦し、一つを作り上げるのに

三人がかりで三時間かかりました。

 しかし、二つ目、三つ目を作り上げる頃には、見違えるほどの作業効率と

チームワーク!

 修正もすすみ、完成度の高いカホンが完成!(多分・・・)

 完成後、屋上へ持って行って皆で演奏会を行いました。

 演奏といえる演奏ではないですが青空の下で、自分たちで製作した楽器を

ポコポコバンバン鳴らすのは、本当に楽しく思い出に残りました。

 作業療法科に入学して、本当に良かったと思える瞬間の一つでした。

 

P1030420.jpg P1030425.jpg

2010.07.15
総合実習体験記3

作業療法(OT)科3年生は、4月より臨床実習として8週間の実習を
行っています。当学科としては2年目の総合実習になりますが、学校
の講義では学べない臨床現場ならではの知識や技術を経験できる貴重
な機会となります。
 今回も、その実習を終えた学生の方より感想を語っていただきます

「総合実習Iを終えて」

 総合実習にて8週に渡り精神障害分野での実習に行ってきました。今回、初めての精神障害分野での実習と言う事もあり様々な不安はありましたが、関係性を構築して行くのにはどのようなアプローチが必要になるかを深く考える良い機会になったと感じます。関係性を図る事によりその人自身を知り治療に繋がると言ったプロセスを若干掴む事が出来たのではないかと感じ、
とても充実した実習を行う事が出来たのではないかと思っています。

 今回の実習で得たものを今後も忘れず活かして行きたいと思っています。

東海医療科学専門学校 作業療法科3年 河合徳成

2010.07.13
テストまであと少し!!

作業療法科2年生のです。

7月になり、前期のテストまで日にちが少なくなってきています。
この季節がくると、夏だと思うのと同時にテストへの危機感も感じてしまいます。
なので、今からコツコツと復習を初めてテスト勉強をしていこうと思います。

2010.07.13
カホン製作

 先週より授業で製作していた楽器がついに完成しました!
その楽器の名は「カホン」!
 基礎作業学の講義で先生に「では、今日からカホンを作ります。」と言われ
ても「それなんですか?」というのが、我々の最初のリアクションでした。

 あまり一般的ではない楽器ですので、ブログをご覧の皆様に簡単にご説明をいたします。
 カホンとは四角い木箱に穴を開け、この箱の上に腰を掛けて背部を叩いて音
を出す、非常にシンプルな打楽器です。
 南米の楽器ですので、非常に陽気な音が出ます。
 シンプルだからこそ誰にも扱える優れた楽器です。
 極めると、無茶苦茶凄い演奏ができる奥の深い物でもあります。
 いつの日にか、皆様の前で我々の製作したカホンによる、我々による演奏を
披露できればと思います。 (次号に続く)
 学生写真 (楽器作り)                  基礎作業学(木工)  作業療法科1年 田畑 太郎

2010.07.08
創作活動の紹介 〜サンドアート〜

シニアステージいつきの夢にて実習をさせて頂き、その中で今回はサンドアートの作品作りを行いました。

サンドアートとは、粘着面のあるクラフトシートに絵を描き入れ、その絵の着色部分の粘着シートを剥がし、色の付いた砂を振りかけて絵を描く作品です。

今回の作品は月明かりに浮かぶ青富士と朝日に照らされた赤富士を作成しました。

始めに粘着シートに富士山を描き、そこにカッターで切れ目を入れ、色の濃い順番から剥がして、砂を振りかけて行きます。砂を振りかけると粘着面に貼り付くので少し指で押さえてから、粘着シートを裏返して余分な砂を落とします。これを繰り返すと作品が出来上がります。濃い色から行うのは、もし間違って砂をかけてしまっても色が薄いので目立ちにくくなる為です。

砂をかけるだけで簡単に作る事が出来て、お題も富士さんであった為、皆さん熱心に作って頂く事が出来ました。中には砂を混ぜて色を作り色彩豊かな作品を作られる方もおられました。

出来た作品は、アクリル板で作成した写真立てに入れ施設の入り口に飾り、後日、作成された方にお渡ししました。

 作成中は皆さんご存知の富士さんであった為、説明してすぐに理解して頂く事が出来、楽しい作品作りが出来た様に思います。完成してからは、施設入口に飾りましたが、ご家族の方に話される方や入口まで見に来られる方もおられ、作品を気に入って頂けたようで非常にうれしく思いました。作品作りを通して利用者の方々との交流や作品を作るにあたっての企画や作成方法の考え方などとても勉強となりました。このように自由に企画をさせて頂き、指導して頂いたバイザーの先生や施設の皆さまにはとても感謝しております。

DSCN0704_R.JPG DSCN0711_R.JPG

DSCN0708_R.JPG DSCN0707_R.JPG

2010.07.07
総合実習体験記2

作業療法(OT)科3年生は、4月より臨床実習として8週間の実習を
行っています。当学科としては2年目の総合実習になりますが、学校
の講義では学べない臨床現場ならではの知識や技術を経験できる貴重
な機会となります。
 今回も、その実習を終えた学生の方より感想を語っていただきます

「総合実習Iを終えて」

 3年に進級をする事ができ、先月まで8週間の実習に行かせて頂きました。
老年期障害分野の特別養護老人ホームの実習へ行ったため、身体障害分野や精神障害分野などのように提出物の量が多くて大変という事はありませんでしたが、その中で人との関係の取り方、移乗動作などのタイミングの合わせる方法を教えて頂き、とても勉強になりました。

実習中にうまくできなかった事や、指導者の方への報告が遅れてしまった事などいろいろな面で落ち込んだ事もありましたが、最終的には入居者さんの「ありがとう」という一言や笑顔になってもらえた事によって、今回の実習をやって良かったという気持ちになり、より一層作業療法士を目指してやっていこうという気持ちになりました。

   東海医療科学専門学校 作業療法科3年 織田芙美香

2010.07.07

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ