学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
作業療法科(3年制)
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
作業療法科ブログ
精神障害治療学〜対象者の理解〜
2010.11.30

2年生は年明けから、臨床実習を迎えます。
講義の中でも、実習に向けてより実践的な内容が取り上げられるようになってきています。

今回の講義では、レポートの書き方を通しての症例検討課題です。

架空の患者さんを想定して、その患者さんが困っていること、援助できること、必要なこと、を各自で考えていきます。

紙面上だけの情報ではなかなか対象者を理解していくのは難しいようですが・・・

年明けからは本番の実習が、1年後には臨床現場が待っています。

今のうちから頑張りましょう!!!

学園祭〜作業療法科
2010.11.29

11月21日の日曜日に学園祭に参加しました。
 
 今までのブログでお伝えしたように、1年生は自作の演劇を上演しました。
無事に大成功に終わりました! V(^O^)/

 発声練習や演技の練習を積み重ねる事も重要ですが、何よりもクラス全員の団結が大切でした。照明係や衣装係、劇中で使われる大道具や小道具の作成を行う大工係の協力も必要です。
 帰りの時間が遅くなってしまう日も何度もありましたが、クラスのみんなで協力しあい頑張って演劇の発表を無事に終えました。

 学園祭に参加をされたみなさま。お楽しみ頂けましたでしょうか?

学園祭〜楽器演奏とゼリー屋さん〜
2010.11.29

11月21日(日)に恒例の学園祭が行われました。
作業療法(OT)科では毎年各学年ごとに、模擬店とイベントの出し物を行っています。

3年生は、イベントでは授業で習った楽器演奏をクラス全員で行いました。
自分たちで作詞作曲したオリジナル曲をはじめ、3曲を披露しました。

楽器の演奏方法、作詞、作曲の仕方など「基礎作業学各論Ⅲ」の授業で
習ったことの集大成でした。

また、模擬店では「太陽のゼリー屋さん」を出店して、おいしくて美しいゼリーを販売しておりました。

国家試験に向けての勉強が忙しい中、協力しあって楽しく素晴らしいものを作り上げることができました。

こんな風に、大変な中でも楽しさを忘れずに、みんなで過ごせるのが作業療法科の良いところですね。

3年生の皆さん!ほんとにご苦労様でした!!!

DSCN2221_R.JPG DSCN2248_R.JPG

学園祭〜ダンスの発表!
2010.11.29

以前にこのブログでも載せさせていただいたように、2年生は学園祭でダンスの発表をしました。「アクティブいつきフィットネスクラブ」の豊田先生にご指導いただいて、短い時間ながらなんとかここまでこぎつけました。

参加した学生さんは、それぞれダンスが好きな人もあり、苦手な人もあり、それぞれ思うところはあると思いますが、当日はのびのびと踊り、会場も拍手で包まれました。

お疲れさまでした!! m(__)m

DSCN2202_R.JPG  DSCN2210_R.JPG

DSCN2212_R.JPG

学園祭に向けて3 〜演劇の練習〜
2010.11.16

先日もお伝えしたように、21日の日曜日は、東海医療科学専門学校は学園祭です。作業療法科では、1年生は演劇、2年生はダンス、3年生は音楽の発表をします。
「歌って踊れる作業療法士」が目標というわけではありませんが、作業療法士になるにあたっては、パフォーマンスやプレゼンテーションの能力も磨く必要があるとおもいます。

今回は、1年生の宇野さんに、現在の取り組みについて書いてもらいました。

私たちは、今学園祭に向けて演劇の練習をしています。
プロの先生にも来ていただき、さまざまなアドバイス・指導を受け、日々練習に励んでいます。
本番まで残りわずかしかありませんが、クラス全員で力を合わせ、よりよいものを作り上げるため、今後も取り組みたいです。

作業療法科1年 宇野 みくり

DSCN1904_R.JPG DSCN1909_R.JPG

ダンスの練習
2010.11.15

2年生は学園祭ではダンスの発表をします。

ダンスの練習を2年生がするのは、今年で3年目。
3年生の楽器の演奏とともに、恒例化してきています。

講師には、実習でもお世話になっているいつき会の豊田先生に来ていただいて、毎年の人数やメンバーにあったプログラムを作り、指導していただいています。

まったく初めての人も多く、ぎこちなくなってしまったり、動きがそろわないなど、思っていたよりも大変なのですが、自主練習をするなどして少しずつ上達してきています。

11月21日(日)の本番当日に完成したダンスを見ていただければと思います。

DSCN1848_R.JPG DSCN1892_R.JPG

ちなみに、豊田先生のブログにも授業の様子を紹介していただいています。

http://ameblo.jp/dancing-my-life-yuki/

就職活動
2010.11.15

3年生はせわしない季節に突入しています。

10月末で長かった(?)実習が終了したのもつかの間、来年2月末の国家試験に向けて、集中的に勉強をしていかなくてはなりません。
一方で、合格後のために、就職活動も並行して行っています。
先日は、地域作業療法学の授業に来ていただいた、いつき会の奥川先生に、希望した3年生に就職の話をしていただきました。

自身の希望や目的を持つこともさることながら、どのような現場があるのかを知ることも重要なことだと思います。

残りの学生生活、ゴールに向けて、がんばれ3年生。

P1030247_R.JPG

関節可動域測定実習
2010.11.11

後期に入り、1年生は一般科目や基礎医学科目だけではなく、実習科目がはじまっています。
このブログを読んでいただいている方は、ゲームやスポーツ、アートと、「作業療法士」って医療の資格のはずだけど、結局どんな勉強をするんだろう?」と疑問に持たれたかもしれません。
OTとはなんぞや、当校の教育方針はどのようなものか、という疑問を持っていただいた方は、過去のブログ記事や、学科長のブログをお読みいただければ幸いです。

作業療法士は職人や技術者という側面もあるので、検査や治療のための手技を身につける必要があります。
人体の関節がどの程度動くのか、あるいは動かない場所があるのか、という情報を得ることは、治療のために必要なことです。「関節の動きを測る」というと簡単なことのような気がしますが、いつ測っても、誰が見ても同じような結果が出るようにするには意外に難しく、決まりを覚えることと、技術が必要です。

この授業では、そのための知識と技術を同時に「身につけ」てもらうことを目的に行っています。
学生さんは、机の前に座って行う勉強よりも楽しげにワイワイやってくれますが、後になってテストをしてみると意外に忘れてしまっているものなのです。

でも、まずは楽しいのが重要ですよね。

P1030218_R.JPG P1030210_R.JPG

レクリエーションの時間 〜麻雀〜
2010.11.10

今回のゲームは麻雀です。

これも花札同様、賭けごとのイメージの強いゲームで、一定年齢以上の方にとっては、大学生時分に徹夜でやった、という思い出のある方もいるのだと思います。
やはりというか、時代の流れか街中でみかける雀荘のめっきり少なくなり、家族で雀卓を囲んだ経験のある学生さんも少なくなってしまいました。

囲碁や将棋とちがい、4人メンバーが必要になることと、時間がかかることから、病院や施設で行うにはそれなりの配慮が必要になるかもしれません。しかし、だからこそOTや学生さんもかりだされることもあるわけで、できると役に立つこともあるかもしれません。

「雀鬼」を自称する(^^)講師の熱血指導のもと、参加者みんなルールや役を覚えようと頑張っていました。
楽しかったけれど「役」を覚えるのが大変だったという感想も聞かれました。

CIMG6402_R.JPG  CIMG6410_R.JPG

総合実習体験記14
2010.11.08

おなじみのシリーズでお送りしている作業療法(OT)科3年生による実習体験記です。

今回は春日尚孝さんに実習の感想を語っていただきます。 

「総合実習を終えて」

計4か月に及ぶ長き実習が終わり、無事帰ってくることができました。

私の行かせていただいた実習地は全て老年期障害分野でしたが、身体・精神障害分野では味わえないような、高齢者を敬うという大切さを知ることができました。

個人的な考えですが、高齢者に機能訓練ばかりを行うのはあまり好きではありません。言葉は悪いですが、残りの人生をいかにその人らしく、楽しんで、生きるのかが、老年期障害分野で本来一番大切なことなのではないかと、この実習期間中に感じました。

東海医療科学専門学校 作業療法科3年 春日尚孝

DSCN1659.JPG  DSCN1644_R.jpg

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

作業療法科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
精神障害治療学〜対象者の理解〜

2年生は年明けから、臨床実習を迎えます。
講義の中でも、実習に向けてより実践的な内容が取り上げられるようになってきています。

今回の講義では、レポートの書き方を通しての症例検討課題です。

架空の患者さんを想定して、その患者さんが困っていること、援助できること、必要なこと、を各自で考えていきます。

紙面上だけの情報ではなかなか対象者を理解していくのは難しいようですが・・・

年明けからは本番の実習が、1年後には臨床現場が待っています。

今のうちから頑張りましょう!!!

2010.11.30
学園祭〜作業療法科

11月21日の日曜日に学園祭に参加しました。
 
 今までのブログでお伝えしたように、1年生は自作の演劇を上演しました。
無事に大成功に終わりました! V(^O^)/

 発声練習や演技の練習を積み重ねる事も重要ですが、何よりもクラス全員の団結が大切でした。照明係や衣装係、劇中で使われる大道具や小道具の作成を行う大工係の協力も必要です。
 帰りの時間が遅くなってしまう日も何度もありましたが、クラスのみんなで協力しあい頑張って演劇の発表を無事に終えました。

 学園祭に参加をされたみなさま。お楽しみ頂けましたでしょうか?

2010.11.29
学園祭〜楽器演奏とゼリー屋さん〜

11月21日(日)に恒例の学園祭が行われました。
作業療法(OT)科では毎年各学年ごとに、模擬店とイベントの出し物を行っています。

3年生は、イベントでは授業で習った楽器演奏をクラス全員で行いました。
自分たちで作詞作曲したオリジナル曲をはじめ、3曲を披露しました。

楽器の演奏方法、作詞、作曲の仕方など「基礎作業学各論Ⅲ」の授業で
習ったことの集大成でした。

また、模擬店では「太陽のゼリー屋さん」を出店して、おいしくて美しいゼリーを販売しておりました。

国家試験に向けての勉強が忙しい中、協力しあって楽しく素晴らしいものを作り上げることができました。

こんな風に、大変な中でも楽しさを忘れずに、みんなで過ごせるのが作業療法科の良いところですね。

3年生の皆さん!ほんとにご苦労様でした!!!

DSCN2221_R.JPG DSCN2248_R.JPG

2010.11.29
学園祭〜ダンスの発表!

以前にこのブログでも載せさせていただいたように、2年生は学園祭でダンスの発表をしました。「アクティブいつきフィットネスクラブ」の豊田先生にご指導いただいて、短い時間ながらなんとかここまでこぎつけました。

参加した学生さんは、それぞれダンスが好きな人もあり、苦手な人もあり、それぞれ思うところはあると思いますが、当日はのびのびと踊り、会場も拍手で包まれました。

お疲れさまでした!! m(__)m

DSCN2202_R.JPG  DSCN2210_R.JPG

DSCN2212_R.JPG

2010.11.29
学園祭に向けて3 〜演劇の練習〜

先日もお伝えしたように、21日の日曜日は、東海医療科学専門学校は学園祭です。作業療法科では、1年生は演劇、2年生はダンス、3年生は音楽の発表をします。
「歌って踊れる作業療法士」が目標というわけではありませんが、作業療法士になるにあたっては、パフォーマンスやプレゼンテーションの能力も磨く必要があるとおもいます。

今回は、1年生の宇野さんに、現在の取り組みについて書いてもらいました。

私たちは、今学園祭に向けて演劇の練習をしています。
プロの先生にも来ていただき、さまざまなアドバイス・指導を受け、日々練習に励んでいます。
本番まで残りわずかしかありませんが、クラス全員で力を合わせ、よりよいものを作り上げるため、今後も取り組みたいです。

作業療法科1年 宇野 みくり

DSCN1904_R.JPG DSCN1909_R.JPG

2010.11.16
ダンスの練習

2年生は学園祭ではダンスの発表をします。

ダンスの練習を2年生がするのは、今年で3年目。
3年生の楽器の演奏とともに、恒例化してきています。

講師には、実習でもお世話になっているいつき会の豊田先生に来ていただいて、毎年の人数やメンバーにあったプログラムを作り、指導していただいています。

まったく初めての人も多く、ぎこちなくなってしまったり、動きがそろわないなど、思っていたよりも大変なのですが、自主練習をするなどして少しずつ上達してきています。

11月21日(日)の本番当日に完成したダンスを見ていただければと思います。

DSCN1848_R.JPG DSCN1892_R.JPG

ちなみに、豊田先生のブログにも授業の様子を紹介していただいています。

http://ameblo.jp/dancing-my-life-yuki/

2010.11.15
就職活動

3年生はせわしない季節に突入しています。

10月末で長かった(?)実習が終了したのもつかの間、来年2月末の国家試験に向けて、集中的に勉強をしていかなくてはなりません。
一方で、合格後のために、就職活動も並行して行っています。
先日は、地域作業療法学の授業に来ていただいた、いつき会の奥川先生に、希望した3年生に就職の話をしていただきました。

自身の希望や目的を持つこともさることながら、どのような現場があるのかを知ることも重要なことだと思います。

残りの学生生活、ゴールに向けて、がんばれ3年生。

P1030247_R.JPG

2010.11.15
関節可動域測定実習

後期に入り、1年生は一般科目や基礎医学科目だけではなく、実習科目がはじまっています。
このブログを読んでいただいている方は、ゲームやスポーツ、アートと、「作業療法士」って医療の資格のはずだけど、結局どんな勉強をするんだろう?」と疑問に持たれたかもしれません。
OTとはなんぞや、当校の教育方針はどのようなものか、という疑問を持っていただいた方は、過去のブログ記事や、学科長のブログをお読みいただければ幸いです。

作業療法士は職人や技術者という側面もあるので、検査や治療のための手技を身につける必要があります。
人体の関節がどの程度動くのか、あるいは動かない場所があるのか、という情報を得ることは、治療のために必要なことです。「関節の動きを測る」というと簡単なことのような気がしますが、いつ測っても、誰が見ても同じような結果が出るようにするには意外に難しく、決まりを覚えることと、技術が必要です。

この授業では、そのための知識と技術を同時に「身につけ」てもらうことを目的に行っています。
学生さんは、机の前に座って行う勉強よりも楽しげにワイワイやってくれますが、後になってテストをしてみると意外に忘れてしまっているものなのです。

でも、まずは楽しいのが重要ですよね。

P1030218_R.JPG P1030210_R.JPG

2010.11.11
レクリエーションの時間 〜麻雀〜

今回のゲームは麻雀です。

これも花札同様、賭けごとのイメージの強いゲームで、一定年齢以上の方にとっては、大学生時分に徹夜でやった、という思い出のある方もいるのだと思います。
やはりというか、時代の流れか街中でみかける雀荘のめっきり少なくなり、家族で雀卓を囲んだ経験のある学生さんも少なくなってしまいました。

囲碁や将棋とちがい、4人メンバーが必要になることと、時間がかかることから、病院や施設で行うにはそれなりの配慮が必要になるかもしれません。しかし、だからこそOTや学生さんもかりだされることもあるわけで、できると役に立つこともあるかもしれません。

「雀鬼」を自称する(^^)講師の熱血指導のもと、参加者みんなルールや役を覚えようと頑張っていました。
楽しかったけれど「役」を覚えるのが大変だったという感想も聞かれました。

CIMG6402_R.JPG  CIMG6410_R.JPG

2010.11.10
総合実習体験記14

おなじみのシリーズでお送りしている作業療法(OT)科3年生による実習体験記です。

今回は春日尚孝さんに実習の感想を語っていただきます。 

「総合実習を終えて」

計4か月に及ぶ長き実習が終わり、無事帰ってくることができました。

私の行かせていただいた実習地は全て老年期障害分野でしたが、身体・精神障害分野では味わえないような、高齢者を敬うという大切さを知ることができました。

個人的な考えですが、高齢者に機能訓練ばかりを行うのはあまり好きではありません。言葉は悪いですが、残りの人生をいかにその人らしく、楽しんで、生きるのかが、老年期障害分野で本来一番大切なことなのではないかと、この実習期間中に感じました。

東海医療科学専門学校 作業療法科3年 春日尚孝

DSCN1659.JPG  DSCN1644_R.jpg

2010.11.08

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ