学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
作業療法科(3年制)
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
作業療法科ブログ
カホンて何?
2012.07.31

「カホン」て何?

 前回、基礎作業学の木工作業の紹介の中で、「カホン」についてふれましたら、

さっそく理学療法科の学生さんから「カホン」て何ですか?とのご質問をいただき

ました。

 ズバリ♪ 「カホン」とは打楽器のことです。

 木材でできた四角い木箱の正面に穴を開けて、腰掛けながら背部の薄い板を叩い

て音をだす。南米の楽器のことです。

 本校の作業療法科では、毎年1年時にこれを製作して、学園祭にて学生たちが、

演奏をしております。

                       作業療法科教員 日比 進

続きを読む »

教室内の掲示板
2012.07.31

こちらは、作業療法科1年生の教室内の掲示板です。

掲示板.jpg

続きを読む »

期末試験のまっ最中
2012.07.31

昨日、解剖学の試験が終わりました。

学生の皆さんは90分間で、いろいろな問題を解かなければいけなかった

ようですが、

この写真は、身体のどの部分かわかりますでしょうか?

肩関節2.jpg

続きを読む »

手作りテーション 〜額作り〜
2012.07.31

作業療法(OT)科の2年生の手作りテーションの講義も7月いっぱいで終了となりました。
いままで、いろいろな作品作りを行なってきましたが、最後の活動は「額作り」です。

割り箸を使って、枠組みを作り、新聞紙を材料に自分で紙粘土を作ります。

そうして、割り箸の枠組みに自家製の紙粘土を乗せて形を整え、乾燥してから彩色します。

いままで作ってきた、色柄文字や魚、だまし文字、塗り貼り絵などの作品を自分で作った額に飾れる、という今回の手作りテーションの講義の最後にぴったりの作品です。

まだ彩色を終えて乾燥待ちの作品が多いですが・・・文化祭ではその額に作品を入れて展示しますので、ぜひ見に来てください!お待ちしております。

DSCN6123_R.jpg    DSCN6194_R.jpg

東海医療科学専門学校 作業療法科2年担任 田中敏彦

木工作業(カホン)
2012.07.30

 作業療法科の1年生は、基礎作業学の授業の中で、様々な作品作りに取り組んで

きました。篆刻やステンドグラス、革細工、陶芸、木工、籐細工などです。

 学生さん達の作品紹介もしていきたいとは思いますが、それは今後のお楽しみと

いう事で・・・・・・。

 本日は、木工作業の中で製作された「カホンづくり」についてご紹介します。

 カホンはペルー発祥の打楽器で、イスのように上部にすわり、素手で盤面を叩く

ことによりリズムを刻む楽器です。

 授業の中では、のこぎりの使い方、カンナのかけ方、玄翁の使い方や道具の名前

の理解など木工の基本を習いました。

 以下にカホンのつくり方について述べていきます。

 カホンは上に座ることができる丈夫な箱を作り、打面には薄い板をはります。

また、裏側にはサウンドホールという穴をあけた板をはり合わせて完成です。

 今回は、コストを下げるために使用する合板はコンパネを使用し、組立ては

木工用ボンドと25mmの木工用ネジを使って製作しました。

 組立ての際には電動ドライバを使用しました。

 サウンドホールの穴は、学生達の個性に合わせて様々な形に仕上がり、とても

ユニークな作品(楽器)ができました。

 これらは今後、美術学の授業の中でデザイン化され、着色されます。

                      (作業療法科教員 日比 進)

カホン①.jpg  カホン②.jpg

老年期障害治療学 〜紙芝居〜
2012.07.30

作業療法(OT)科の2年生は「老年期障害治療学」の講義に中で、「紙芝居」を作成しています。

これは、自分が生まれてから現在までを、絵と文章でまとめて紙芝居形式にするというものです。

実習に行った時などの最初の自己紹介のツールとして使います。

紙芝居という形をとりながら、皆さん自分の一生を振り返っていました。
まだまだ短い時間ですが、簡単な「自分史」作りにもなったようです。

今回は、クラスのみんなで順番に発表しました。
1年以上付き合っている仲間たちですが、いままで知らなかった生い立ちやエピソードが聞けて、おもわず笑ってしまう場面も多かったです(笑)

何よりも、みんなの絵が上手なのにビックリしました!!

年明けからの実習で使ってくださいね!!

紙芝居①_R.jpg  DSCN6139_R.jpg

東海医療科学専門学校 作業療法科2年担任 田中敏彦

理学療法科で花札の講義
2012.07.27

作業療法(OT)科では「囲碁・将棋・麻雀・花札」を講義の中で教えています。
特に高齢者の施設などで利用者の方とのコミュニケーションのツールになれば、と考えています。

さて、最近では理学療法(PT)科からも、これらの講義の依頼がくるようになりました。理学療法士も高齢者施設への就職が増え、活躍の場が広がったことによっていままでとは違った「コミュニケーション」のツールが必要になってきたのだと思います。

今回は理学療法科の2年生に「花札」を教えにいってきました。
「八八」をグループごとに行なってみました。

皆さん覚えが早く、あっという間にルールを理解して白熱した勝負が展開されていました(笑)

楽しみながらいろいろな技術を学んでいく・・・作業療法科では当たり前の光景ですが、たまには、理学療法科でもそんな講義も良いものですね。

今年の文化祭では「将棋」と「花札」のトーナメント戦を行う予定です。
今回覚えた理学療法科の皆さんもたくさん参加してください!!

DSCN6170_R.jpg  DSCN6172_R.jpg

東海医療科学専門学校 作業療法科2年担任 田中敏彦

基礎作業学各論Ⅲ 〜作詞・作曲〜
2012.07.27

作業療法(OT)科の2年生は夏休みを目前に控えて、前期の講義が終わりに近づいています。

4月から行なってきた「基礎作業学各論Ⅲ」の講義ではキーボードを中心に楽器演奏の技術を教わってきました。

いままでキーボードに一度も触ったことのない学生や、音符を読めない学生がほとんどでしたが、いまでは両手で「ちょうちょ」が弾けるようになりました。

今日は、この講義の最後の課題である「自分たちで作詞・作曲をしてオリジナルソングを作る」の発表でした!!

3〜4人でグループを作り、それぞれのグループで役割分担をしながら、オリジナルソングを披露しました。

短く、稚拙ながらも暖かさと感動をくれる・・・そんな曲ばかりでした。

全グループの曲を聴かせてもらいましたが、夏バテも治ってしまうくらいの元気を
もらうことができました。

この技術を使って、実習や臨床現場では対象者の方に「人生讃歌」を作ってください!!

DSCN6176_R.jpg    DSCN6177_R.jpg

東海医療科学専門学校 作業療法科2年担任 田中敏彦

待機組レポート
2012.07.27

こんにちは。
7月も終わりが近付き、1・2年生は試験週間、3年生は第2期実習終盤に入っています。

第2期の待機組ブログも残りわずか。

記事のタイトルは『HIP!HIP!!HOORAY for Star & Queen』。
「HIP!HIP!!HOORAY」とは「フレー!フレー!」の意味です。

続きを読む »

あと7日
2012.07.26

こんにちは。
毎日暑い日が続きますね。

3年生の実習は、来週で終了。
実習が終わると、夏休みが2週間あり、そして第3期実習開始です。

実習準備と国家試験勉強に取り組んできた待機組も、
そろそろ本格的に実習を意識するようになってきています。

今日はその中のひとり、男子学生からの記事です。

続きを読む »

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

作業療法科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
カホンて何?

「カホン」て何?

 前回、基礎作業学の木工作業の紹介の中で、「カホン」についてふれましたら、

さっそく理学療法科の学生さんから「カホン」て何ですか?とのご質問をいただき

ました。

 ズバリ♪ 「カホン」とは打楽器のことです。

 木材でできた四角い木箱の正面に穴を開けて、腰掛けながら背部の薄い板を叩い

て音をだす。南米の楽器のことです。

 本校の作業療法科では、毎年1年時にこれを製作して、学園祭にて学生たちが、

演奏をしております。

                       作業療法科教員 日比 進

続きを読む »

2012.07.31
教室内の掲示板

こちらは、作業療法科1年生の教室内の掲示板です。

掲示板.jpg

続きを読む »

2012.07.31
期末試験のまっ最中

昨日、解剖学の試験が終わりました。

学生の皆さんは90分間で、いろいろな問題を解かなければいけなかった

ようですが、

この写真は、身体のどの部分かわかりますでしょうか?

肩関節2.jpg

続きを読む »

2012.07.31
手作りテーション 〜額作り〜

作業療法(OT)科の2年生の手作りテーションの講義も7月いっぱいで終了となりました。
いままで、いろいろな作品作りを行なってきましたが、最後の活動は「額作り」です。

割り箸を使って、枠組みを作り、新聞紙を材料に自分で紙粘土を作ります。

そうして、割り箸の枠組みに自家製の紙粘土を乗せて形を整え、乾燥してから彩色します。

いままで作ってきた、色柄文字や魚、だまし文字、塗り貼り絵などの作品を自分で作った額に飾れる、という今回の手作りテーションの講義の最後にぴったりの作品です。

まだ彩色を終えて乾燥待ちの作品が多いですが・・・文化祭ではその額に作品を入れて展示しますので、ぜひ見に来てください!お待ちしております。

DSCN6123_R.jpg    DSCN6194_R.jpg

東海医療科学専門学校 作業療法科2年担任 田中敏彦

2012.07.31
木工作業(カホン)

 作業療法科の1年生は、基礎作業学の授業の中で、様々な作品作りに取り組んで

きました。篆刻やステンドグラス、革細工、陶芸、木工、籐細工などです。

 学生さん達の作品紹介もしていきたいとは思いますが、それは今後のお楽しみと

いう事で・・・・・・。

 本日は、木工作業の中で製作された「カホンづくり」についてご紹介します。

 カホンはペルー発祥の打楽器で、イスのように上部にすわり、素手で盤面を叩く

ことによりリズムを刻む楽器です。

 授業の中では、のこぎりの使い方、カンナのかけ方、玄翁の使い方や道具の名前

の理解など木工の基本を習いました。

 以下にカホンのつくり方について述べていきます。

 カホンは上に座ることができる丈夫な箱を作り、打面には薄い板をはります。

また、裏側にはサウンドホールという穴をあけた板をはり合わせて完成です。

 今回は、コストを下げるために使用する合板はコンパネを使用し、組立ては

木工用ボンドと25mmの木工用ネジを使って製作しました。

 組立ての際には電動ドライバを使用しました。

 サウンドホールの穴は、学生達の個性に合わせて様々な形に仕上がり、とても

ユニークな作品(楽器)ができました。

 これらは今後、美術学の授業の中でデザイン化され、着色されます。

                      (作業療法科教員 日比 進)

カホン①.jpg  カホン②.jpg

2012.07.30
老年期障害治療学 〜紙芝居〜

作業療法(OT)科の2年生は「老年期障害治療学」の講義に中で、「紙芝居」を作成しています。

これは、自分が生まれてから現在までを、絵と文章でまとめて紙芝居形式にするというものです。

実習に行った時などの最初の自己紹介のツールとして使います。

紙芝居という形をとりながら、皆さん自分の一生を振り返っていました。
まだまだ短い時間ですが、簡単な「自分史」作りにもなったようです。

今回は、クラスのみんなで順番に発表しました。
1年以上付き合っている仲間たちですが、いままで知らなかった生い立ちやエピソードが聞けて、おもわず笑ってしまう場面も多かったです(笑)

何よりも、みんなの絵が上手なのにビックリしました!!

年明けからの実習で使ってくださいね!!

紙芝居①_R.jpg  DSCN6139_R.jpg

東海医療科学専門学校 作業療法科2年担任 田中敏彦

2012.07.30
理学療法科で花札の講義

作業療法(OT)科では「囲碁・将棋・麻雀・花札」を講義の中で教えています。
特に高齢者の施設などで利用者の方とのコミュニケーションのツールになれば、と考えています。

さて、最近では理学療法(PT)科からも、これらの講義の依頼がくるようになりました。理学療法士も高齢者施設への就職が増え、活躍の場が広がったことによっていままでとは違った「コミュニケーション」のツールが必要になってきたのだと思います。

今回は理学療法科の2年生に「花札」を教えにいってきました。
「八八」をグループごとに行なってみました。

皆さん覚えが早く、あっという間にルールを理解して白熱した勝負が展開されていました(笑)

楽しみながらいろいろな技術を学んでいく・・・作業療法科では当たり前の光景ですが、たまには、理学療法科でもそんな講義も良いものですね。

今年の文化祭では「将棋」と「花札」のトーナメント戦を行う予定です。
今回覚えた理学療法科の皆さんもたくさん参加してください!!

DSCN6170_R.jpg  DSCN6172_R.jpg

東海医療科学専門学校 作業療法科2年担任 田中敏彦

2012.07.27
基礎作業学各論Ⅲ 〜作詞・作曲〜

作業療法(OT)科の2年生は夏休みを目前に控えて、前期の講義が終わりに近づいています。

4月から行なってきた「基礎作業学各論Ⅲ」の講義ではキーボードを中心に楽器演奏の技術を教わってきました。

いままでキーボードに一度も触ったことのない学生や、音符を読めない学生がほとんどでしたが、いまでは両手で「ちょうちょ」が弾けるようになりました。

今日は、この講義の最後の課題である「自分たちで作詞・作曲をしてオリジナルソングを作る」の発表でした!!

3〜4人でグループを作り、それぞれのグループで役割分担をしながら、オリジナルソングを披露しました。

短く、稚拙ながらも暖かさと感動をくれる・・・そんな曲ばかりでした。

全グループの曲を聴かせてもらいましたが、夏バテも治ってしまうくらいの元気を
もらうことができました。

この技術を使って、実習や臨床現場では対象者の方に「人生讃歌」を作ってください!!

DSCN6176_R.jpg    DSCN6177_R.jpg

東海医療科学専門学校 作業療法科2年担任 田中敏彦

2012.07.27
待機組レポート

こんにちは。
7月も終わりが近付き、1・2年生は試験週間、3年生は第2期実習終盤に入っています。

第2期の待機組ブログも残りわずか。

記事のタイトルは『HIP!HIP!!HOORAY for Star & Queen』。
「HIP!HIP!!HOORAY」とは「フレー!フレー!」の意味です。

続きを読む »

2012.07.27
あと7日

こんにちは。
毎日暑い日が続きますね。

3年生の実習は、来週で終了。
実習が終わると、夏休みが2週間あり、そして第3期実習開始です。

実習準備と国家試験勉強に取り組んできた待機組も、
そろそろ本格的に実習を意識するようになってきています。

今日はその中のひとり、男子学生からの記事です。

続きを読む »

2012.07.26

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ