学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
作業療法科(3年制)
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
作業療法科ブログ
キーボード
2014.09.30

先週、わたし達二年生は授業の一環で
キーボードを習いました

練習した曲は「故郷」。

わたしは鉄板中の鉄板「猫踏んじゃった」しか弾けないので
正直不安でしたが、チームの中で協力しながら練習する事で
少しずつ進歩しているのが実感できて楽しかったです

最終的にはチームで演奏発表をしなければならないので
それまでにたくさん練習をしていきたいと思います

キーボードは今後実習や就職した時に特技として持っていると
便利なので、頑張ってマスターしたいと思います!!

作業療法科 2年 ブログ委員

作業療法士は医療職
2014.09.30

臨床実習の合間に学校を訪れた学生さんが、
実習レポートをまとめるために、ホワイトボードを使って
自分の考えを整理していました。下の写真はその時のものです。

写真 1.JPG

必要に迫られて、ということもあるかと思いますが、
20歳をちょっとすぎた学生の方が、患者さんの認知機能のこと、
身体機能のこと、退院後の生活のこと、などリハビリテーションに必要なことを
一生懸命考えています。

どれもこれも、医学的な観点および福祉の観点からのアプローチです。

続きを読む »

あと2週間
2014.09.30

3年生の「総合臨床実習」もあと2週間を切りました。

3年生は、皆よく奮闘しています。
人によっては、大変短い睡眠時間で頑張っている人もいます。

しかしそれもあと2週間で終わりです。
資格を取っていよいよ臨床現場で働くとなると、今ほど、指導者の先輩方は
細かく丁寧には教えてくれないかもしれません。

レポートを丁寧にまとめる作業も、次に臨床現場でやるときは、
研究発表の時でしょうか。

現在の努力は、確実に将来につながります。

あと少しですので、3年生の皆さん、頑張っていきましょう。

作業療法科3年担任 手塚雅之

実技試験
2014.09.30

先週の金曜日に、実習に向けてのROMとMMTの実技試験を行いました。

ビデオ撮影しながらの試験でしたので、普段以上に緊張しました。

練習したのにいざ試験となると頭が真っ白になってしまって、満足な結果が得られませんでした。

実習が近いので試験が終わったことに安堵せず、練習を続けていきたいと思います。

作業療法科 2年 ブログ委員

続きを読む »

夏休み開けて
2014.09.30

私達2年生は水曜日から授業が始まりました。
午前中は座学で午後からは精神障害治療学でバルバレーをしました。

ボールの硬さがはバレーボールと風船バレーの間ぐらいで
ある程度飛ぶし身体に当たっても
痛くないのでとても安心して出来ます。

6.7人のチームを6つ作りトーナメント形式で行いました。
どのチームも楽しく時には真剣にやっている姿が見られました。

決勝戦ではとても迫力のあるプレーばかりで
見ている側もワクワクドキドキしました。

その時の様子です。

スポーツをすることによりリハビリだけでなく
自然と声も出てとても自分を出しやすくなるなと感じました。

実習のときにはその様子をしっかりと
見ていけるようにしたいです。

作業療法科 2年 ブログ委員image.jpg

いなべ総合学園の皆様が見学に来られました
2014.09.24

9月20日(土)には、いなべ総合学園の保護者の皆様が学校見学に来られました。
当学科でも、ひとつの学校の保護者様が見学にみえられるのは初めてのことでしたので、限られた時間の中でどのようなお話をするか・・を考えておりました。

当日は、いなべ総合学園出身で当学科を3月に卒業し、4月から作業療法士として働いている松葉早紀さんにお手伝いに来ていただきました。
松葉さんは4月から、三重県の「大仲さつき病院」で作業療法士として勤務されています。
やはり、同じ高校を卒業した方が、いま立派に医療人として、作業療法士として成長した姿を見せることが、何よりご参加いただいた皆様の安心につながったように思えます。

松葉さんから「当学科の良いところ」も話していただき、引率でみえられた高校の先生方も彼女の立派に成長した姿に感心されていました。

初めてのイベントでしたが、こうして実際にお子様方と同じ高校を卒業した先輩が、作業療法士になっていることを知らせることも、保護者の皆様やその高校の在校生の皆さんに安心と自信を届けることになると実感しました。

ぜひ、先輩に続いて作業療法士を目指してくれる人が増えてくれることを願っています。

ご参加いただきましたいなべ総合学園の保護者の皆様、ご引率の先生方、お休みの中ありがとうございました。

また、当日頑張ってくれた作業療法士の松葉早紀先生!
本当にありがとうございました。これからも頑張ってくださいね!
応援しています。

東海医療科学専門学校 作業療法科学科主任代行 田中敏彦

第12回体験入学が行われました。
2014.09.24

9月はいろいろな行事が続いています。
9月14日(日)には今年度12回目となる体験入学を行いました。

当学科はすでにAOエントリーを終了しておりますが、この日も多くの方にご参加いただきました。遠方の他県からご参加いただいた皆様もおられ、ほんとうにうれしく思います。

ここのところ、男性の方の参加が少しずつ多くなってきており、同じ男性の作業療法士として大変うれしく、また頼もしく思っています。

10月からはいよいよ一般入試が始まります。
私たちも受験してくれる皆さんに真剣に向き合えるよう準備をしております。
よろしくご検討いただければ幸いです。

お休みの中、ご参加いただきました皆様、ほんとうにありがとうございました。

スタッフ_R.jpg

東海医療科学専門学校 作業療法科学科主任代行 田中敏彦

編成委員会が行われました。
2014.09.24

作業療法(OT)科では、9月13日(土)に編成委員会会議を行いました。
この会議は、外部の先生方に委員になっていただき、当学科の教育理念や方針、実際の授業の内容などを検討していただくもので、毎年定期的に行っております。

当学科では、海南病院の稲垣毅先生といつきの夢の奥川慎二先生に委員に就任していただいています。
稲垣先生は愛知県作業療法士会の会長であり、奥川先生は当学科が開設当初からお世話になっている実習施設の「いつきの夢」の先生です。

今回は、作業療法科の教育理念である「マイスターOTの育成」について、さまざまなご意見をいただきました。合わせて、いま臨床の現場でどのような作業療法士が求められているか、なども教えていただきました。

このように外部の先生方からご意見をいただき、それを取り入れながら、さらにより良い教育内容を目指しております。
今回の会議で話されたことも、さっそく今後に活かしていきたいと思っています。

お忙しい中、ご出席いただきました稲垣先生、奥川先生の両先生に感謝いたします。
ありがとうございました。

東海医療科学専門学校 作業療法科学科主任代行 田中敏彦

体験入学保護者会が行われました。
2014.09.24

作業療法(OT)科では、9月7日(日)に体験入学保護者会を行いました。
これは通常の体験入学と違い、保護者の皆様を対象にして説明を行いました。
全体説明会の後に、学科ごとの説明会を行いましたが、これから受験を考えていらっしゃる高校生の保護者の方、すでにAO入試を終えている学生の保護者の方など、多くの方にご参加いただきました。

主に、「学業についていけなくなるのはどのような理由からか?」といった質問が出ました。

その場でもお答えしましたが、「学業についていけなくなる理由」の多くは「目的意識の低さ」からくるものであると思っております。
ここ数年では、入学の動機が「自分が作業療法士になりたいから」ではなく、「親に勧められたから」、「親に医療の資格を取った方が良いと言われたから」といった理由で作業療法士を目指す学生も少なからずいます。

なかなか高校3年生という年齢で自分の将来や人生を真剣にイメージすることは困難だと思いますので、私は最初の動機はそれでも良いと思っています。
しかし、当校での3年間の中では、いろいろな場面で自分の「目的意識」を試されることになります。科目試験や臨床実習などを通して、

「なぜ自分はこんなに勉強しなければならないのか?」
「なぜこんなに大変な思いをしなければならないのか?」

といったことで悩むことが多くあります。

そんな時に自分を支えてくれるものが、仲間や先生であると同時に、
「自分は作業療法士になりたい!」という強い意志となります。

最初のきっかけは自分の意志ではなかったけれども、勉強やいろいろな経験を通して、今では「自分で作業療法士になりたい!」と思えている・・そんな変化がそれぞれの学生に訪れるよう、私たちも全力で支えていきます。

この説明会を通して、保護者の皆様のご不安が少しでも軽くなれれば幸いです。
お休みの中、ご参加いただきました皆様に学科を代表しましてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

東海医療科学専門学校 作業療法科学科主任代行 田中敏彦

コーヒータイム
2014.09.17

3年生の実習待機組の話題です。

現在、学校には6人の3年生が、毎日通っています。
すでに単位取得に必要な2か所での総合実習を終え、今は国試へ向けて
6人でグループワークを進めています。

日々まじめに勉強に取り組んでいる彼らですが、そのうちの一人が
某有名コーヒー店でバイトをしていて、先日、待機組の人を対象に
コーヒーパーティーを企画してくれました。

__ 1.JPG

__ 3.JPG

続きを読む »

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

作業療法科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
キーボード

先週、わたし達二年生は授業の一環で
キーボードを習いました

練習した曲は「故郷」。

わたしは鉄板中の鉄板「猫踏んじゃった」しか弾けないので
正直不安でしたが、チームの中で協力しながら練習する事で
少しずつ進歩しているのが実感できて楽しかったです

最終的にはチームで演奏発表をしなければならないので
それまでにたくさん練習をしていきたいと思います

キーボードは今後実習や就職した時に特技として持っていると
便利なので、頑張ってマスターしたいと思います!!

作業療法科 2年 ブログ委員

2014.09.30
作業療法士は医療職

臨床実習の合間に学校を訪れた学生さんが、
実習レポートをまとめるために、ホワイトボードを使って
自分の考えを整理していました。下の写真はその時のものです。

写真 1.JPG

必要に迫られて、ということもあるかと思いますが、
20歳をちょっとすぎた学生の方が、患者さんの認知機能のこと、
身体機能のこと、退院後の生活のこと、などリハビリテーションに必要なことを
一生懸命考えています。

どれもこれも、医学的な観点および福祉の観点からのアプローチです。

続きを読む »

2014.09.30
あと2週間

3年生の「総合臨床実習」もあと2週間を切りました。

3年生は、皆よく奮闘しています。
人によっては、大変短い睡眠時間で頑張っている人もいます。

しかしそれもあと2週間で終わりです。
資格を取っていよいよ臨床現場で働くとなると、今ほど、指導者の先輩方は
細かく丁寧には教えてくれないかもしれません。

レポートを丁寧にまとめる作業も、次に臨床現場でやるときは、
研究発表の時でしょうか。

現在の努力は、確実に将来につながります。

あと少しですので、3年生の皆さん、頑張っていきましょう。

作業療法科3年担任 手塚雅之

2014.09.30
実技試験

先週の金曜日に、実習に向けてのROMとMMTの実技試験を行いました。

ビデオ撮影しながらの試験でしたので、普段以上に緊張しました。

練習したのにいざ試験となると頭が真っ白になってしまって、満足な結果が得られませんでした。

実習が近いので試験が終わったことに安堵せず、練習を続けていきたいと思います。

作業療法科 2年 ブログ委員

続きを読む »

2014.09.30
夏休み開けて

私達2年生は水曜日から授業が始まりました。
午前中は座学で午後からは精神障害治療学でバルバレーをしました。

ボールの硬さがはバレーボールと風船バレーの間ぐらいで
ある程度飛ぶし身体に当たっても
痛くないのでとても安心して出来ます。

6.7人のチームを6つ作りトーナメント形式で行いました。
どのチームも楽しく時には真剣にやっている姿が見られました。

決勝戦ではとても迫力のあるプレーばかりで
見ている側もワクワクドキドキしました。

その時の様子です。

スポーツをすることによりリハビリだけでなく
自然と声も出てとても自分を出しやすくなるなと感じました。

実習のときにはその様子をしっかりと
見ていけるようにしたいです。

作業療法科 2年 ブログ委員image.jpg

2014.09.30
いなべ総合学園の皆様が見学に来られました

9月20日(土)には、いなべ総合学園の保護者の皆様が学校見学に来られました。
当学科でも、ひとつの学校の保護者様が見学にみえられるのは初めてのことでしたので、限られた時間の中でどのようなお話をするか・・を考えておりました。

当日は、いなべ総合学園出身で当学科を3月に卒業し、4月から作業療法士として働いている松葉早紀さんにお手伝いに来ていただきました。
松葉さんは4月から、三重県の「大仲さつき病院」で作業療法士として勤務されています。
やはり、同じ高校を卒業した方が、いま立派に医療人として、作業療法士として成長した姿を見せることが、何よりご参加いただいた皆様の安心につながったように思えます。

松葉さんから「当学科の良いところ」も話していただき、引率でみえられた高校の先生方も彼女の立派に成長した姿に感心されていました。

初めてのイベントでしたが、こうして実際にお子様方と同じ高校を卒業した先輩が、作業療法士になっていることを知らせることも、保護者の皆様やその高校の在校生の皆さんに安心と自信を届けることになると実感しました。

ぜひ、先輩に続いて作業療法士を目指してくれる人が増えてくれることを願っています。

ご参加いただきましたいなべ総合学園の保護者の皆様、ご引率の先生方、お休みの中ありがとうございました。

また、当日頑張ってくれた作業療法士の松葉早紀先生!
本当にありがとうございました。これからも頑張ってくださいね!
応援しています。

東海医療科学専門学校 作業療法科学科主任代行 田中敏彦

2014.09.24
第12回体験入学が行われました。

9月はいろいろな行事が続いています。
9月14日(日)には今年度12回目となる体験入学を行いました。

当学科はすでにAOエントリーを終了しておりますが、この日も多くの方にご参加いただきました。遠方の他県からご参加いただいた皆様もおられ、ほんとうにうれしく思います。

ここのところ、男性の方の参加が少しずつ多くなってきており、同じ男性の作業療法士として大変うれしく、また頼もしく思っています。

10月からはいよいよ一般入試が始まります。
私たちも受験してくれる皆さんに真剣に向き合えるよう準備をしております。
よろしくご検討いただければ幸いです。

お休みの中、ご参加いただきました皆様、ほんとうにありがとうございました。

スタッフ_R.jpg

東海医療科学専門学校 作業療法科学科主任代行 田中敏彦

2014.09.24
編成委員会が行われました。

作業療法(OT)科では、9月13日(土)に編成委員会会議を行いました。
この会議は、外部の先生方に委員になっていただき、当学科の教育理念や方針、実際の授業の内容などを検討していただくもので、毎年定期的に行っております。

当学科では、海南病院の稲垣毅先生といつきの夢の奥川慎二先生に委員に就任していただいています。
稲垣先生は愛知県作業療法士会の会長であり、奥川先生は当学科が開設当初からお世話になっている実習施設の「いつきの夢」の先生です。

今回は、作業療法科の教育理念である「マイスターOTの育成」について、さまざまなご意見をいただきました。合わせて、いま臨床の現場でどのような作業療法士が求められているか、なども教えていただきました。

このように外部の先生方からご意見をいただき、それを取り入れながら、さらにより良い教育内容を目指しております。
今回の会議で話されたことも、さっそく今後に活かしていきたいと思っています。

お忙しい中、ご出席いただきました稲垣先生、奥川先生の両先生に感謝いたします。
ありがとうございました。

東海医療科学専門学校 作業療法科学科主任代行 田中敏彦

2014.09.24
体験入学保護者会が行われました。

作業療法(OT)科では、9月7日(日)に体験入学保護者会を行いました。
これは通常の体験入学と違い、保護者の皆様を対象にして説明を行いました。
全体説明会の後に、学科ごとの説明会を行いましたが、これから受験を考えていらっしゃる高校生の保護者の方、すでにAO入試を終えている学生の保護者の方など、多くの方にご参加いただきました。

主に、「学業についていけなくなるのはどのような理由からか?」といった質問が出ました。

その場でもお答えしましたが、「学業についていけなくなる理由」の多くは「目的意識の低さ」からくるものであると思っております。
ここ数年では、入学の動機が「自分が作業療法士になりたいから」ではなく、「親に勧められたから」、「親に医療の資格を取った方が良いと言われたから」といった理由で作業療法士を目指す学生も少なからずいます。

なかなか高校3年生という年齢で自分の将来や人生を真剣にイメージすることは困難だと思いますので、私は最初の動機はそれでも良いと思っています。
しかし、当校での3年間の中では、いろいろな場面で自分の「目的意識」を試されることになります。科目試験や臨床実習などを通して、

「なぜ自分はこんなに勉強しなければならないのか?」
「なぜこんなに大変な思いをしなければならないのか?」

といったことで悩むことが多くあります。

そんな時に自分を支えてくれるものが、仲間や先生であると同時に、
「自分は作業療法士になりたい!」という強い意志となります。

最初のきっかけは自分の意志ではなかったけれども、勉強やいろいろな経験を通して、今では「自分で作業療法士になりたい!」と思えている・・そんな変化がそれぞれの学生に訪れるよう、私たちも全力で支えていきます。

この説明会を通して、保護者の皆様のご不安が少しでも軽くなれれば幸いです。
お休みの中、ご参加いただきました皆様に学科を代表しましてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

東海医療科学専門学校 作業療法科学科主任代行 田中敏彦

2014.09.24
コーヒータイム

3年生の実習待機組の話題です。

現在、学校には6人の3年生が、毎日通っています。
すでに単位取得に必要な2か所での総合実習を終え、今は国試へ向けて
6人でグループワークを進めています。

日々まじめに勉強に取り組んでいる彼らですが、そのうちの一人が
某有名コーヒー店でバイトをしていて、先日、待機組の人を対象に
コーヒーパーティーを企画してくれました。

__ 1.JPG

__ 3.JPG

続きを読む »

2014.09.17

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ