学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
救急救命科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年11月26日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 教育課程表 ブログ
救急救命科ブログ
端(橋)を渡らず、堂々と真ん中を歩いた。〜 屋外搬送訓練 〜
2006.07.29

今週の水曜日、学校付近の歩道橋を使った搬送訓練を行いました!

突然の搬送指令に学生がどれくらい対応できるのか」を見たかったので、
学生には、事前説明は一切しない形で行うことにしました。

どのように行ったかといいますと・・・

① 数名の学生を無作為に選び出し、実習室から廊下へ連れ出す。

   教員:「傷病者役をやってもらいます。各自、好きなように倒れて下さい。」

搬送訓練01 搬送訓練02

↑ 学生の皆さんは、すごく協力的です(笑)

(そして、実習室に傷病者多数との指令が入り・・・)

② 教員:「残りの学生は自由にペアを組んで隊を作って下さい。
       搬送方法については実習室にあるものを使う事以外は、おまかせします。
       また、傷病者は歩道橋を渡り切った所まで搬送する事。」

というわけで・・・搬送開始!!

搬送訓練04 搬送訓練12
↑ 搬送距離が長いうえ、直射日光が体力を奪います。

搬送訓練03 搬送訓練06
↑ 中には徒手で搬送する学生も。

続きを読む »

第9期生救急救命技術発表会・・・終了!!
2006.07.20

第9期生救急救命技術発表会は皆様のご協力により、無事終えることができました。

2日間を通して、

大変お忙しい中、技術発表会にお越し頂いた皆様、

誠にありがとうございました。

そして、学生の皆さん、本当にお疲れ様でした!!

※ 発表会の様子については、また後日、
ブログにアップしたいと思います。お楽しみに!!

続きを読む »

第9期生救急救命技術発表会・・・の前日
2006.07.18

明日01 明日02

明日03 明日04
・・・準備は整いました。

続きを読む »

迫る!救急救命科のメインイベント!!
2006.07.14

東海医療工学専門学校救急救命科、最大のイベント・・・それは、
1年生から今まで、学んできた事のすべてを駆使して行なわれる

「救急救命技術発表会」です!

今年は7月19・20日と2日間かけて、A組・B組の順番で行なわれます。

技術前01 技術前02
↑ 普段はふざけたりしていますけど(笑)  ↑ 顔、渋ッ!

指令が入ると・・・いざ!集中!!

技術前03 技術前04
↑ 「どうです?苦しくないですか?」     ↑ ミーティングも大事なんです。

技術前05 技術前06
↑ 「背部の出血なし!」            ↑ 「急いで固定!」

技術発表会では実際の現場と同じく、どんな症例に遭遇するのか、
傷病者がどんな状態であるのかなどは、想定した現場へ到着するまでわかりません。
そのために練習では、学生達自身が様々な事態を想定して練習を積んでいます。

続きを読む »

人生いろいろ、会社もいろいろ、救命科もいろいろです。 〜 放課後の自主練習 〜
2006.07.04

放課後、自主的に残って練習することは、
やはり、自分のプライベートな時間を割いての練習という事もあり、
学生のシミュレーション実習に取り組む姿勢も普段と違います!

それぞれ01 それぞれ02
↑ 実習の取り組み方は各班それぞれ。  ↑ 皆さん真剣に取り組んでいます。

続きを読む »

忘れた頃に、その日は突然やってきた・・・。
2006.07.03

昨年度のホームページコンテストの表彰式が行なわれました!

それぞれ07 それぞれ08

受賞された学生の皆さん、おめでとうございます!

※現在、本年度のホームページコンテストの投票を受け付けております。
  よろしければ、ご協力をお願いします!

続きを読む »

こんにちは〜 赤ちゃん♪ 〜 分娩シミュレーション 〜
2006.07.01

金曜日の授業で、2年生が分娩のシミュレーションを行ないました。

救急現場での分娩は非常にまれですが、母体の保護、新生児の救命という点で、
慎重かつ適切な対応が求められます。

実習は、救急車内で分娩という想定で講師の先生のアドバイスを受けながら、
分娩シミュレーション用資器材を用いて行なわれました。

分娩01 分娩03
                           ↑ 胎児の動きは手動で行ないます。

現在では、いきみ(息を込めて、お腹に力を入れる事)を防ぐための
「ヒィ、ヒィ、フー」という呼吸法はあまり推奨されてはいないらしく、
実際の分娩でも使われている「ファー、ファー、ファー」という呼吸法で行ないました。

母親役の学生も、介助する救急隊役の学生も自然と掛け声に力が入っていました。

分娩02 分娩04
     「おめでとうございます。」           「元気な男の子ですよ〜。」

続きを読む »

学校法人セムイ学園 東海医療工学専門学校
〒470-0203 愛知県みよし市三好丘旭3-1-3
TEL:0120-400588/0561-36-3303 FAX:0561-36-3654

救急救命科

基本情報 担任紹介 教育課程表 ブログ
端(橋)を渡らず、堂々と真ん中を歩いた。〜 屋外搬送訓練 〜

今週の水曜日、学校付近の歩道橋を使った搬送訓練を行いました!

突然の搬送指令に学生がどれくらい対応できるのか」を見たかったので、
学生には、事前説明は一切しない形で行うことにしました。

どのように行ったかといいますと・・・

① 数名の学生を無作為に選び出し、実習室から廊下へ連れ出す。

   教員:「傷病者役をやってもらいます。各自、好きなように倒れて下さい。」

搬送訓練01 搬送訓練02

↑ 学生の皆さんは、すごく協力的です(笑)

(そして、実習室に傷病者多数との指令が入り・・・)

② 教員:「残りの学生は自由にペアを組んで隊を作って下さい。
       搬送方法については実習室にあるものを使う事以外は、おまかせします。
       また、傷病者は歩道橋を渡り切った所まで搬送する事。」

というわけで・・・搬送開始!!

搬送訓練04 搬送訓練12
↑ 搬送距離が長いうえ、直射日光が体力を奪います。

搬送訓練03 搬送訓練06
↑ 中には徒手で搬送する学生も。

…続きを読む

2006.07.29
第9期生救急救命技術発表会・・・終了!!

第9期生救急救命技術発表会は皆様のご協力により、無事終えることができました。

2日間を通して、

大変お忙しい中、技術発表会にお越し頂いた皆様、

誠にありがとうございました。

そして、学生の皆さん、本当にお疲れ様でした!!

※ 発表会の様子については、また後日、
ブログにアップしたいと思います。お楽しみに!!

…続きを読む

2006.07.20
第9期生救急救命技術発表会・・・の前日

明日01 明日02

明日03 明日04
・・・準備は整いました。

…続きを読む

2006.07.18
迫る!救急救命科のメインイベント!!

東海医療工学専門学校救急救命科、最大のイベント・・・それは、
1年生から今まで、学んできた事のすべてを駆使して行なわれる

「救急救命技術発表会」です!

今年は7月19・20日と2日間かけて、A組・B組の順番で行なわれます。

技術前01 技術前02
↑ 普段はふざけたりしていますけど(笑)  ↑ 顔、渋ッ!

指令が入ると・・・いざ!集中!!

技術前03 技術前04
↑ 「どうです?苦しくないですか?」     ↑ ミーティングも大事なんです。

技術前05 技術前06
↑ 「背部の出血なし!」            ↑ 「急いで固定!」

技術発表会では実際の現場と同じく、どんな症例に遭遇するのか、
傷病者がどんな状態であるのかなどは、想定した現場へ到着するまでわかりません。
そのために練習では、学生達自身が様々な事態を想定して練習を積んでいます。

…続きを読む

2006.07.14
人生いろいろ、会社もいろいろ、救命科もいろいろです。 〜 放課後の自主練習 〜

放課後、自主的に残って練習することは、
やはり、自分のプライベートな時間を割いての練習という事もあり、
学生のシミュレーション実習に取り組む姿勢も普段と違います!

それぞれ01 それぞれ02
↑ 実習の取り組み方は各班それぞれ。  ↑ 皆さん真剣に取り組んでいます。

…続きを読む

2006.07.04
忘れた頃に、その日は突然やってきた・・・。

昨年度のホームページコンテストの表彰式が行なわれました!

それぞれ07 それぞれ08

受賞された学生の皆さん、おめでとうございます!

※現在、本年度のホームページコンテストの投票を受け付けております。
  よろしければ、ご協力をお願いします!

…続きを読む

2006.07.03
こんにちは〜 赤ちゃん♪ 〜 分娩シミュレーション 〜

金曜日の授業で、2年生が分娩のシミュレーションを行ないました。

救急現場での分娩は非常にまれですが、母体の保護、新生児の救命という点で、
慎重かつ適切な対応が求められます。

実習は、救急車内で分娩という想定で講師の先生のアドバイスを受けながら、
分娩シミュレーション用資器材を用いて行なわれました。

分娩01 分娩03
                           ↑ 胎児の動きは手動で行ないます。

現在では、いきみ(息を込めて、お腹に力を入れる事)を防ぐための
「ヒィ、ヒィ、フー」という呼吸法はあまり推奨されてはいないらしく、
実際の分娩でも使われている「ファー、ファー、ファー」という呼吸法で行ないました。

母親役の学生も、介助する救急隊役の学生も自然と掛け声に力が入っていました。

分娩02 分娩04
     「おめでとうございます。」           「元気な男の子ですよ〜。」

…続きを読む

2006.07.01

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ