学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
救急救命科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2019年9月22日()  
  • 2019年10月6日()  
  • 2019年11月10日()  
  • 2019年11月24日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 教育課程表 ブログ
救急救命科ブログ
JPTEC総合トレーニング開始!
2012.11.27

こんにちは、教員の大野です。
最近は「こんばんは」のフレーズでしたが
本日は太陽のあるうちに更新します。
救急医療 消防士.JPG
昨日は『車外救出』を実施予定でしたが
あいにくの雨のために急遽中断して
『総合トレーニング』に変更しています。
このトレーニングの目的は・・・


これまでの分野別のトレーニングを
すべて連動して行います。
しかも学生さんが自分で考えて!
この「考える」ことにより解剖生理学の
根拠も同時に考えるようになります。
どのような事故でどの臓器を損傷しやすく
同時にどのような症状を呈するか?
救急隊役としてトレーニングしていく
担当者とは別に「状況設定を作り出す」
いわば「シナリオライター」役です。
災害コーディネーター.JPG
実際にトレーニングを開始しましたが
必ずポイントをしぼって行うように
事前指導しています。
つい複合的な問題点をトレーニングすると
注意する事の焦点がぼやけてしまい・・・
トレーニングに消化不良を残す場合も・・・
あくまでも最初の段階では問題点は1か所に
限定して、徐々に増加していきます。
トレーニング終了後の「フィードバック」は
極めて重要になります。
仲間同士でも「言うべきこと」を伝えます。
馴れ合いではなく、お互いを向上していける
仲間である事を目標に「言いにくい欠点」でも
必ず前向きに伝えて改善を図ります。
ちなみに・・・
評価に関しては個人の評価も行いますが
「チーム全体」の得点が反映してきます。
つまり協力して成果を導くことも大事です!
ひとりで頑張って変化できるレベルでなく
「救急隊」として仲間同士の絆が重要にも
なってきます。
さまざまな意味でも・・・
総合的にトレーニングしていける実習です!
明日の天候次第では実技試験の日程まで
この「総合トレーニング」は継続して行い
学生同士の向上を図っていきます!
 
 

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療工学専門学校
〒470-0203 愛知県みよし市三好丘旭3-1-3
TEL:0120-400588/0561-36-3303 FAX:0561-36-3654

救急救命科

基本情報 担任紹介 教育課程表 ブログ
JPTEC総合トレーニング開始!

こんにちは、教員の大野です。
最近は「こんばんは」のフレーズでしたが
本日は太陽のあるうちに更新します。
救急医療 消防士.JPG
昨日は『車外救出』を実施予定でしたが
あいにくの雨のために急遽中断して
『総合トレーニング』に変更しています。
このトレーニングの目的は・・・


これまでの分野別のトレーニングを
すべて連動して行います。
しかも学生さんが自分で考えて!
この「考える」ことにより解剖生理学の
根拠も同時に考えるようになります。
どのような事故でどの臓器を損傷しやすく
同時にどのような症状を呈するか?
救急隊役としてトレーニングしていく
担当者とは別に「状況設定を作り出す」
いわば「シナリオライター」役です。
災害コーディネーター.JPG
実際にトレーニングを開始しましたが
必ずポイントをしぼって行うように
事前指導しています。
つい複合的な問題点をトレーニングすると
注意する事の焦点がぼやけてしまい・・・
トレーニングに消化不良を残す場合も・・・
あくまでも最初の段階では問題点は1か所に
限定して、徐々に増加していきます。
トレーニング終了後の「フィードバック」は
極めて重要になります。
仲間同士でも「言うべきこと」を伝えます。
馴れ合いではなく、お互いを向上していける
仲間である事を目標に「言いにくい欠点」でも
必ず前向きに伝えて改善を図ります。
ちなみに・・・
評価に関しては個人の評価も行いますが
「チーム全体」の得点が反映してきます。
つまり協力して成果を導くことも大事です!
ひとりで頑張って変化できるレベルでなく
「救急隊」として仲間同士の絆が重要にも
なってきます。
さまざまな意味でも・・・
総合的にトレーニングしていける実習です!
明日の天候次第では実技試験の日程まで
この「総合トレーニング」は継続して行い
学生同士の向上を図っていきます!
 
 

2012.11.27

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ