学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
救急救命科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2019年9月22日()  
  • 2019年10月6日()  
  • 2019年11月10日()  
  • 2019年11月24日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 教育課程表 ブログ
救急救命科ブログ
国家試験対策 開始!
2012.11.30

こんにちは、教員の大野です。
早いもので明日から12月の師走です!
本校の国家試験対策もスタートします。
救急救命士 国家試験.JPG
本日から第1回目の卒業試験まで・・・
残り20日となりました。
アッという間の3週間になります。
なお本日は第8回目となる国家試験形式の
定期試験を行います。
この段階で危機感を感じて・・・


早い段階から個人的に国家試験に励んでいた
学生さんに関しては成績が向上しそうです。
今後は国家試験受験日まで毎週1回は
国家試験形式の模擬試験を実施します。
また苦手克服試験やA対策試験などなど・・・
同時に試験をひたすら実施するだけでは
効率は極めて悪いと感じます。
大事であるのは「解説」であると感じます!
学生さんの「わからないこと」をこちらも
把握することに必死になることも・・・
答えの正解・不正解以上に大事なことです!
ちなみに・・・
この段階で一番重要なことに・・・
「意識する」ことが求められます。
『国家試験を自分は受験して合格する!!』
当たり前のことではありますが
認識がなければ行動に反映せず
時間の浪費になります。
意識することで「出席率」も向上して
理解力などの向上に反映してきます。
しかし・・・
今年の2年生の学生さんの多くが・・・
「意識する」ことにおいて能力が低いヒトが
少々多いように感じます。
卒業試験の合格率と国家試験の合格率の
低迷が危惧されてきます。
ココでいかに意識の改善を図るか?
遅刻・欠席がないのは当然であり!
自分自身のなかに「できる!」という
過信でなく自己認識を持っていく!!
個人的にはこの1週間の過ごし方次第で
いまの2年生のすべてを反映していくと
感じています。
私(大野)の数ヶ月間にわたる膨大な数の
問題作成と努力が報われるのでしょうか?(笑)
まずは本日の模擬試験を分析してみます!
 
 

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療工学専門学校
〒470-0203 愛知県みよし市三好丘旭3-1-3
TEL:0120-400588/0561-36-3303 FAX:0561-36-3654

救急救命科

基本情報 担任紹介 教育課程表 ブログ
国家試験対策 開始!

こんにちは、教員の大野です。
早いもので明日から12月の師走です!
本校の国家試験対策もスタートします。
救急救命士 国家試験.JPG
本日から第1回目の卒業試験まで・・・
残り20日となりました。
アッという間の3週間になります。
なお本日は第8回目となる国家試験形式の
定期試験を行います。
この段階で危機感を感じて・・・


早い段階から個人的に国家試験に励んでいた
学生さんに関しては成績が向上しそうです。
今後は国家試験受験日まで毎週1回は
国家試験形式の模擬試験を実施します。
また苦手克服試験やA対策試験などなど・・・
同時に試験をひたすら実施するだけでは
効率は極めて悪いと感じます。
大事であるのは「解説」であると感じます!
学生さんの「わからないこと」をこちらも
把握することに必死になることも・・・
答えの正解・不正解以上に大事なことです!
ちなみに・・・
この段階で一番重要なことに・・・
「意識する」ことが求められます。
『国家試験を自分は受験して合格する!!』
当たり前のことではありますが
認識がなければ行動に反映せず
時間の浪費になります。
意識することで「出席率」も向上して
理解力などの向上に反映してきます。
しかし・・・
今年の2年生の学生さんの多くが・・・
「意識する」ことにおいて能力が低いヒトが
少々多いように感じます。
卒業試験の合格率と国家試験の合格率の
低迷が危惧されてきます。
ココでいかに意識の改善を図るか?
遅刻・欠席がないのは当然であり!
自分自身のなかに「できる!」という
過信でなく自己認識を持っていく!!
個人的にはこの1週間の過ごし方次第で
いまの2年生のすべてを反映していくと
感じています。
私(大野)の数ヶ月間にわたる膨大な数の
問題作成と努力が報われるのでしょうか?(笑)
まずは本日の模擬試験を分析してみます!
 
 

2012.11.30

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ