学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海歯科医療専門学校

歯科技工士科2年生「パーシャルデンチャーの技工」授業風景

歯科技工士科2年生のパーシャルデンチャーの技工の授業風景です。

今回は個人トレーの製作を行いました。

歯が失われた口腔内の形は個人差が大きく既成の型取り用トレーでは精密な型が取りにくいため、患者様それぞれの口腔内にあったトレーを作る必要があります。そうして得られた精密な模型の上で入 れ歯などの補綴物の製作が始まります。

今回の授業では光を当てることで固まるレジン(樹脂)を用いて個人トレーの製作にあたりました。

 

歯科で扱う材料には様々な種類があり、レジンひとつにしても常温で固まるものや加熱して固まるもの、今回使ったように光を当てて固めるものと様々な特徴があるたひとつひとつ特徴と扱い方を学んでいきます。

歯科技工士科1年「美術とデザイン」

歯科技工士科1年生の授業「美術とデザイン」での風景です。

美術の授業は夏休み明けてからあり、現在は修了しています。

最初と最後の授業だけを登校し他の日は遠隔で行いました。

第1回目の授業では「鶴」を作ってから画用紙に描いていく授業で、折り方が分からない学生は学生同士で教えあっていました♪

難しいと言いながらも描き進めて上手だな~と思ってました!!

また、最後の授業では紙粘土で自由に立体の作品を作る授業で人ぞれぞれ個性が溢れており面白いく楽しそうだな♪と感じていました(笑)

歯科技工士科2年生「コンプリートデンチャーの咬合」授業風景

歯科技工士科2年生ではコンプリートデンチャーの咬合の授業が始まりました。

この授業では総入れ歯の咬み合わせについて学んでいきます。

総入れ歯はかみ合わせによって咀嚼(そしゃく)効率や口の中での安定感が大きく変わってきます。  

一定の法則に従って、咬ませる部分と逃がす部分を見極めながらひとつひとつ歯を並べていきます。

前歯部では人目につきやすく患者様の顔の印象にもかかわってきます。

人工歯の角度によって女性的に見えたり男性的に見えたりと並べ方によって印象も変わるため患者様に合った排列が必要とされます。

 

 

歯科技工専攻科「経営概論」授業風景

歯科技工専攻科の経営概論の授業風景です。

遠隔での授業となり、学生さんは自宅からの受講となりました。

グランド・ラボ株式会社の取締役で歯科医師でもある白石浩一先生に歯科業界を取り巻く環境や経営的側面から見た歯科技工についてなど様々なご講義をいただきました。

 

経営分析の手法を歯科業界に当てはめて歯科技工業界の現状や動向を考察したり、自己PRの仕方や社会人としてのマナーから取引先の開拓方法、社会保障制度に至るまで幅広く来年から歯科技工士として、そして社会人として働く学生さんにとって身につけた技術をどう社会に活かしていくのかを考える時間となりました。

 

 

 

 

歯科技工士科2年生遠隔授業風景

歯科技工士科2年生の遠隔授業の様子です。

今回の授業では、まず講義を行いその後問題を解いて解説を行っていく形で進めていきました。学生の皆さんは自宅での受講となりネット環境等の理由で自宅での受講が困難な学生の方は登校にて遠隔授業を受けました。

従来の黒板やプロジェクターを使った授業に比べ、手元で板書やスライド資料を見ながら解説を聞けます。また、疑問に思ったことはチャット等でも受け付けているためその都度、講師に疑問点を伝えることができます。

 

 

11月8日オープンキャンパス・スペシャルプログラムを開催

11月8日(日)13:00~オープンキャンパス・スペシャルプログラム(第1弾)として、エピテーゼ体験「シリコーンで自分の指を再現しよう!!の第2回を開催しました。

 

 

 

今回の実習では前回の10月4日(日)のオープンキャンパス・スペシャルプログラムの時に指の型をとり、シリコンへと置き換えたものに着色を行っていきます。

2回目からご参加の方にはあらかじめ用意しておいたシリコーンの指に着色をしていただきました。

指の色も単色ではなく様々な色が複雑に現れているため、自分の指の色を確認しながら着色を行っていきました。

 

   

 

 

受講者の方からは「普段、指の色について考えることもなかったのでこんなに色が複雑だとは思わなかった」、「着色が進むにつれてリアルになっていく指を見ながら楽しく実習ができた」との意見をいただきました。

 

次回のオープンキャンパスの開催日は12月6日(日)です。

皆さまのご参加をお待ちしています! 

 
オープンキャンパスの詳細・お申し込みはコチラ
 

11月8日オープンキャンパスを開催

11月8日(日)オープンキャンパスを開催しました。

本日は午前中に通常のオープンキャンパスを開催して、

午後にはオープンキャンパス・スペシャルプログラムを開催しました。

 

 

通常のオープンキャンパスでは歯ぐきを作る、歯肉形成の実習を行いました。

まず、モニター端末を通して講義(学校説明)を受けていただいてから

実習のデモンストレーションもリアルタイムで手元の端末や設置してあるモニターの画面上で確認していただきながら実習物の製作にあたりました。

 

 

午後からはオープンキャンパス・スペシャルプログラム(第1弾)として、エピテーゼ体験「シリコーンで自分の指を再現しよう!!」の第2回を開催しました。

 

次回のオープンキャンパスの開催日は12月6日(日)です。

 
オープンキャンパスの詳細・お申し込みはコチラ
 

歯科技工士科1年生「コンプリートデンチャーの技工」

歯科技工士科1年生のコンプリートデンチャーの技工の実習風景です。

総義歯(総入れ歯)の授業で咬合床(こうごうしょう)の製作を行いました。

今回は咬合堤のワックスを盛り上げました。

咬合堤は歯の並ぶ位置や顎の位置を決めるものとなるので適正な基準のもと作らなければなりません。

 

 

 

歯科技工専攻科「顎義歯製作」授業風景

歯科技工専攻科の顎義歯製作の授業風景です。

顎義歯では歯とともに失われた顎の一部をレジン(プラスチック)で回復するため、そのままではとても重い義歯となってしまいます。

そこで肉厚になる部分を中空にすることで軽量化を図り、患者様が使いやすく装着感の良いものとします。

 

 

ただ軽くするだけではなく、強度と軽さを兼ね備えたものにしなければならないため、ポイントを教えてもらいながら切削作業を行いました。

今回の模型では完成品の顎義歯の目標が15gということで、レジン床に穴をあけないように慎重に中空部の切削作業に取り組みました。

歯科技工士科2年生「歯科技工実習 エピテーゼ」授業風景

愛知医科大学病院の森下裕司先生によるエピテーゼの授業では学生がそれぞれに自分の鼻の型を採ってその上にシリコンとなる鼻のワックスアップを行いました。

 

 

 

学生の皆さんそれぞれに考えた形のワックスアップを行いました。

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

オープンキャンパスの見どころをチェック!

詳しく見る