学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海歯科医療専門学校

専攻科「審美歯科学」授業風景

専攻科ではプレスセラミックによるオールセラミックインレー製作の実習を行っています。

審美性の高いオールセラミックインレーの需要は多く、近年ではプレステクノロジーや材料の発達により従来の術式に比べて強度に加え製作工程も簡便になったため、広く普及しています。

専攻科では製作工程のコツや注意点に加え、ステイニングなど歯牙に調和させる方法を学んでいます。

専攻科「CAD/CAM技工学」授業風景

専攻科のCAD/CAM技工学の授業では前歯の3本ブリッジの製作をしています。

前歯ブリッジのフレームをCAD/CAMで製作し、そのフレームの上に陶材を築盛していきます。製作にあたり色調の目標としたのが各自の前歯部の色です。

各自前歯部の写真を撮り、数多くの種類がある陶材の中からどこにどのような色の陶材を盛るか、どのように透明感を出すかなど臨床経験の豊富な長谷川先生からアドバイスを受けて各自、陶材の選択をしていました。

専攻科「レントゲン読影」授業風景

大野公稔先生によるレントゲン読影の授業風景です。

レントゲンの情報をもとに歯科医師がどのような事を考えて治療を進め、歯科技工士にどのようなことを求めているのか等、歯科医師と歯科技工士がどのようにコミュニケーションをとっていく中で必要な考え方をご講義をしていただきました。

歯科技工士科1年生 彫刻ゼミ

歯科技工士科1年生を対象とした専攻科の学生による歯型彫刻ゼミの様子です。

普段から天然歯の彫刻を行っている専攻科のみなさんから歯をつくるうえで必要な歯の特徴や形態をとらえるポイントを教えてもらいました。

要点をまとめた資料をもとにわかりやすく解説してもらってから実習に移ります。

昨年度の歯科技工士国家試験に合格した専攻科の学生による歯型彫刻のゼミということで、1年生の皆さんも2年後の自分の姿をイメージしながら実習に取り組めたようです。

歯科技工専攻科「経営概論」授業風景

歯科技工専攻科の経営概論の授業風景です。

遠隔での授業となり、学生さんは自宅からの受講となりました。

グランド・ラボ株式会社の取締役で歯科医師でもある白石浩一先生に歯科業界を取り巻く環境や経営的側面から見た歯科技工についてなど様々なご講義をいただきました。

 

経営分析の手法を歯科業界に当てはめて歯科技工業界の現状や動向を考察したり、自己PRの仕方や社会人としてのマナーから取引先の開拓方法、社会保障制度に至るまで幅広く来年から歯科技工士として、そして社会人として働く学生さんにとって身につけた技術をどう社会に活かしていくのかを考える時間となりました。

 

 

 

 

歯科技工専攻科「顎義歯製作」授業風景

歯科技工専攻科の顎義歯製作の授業風景です。

顎義歯では歯とともに失われた顎の一部をレジン(プラスチック)で回復するため、そのままではとても重い義歯となってしまいます。

そこで肉厚になる部分を中空にすることで軽量化を図り、患者様が使いやすく装着感の良いものとします。

 

 

ただ軽くするだけではなく、強度と軽さを兼ね備えたものにしなければならないため、ポイントを教えてもらいながら切削作業を行いました。

今回の模型では完成品の顎義歯の目標が15gということで、レジン床に穴をあけないように慎重に中空部の切削作業に取り組みました。

歯科技工専攻科「最新矯正歯科学 拡大床」授業風景

最新矯正歯科学の授業風景です。

歯科技工専攻科の最新矯正歯科学では歯科技工士科の教科書等で学んだ矯正装置の知識をさらに深め、矯正装置の力の働き方や製作上の注意点を実際に製作することで習得する実習です。

矯正装置では形ができていても装置の特性を理解していなければ口の中で矯正機能を発揮できないものとなってしまいます。

今回の実習では拡大床を製作しました。   

拡大床とは顎の発達が弱く口が小さく、歯がきれいに並ぶスペースが確保できない場合に、ネジの力によって顎を広げて、歯並びやかみ合わせを改善するために用いる矯正装置です。

 

歯科技工専攻科「最新歯科理工学」授業風景

最新歯科理工学の授業風景です

今年の歯科技工専攻科の歯科理工学ではカスタムインイヤーモニター(個人の耳の形状に合ったイヤホン)の製作を行います。

一見、歯科技工とイヤホンと結びつかない気がしますが、補聴器の遮音性と装着感を高めるために歯科技工の技術を用いられていたこともあり材料、技術ともにカスタムイヤホンを製作するうえで入れ歯の製作と共通する部分が多くあります。

この授業ではカスタムイヤホンを実際に作ることで、それぞれの歯科材料の特性を学びます。

今回の授業をとおして歯科技工の技術の新たな活用方法を考える時間ともなりました。

歯科技工専攻科「口腔インプラント学」授業風景

歯科技工専攻科の口腔インプラント学の授業風景です。

 

 

 

 

 

口腔インプラントの上部構造としてオールセラミッククラウンを作るのですが、フレームにジルコニアを用いるためCAD/CAMシステムを用いての作業となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模型とあらかじめワックスアップしておいたフレームをパソコン上に取り込んで細かなデザインを行っていきます。

歯科技工専攻科「顎義歯」の製作

歯科技工専攻科では「顎義歯」製作の実習が始まりました。

 

顎義歯とは、ケガや手術、先天的な理由などにより生じた欠損を補填するための義歯(入れ歯)のことです。欠損部を封鎖することで咀嚼(噛む)、嚥下(飲み込む)、発音(会話)などの機能回復を目指します。

封鎖する範囲が広くなりがちな分、顎義歯自体も大きくなるため、通常の義歯よりも軽量化や動かないように固定するための工夫や複雑な形態への対応が必要となります。

 

学生さんは、顎義歯を歯に引っかけて固定するためのワイヤークラスプの設計や屈曲などに取り組みました。

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

行きたい日付をクリック

詳しく見る