学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海歯科医療専門学校

歯肉形成実習

学校独自の模型を使用して、歯肉形成の実習が始まりました。

講義で専門用語や作業工程の知識を学び、体験することでより深く知識が習得してくると思います!

↓先生のデモ見本です。

↑火の取り扱いに注意をしながらワックスを盛っていきます。

↑余分なワックスを削ったり、健康的な歯肉に見えるように形成中です。

↑手持ちバーナーを使用して最後の仕上げ作業中です。当てすぎるとドロッとなったり、手加減をすると融けなくて綺麗にならないので調整するのが難しい作業の1つです。

実習に合わせて様々な道具を扱うので気を付けながら行っています!

(歯科技工士科 小林)

1年生:美術とデザイン

本科1年の授業にお邪魔してきました♪

今回は「美術とデザイン」の授業です。

毎年、美術家の先生に影の付け方や観察力などを指導して頂いております。

最初の授業では立体物の鶴を折り、平面の画用紙にデッサンをする授業で鶴を折るところからスタートしました。久しぶりの学生もいれば、初めての学生もいてお互いに教えあいながら折る姿を見れました♪

↑カメラを向けたらサービスショットをくれました☺

また、最後の授業の様子もお届けします!

エンジン(切削・研磨する機械)を使用して石膏彫刻をしていました。今回は殻付きピーナッツを見本にして形を捉えていきます。

↑じっくり観察してますね👀!

殻を割り、中の状態を彫刻している学生さんもいましたよ♪

学生さんからは、

「美術の先生の知識が凄くて毎回勉強になってます!毎週授業を受けるのが楽しみなんです♪」

「彫刻がスゴく楽しいです!」

「絵を描くのは好きだけど、彫刻が苦手かもしれない💦」

「削っていたら少しずつ形になりました~!」

などの声を聴きました☺

他にも自画像、細密画などの授業がありました。皆さん上手くて驚きました(゚д゚)!

歯科技工士は「物を作る」職業と一括りになりがちですが、作るには形を捉える力が必要でその為に、作るものの参考模型をよく見てデッサンしたり、物を製作したりとします。

美術の授業が歯の彫刻、デッサン、ワックスアップなどと技工作業に通じている部分がありますし、国家試験にも実技試験があるのでしっかり繋げて欲しいです😊

歯科技工士科1年生 彫刻ゼミ

歯科技工士科1年生を対象とした専攻科の学生による歯型彫刻ゼミの様子です。

普段から天然歯の彫刻を行っている専攻科のみなさんから歯をつくるうえで必要な歯の特徴や形態をとらえるポイントを教えてもらいました。

要点をまとめた資料をもとにわかりやすく解説してもらってから実習に移ります。

昨年度の歯科技工士国家試験に合格した専攻科の学生による歯型彫刻のゼミということで、1年生の皆さんも2年後の自分の姿をイメージしながら実習に取り組めたようです。

歯科技工士科1年生「歯科医療と歯科技工」授業風景

岡部和幸先生による「歯科医療と歯科技工」の授業です。

東京のラボから遠隔での授業を行っていただきました。

 

 

 

 

 

長年ドイツで歯科技工に携わられてきた岡部先生に日本と世界の歯科医療の違いや考え方、また歯の価値について、ご講義いただきました。

 

コンピューターによる加工技術の発展に伴いデジタル技工化が進み、歯科技工業界の変化も著しい中、新しい価値感と今後より重要となる普遍的な歯科技工に関する考え方など、これからの時代に求められる歯科技工士像のヒントをいただきました。

歯科技工士科1年「美術とデザイン」

歯科技工士科1年生の授業「美術とデザイン」での風景です。

美術の授業は夏休み明けてからあり、現在は修了しています。

最初と最後の授業だけを登校し他の日は遠隔で行いました。

第1回目の授業では「鶴」を作ってから画用紙に描いていく授業で、折り方が分からない学生は学生同士で教えあっていました♪

難しいと言いながらも描き進めて上手だな~と思ってました!!

また、最後の授業では紙粘土で自由に立体の作品を作る授業で人ぞれぞれ個性が溢れており面白いく楽しそうだな♪と感じていました(笑)

歯科技工士科1年生「歯科臨床と歯科技工」授業風景

佐藤幸司先生の「歯科臨床と歯科技工」の授業風景です。

 

 

長年歯科技工業界の第一線で活躍されている佐藤幸司先生から歯科技工業界についてや、佐藤幸司先生の臨床経験から将来歯科技工士として働くにあたっての考え方や歯科医療に携わるうえでの心得など、医療人として必要な考え方をご講義いただきました。

歯科技工士科1年生「歯科材料の基礎実験」授業風景

歯科技工士科1年生の「歯科材料の基礎実験」の授業風景です。

この授業では材料の特性を理解して、より精度の高い補綴物を製作できるようになるために金歯、銀歯などのかぶせ物を製作する工程を材料の観点から学びます。

今回はクラウン(かぶせ物)に見立てたワックス原型の製作を行いました。

 

 

ワックスは加熱をして形状を加工するのですが、溶け出すタイミングや固まる瞬間などワックスを思い通りの形にするには特性を理解する必要があります。

実習を通して材料の特性を体感して学んでいきます。

心理とコミュニケーション

こんにちは、歯科技工士科の山口です。

 

昨年末から始まりました、歯科技工士科1年生を対象とした、臨床心理士の椎野 智子先生による「心理とコミュニケーション」の講義の様子をお伝えします😊

 

椎野先生の授業では、「コミュニケーション」や「相手への質問の種類」など、日常生活においてとても参考になる講義内容で、また心理学を用いた実習も行われていました。

 

 

 

 

 

普段目に見えるものだけでなく、目に見えない世界に触れて感じられることがあったかと思います。

「心理とコミュニケーション」の授業で感じたことを周りの人と話をして、自身の知見を深めていってほしいですね☺

 

 

そして、今週の日曜日(2月9日)にオープンキャンパスがあります!

是非お気軽にお立ち寄りください♪

 

 

(歯科技工士科 山口)

デジタル技工ゼミが始まりました!

こんにちは、歯科技工士科の山口です。

 

年明けから、歯科技工士科の1年生を対象とした「デジタル技工ゼミ」が始まりました!

初回は学校内にあるCAD/CAMの機器を使用し、歯のデザイン方法について学びました。

歯科用のCAD/CAMソフトを使用し、今回は下顎の6番(下の奥歯)の設計を行いました。

 

 

 

 

↑ デザインの途中で遊んでみたり・・・

 

 

近年CAD/CAMの技術の向上とともに、歯科業界でのデジタル化がとても進んでいるので、学生のうちからデジタルに触れ、どんどん慣れていってほしいと思います😊

 

 

(歯科技工士科 山口)

3Dモデル製作

こんにちは、歯科技工士科の山口です。

 

 

遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます。

冬季休暇明けの学生さんは大きな病気や怪我もなく、元気そうで何よりです😊

ですが、風邪やインフルエンザも周りで流行している為、予防をしっかり行いましょう!

 

 

昨年に引き続き、愛知学院大学歯学部 歯科理工学講座教授の河合 達志先生、堀 美喜先生、堀 直介先生、神長 信先生にお越しいただき、歯科技工士科の1年生を対象に進めている「情報工学とプログラミング」の授業の様子についてお伝えします。

 

今回の授業では、“ブレンダー”と呼ばれる3Dモデル製作ソフトを使用して、パソコン上で立体物の製作を行いました!

 

まずはソフトの基本動作につい説明を受け、

 

 ①基本的な丸や四角を画面上に再現する

 ②それらを組み合わせたものを製作する

 

というようなステップを踏んでいきました。

 

 

 

使い方次第で様々な形を製作することが可能だそうです!

そして学生さんの中にはこんなデザインを製作する方が・・・

 

 

↓ 下顎の第一大臼歯(下の奥歯)です😲

↑ 下の歯を上面から見た時の形態を巧みに再現していました!すごい!😲

 

 

次回までにちょっとした課題もあるそうなので、今回練習したことを活かして次回に繋げてほしいと思います!

 

 

 

(歯科技工士科 山口)

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

オープンキャンパスの見どころをチェック!

詳しく見る