学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海医療科学専門学校

スポーツと健康を学ぶ

看護科の1年生が『スポーツと健康』の観点から創作ダンスの実習を行いました。
 
スポーツやダンスを健康の保持・増進のための手段として理解し、身体を動かす楽しさや心地よさを感じながら、健康管理の方法を学ぶことが目的です。

本格的なダンスを学ぶため、本山先生から講義を受けます。

慣れないダンスに最初はぎこちなくタイミングもバラバラでしたが
練習を重ねるごとに、段々とチーム全体が纏まって行きます。

入学して約半年、難しい授業も多いですが学生たちは常に笑顔で頑張っています。

学内実習を行いました。

看護科の2年生が学内実習を行いました。
新型コロナウイルスの影響で学外実習を予定通り行うことが出来ないため、一部を学内施設で実施しました。
さらに来校する日程を1グループつづ振り分けて、学生同士が密にならないよう徹底した態勢で行っています。

写真は「部分浴」の実習です。
病気などによる身体的な理由で全身浴が難しい人に、手浴や足浴で手や足をきれいにして温めるケア方法です。
車椅子に移乗できる場合、ベッドで仰臥位のまま行う場合と、患者さんによって状況が違えば対応方法も変える必要があります。
また患者役を学生自身が努めることも、大切な学びに繋がります。

こちらの写真は「入浴介助」の実習です。
写真では上体を起こせる患者さんに対して浴室で洗髪を行っています。
患者さんに無理のない体勢を保ちながら、お湯が顔に掛からないよう慌てずゆっくりと行います。

実習で常に意識することは、患者に安心を与える声掛けです。
「体勢は辛くありませんか。」
「これからお湯を掛けますね。」
「さっぱりしましたね。」
入浴介助の実習では人形を用いていますが、それでも声掛けを忘れず真剣に取り組んでいました。

この経験が学生たちの成長につながると嬉しいです。

静脈血採血に挑みました。

20200715_看護_採血

看護科の2年生が「基礎看護学-健康を支える看護技術Ⅱ」の授業で静脈血採血に挑みました。

患者さんにとっては苦痛をともなう行為のため、より痛みを感じさせない技術が必要とされます。
どんな年齢の方を相手にしても静脈血採血ができるよう、1年生の静脈注射の授業で学んだ血管の名称・位置などの知識に加え、お互いに感染しないための技術も必要となります。

20200715_看護_採血_02

また、駆血(くけつ)時間を短くしなくてはならない採血は時間との勝負です。駆血している時間によって、検査値に影響が出ない、凝固によって再度血液を採取することが起きないよう細心の注意と正確な手技が求められます。
学生さんたちは、いつもよりさらに真剣な表情で取り組んでいました。

【駆血(くけつ)とは?】
駆血とは、採血などをする際にゴムやベルトを巻き、血管を浮き上がらせる行為のことです。

今、私たちにできること。

20200418_ns_s

新型コロナイウルスの感染が拡大する中、新学期の雰囲気を味わうことができずにいる看護科の学生たちですが、

「今、私たちにできること。」

を合い言葉にして、一つの行動を起こしました。

 

新型コロナウィルスと向かい合い、最前線で戦う、実習病院の方たちになにかできないかと考え。
1年生(新入生)・基礎看護学実習を控えている2年生、そして教員10名でメッセージボードを作りました。

学生は学校内にいる限られた時間の中で、自分たちが伝えられるメッセージを一生懸命考えてくれました。

 

これから看護を学ぶ1年生の

「今一生懸命最前線で戦っている看護師さんに憧れています。一緒に戦えるようになるために、勉強をがんばります。」

 

今看護を学んでいる途中にある2年生の

「僕らにできることを、必死に考えいつか力になれるよう頑張ります。」

という思いが、看護師として、医療従事者として必死に働いている皆様に、届いて欲しいと切に願います。

 

メッセージボードをご覧いただいた実習病院の看護部の方より、

「掲示して励みにします」と連絡をいただきました。

 

みんなの思いはきっと届くはず。

「今、私たちにできること」を合言葉に。

 

看護科教員

【後日談】
お送りしたポスターを稲沢市民病院様のホームページでご紹介いただきました。
詳細は下記のリンク先でご覧ください。
https://www.inazawa-hospital.jp/introduction/tsunagaro/

老齢期の看護

12/3は老齢期の患者に対する看護について学びました。

 

 

まずは専用の装具を付けて患者さんの状態を疑似体験します。

過去に妊婦体験も行いましたが、患者さんの気持ちを知るにためには自ら経験することが一番です。

老人役の人を介助しながら、一緒に階段を上り下りします。

P1140075

足元が良く見えない患者さんの安全を確保し、安心して歩行できるように介助します。

 

次は財布から小銭を出してもらいます。

P1140092

我々が当たり前に行っている動作がスムーズに出来ません。

「ゆっくりで良いですよ」やさしい声掛けも看護のひとつです。

 

ベットの介助では、普通に歩行できる場合と杖歩行の場合でベットの高さを変えてあげます。

他にも車いすから移乗する場合など、患者さんの状態で対応方法を変えなければいけません。

さらに脱いだ靴の揃い方で、筋力低下の程度を把握するなど観察も忘れてはいけません。

P1140103

 

実習は、座学では得られない知識と経験の宝庫ですね。

この経験が学生たちの成長につながると嬉しいです。

 

 

 

 

Big Snowman!

ハロウィンが終わり、東海医療科学専門学校ではクリスマスの飾付けが始まりました。

 

正面玄関で2.6メートルの大きなスノーマンがお出迎えしてくれます。

P1110553

 

クリスマスプレゼントも来るといいなぁ。

心臓マッサージ実習 ~~日々の成長~~

今年も残すところ2ヶ月となりました。

朝晩の冷え込みで秋の終わりを感じます。

 

看護科の実習のひとつに、心臓マッサージがあります。

災害医療で必ず求められる蘇生術であり、看護科では全員が専用の訓練キットを持ち訓練に励んでいます。

[心肺蘇生訓練キット スクーマン2]

 

こちらは入学して2日目の実習風景です。

IMG_0105

正しく圧迫出来た場合には『パチンッ』と音がなるのですが、なかなか上手く鳴りません。

無駄な部分に力が入りすぎて、体力も続きません。

 

そして、こちらの写真が今週の実習風景です。

P1110443

バチンッバチンッとリズミカルに音を鳴り響かせています。

P1110444

腕の角度、姿勢、目線、力加減など、入学当初から比べると見違えるくらいの上達です。

入学してからまだ半年ですが、日々の努力は確実に成果を上げています。

 

将来の看護師を目指して、これからも頑張って行きましょう!

 

 

Trick or Treat!

まだまだ暑い日が続きますね。

少し早いですが学校の正面玄関にハロウィンの飾付けが登場しました。

 

かぼちゃのお化けと海賊のガイコツがお出迎えをしてくれます。

ガイコツは授業で使用する骨格模型なので、とてもリアル!!

IMG_20190909_175940_3

楽しい学園生活、満喫中です!

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

行きたい日付をクリック

詳しく見る