学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

学園紹介/学園の特色

センパイVOICE

  • 在校生
  • 卒業生
  • 看護科
    山際さん
    岡崎城西高校 (愛知県) 出身

患者さんの気持ちを理解し、
最適な支援を行える
看護師を目指したい。

小さい頃から医療現場を舞台にしたドラマが好きで、人の助けになる仕事がしたいという思いから、看護師を目指すようになりました。
セムイ学園は学生と先生の距離が近く、いろいろな場面でサポートしていただける環境です。授業後に自主的に行う演習の練習なども、先生方は一緒に取り組んでくれます。授業はグループワークが多く、発表をするたびに、自分の意見をしっかり伝えるのが上手くなっているように感じます。実習も豊富で、実際の病院で行った「基礎看護学実習Ⅰ」では、患者さんとコミュニケーションを図りながら相手の気持ちや考えを理解する大切さを学び取りました。また、やさしい対応だけでは患者さんを救えないと気づかされ、一人前の看護師として活躍するためにも、看護に関する知識と技術をさらに深めていくことが必要だと感じる貴重な経験となりました。数多くの学びを力に変えて、熱心に指導してくれる先生方の期待に応えたいです。

  • 臨床工学科
    高坂さん
    愛知総合工科高校 (愛知県) 出身

豊富な参加型授業によって、
医学と工学の専門知識を
高いレベルで備えた臨床工学士に。

医療業界で働く姉の影響で憧れていた医療の仕事。その中でも、工業高校で学んだ知識を活かせると思い、臨床工学技士を志すようになりました。セムイ学園を選んだ最大の決め手は、オープンキャンパスで感じたアットホームな雰囲気です。楽しく学びながら、安心して夢を目指せると感じました。
入学後、特に感じたのは、工学系科目の授業が充実していることです。医学はもちろん、工学の専門知識も必要となる臨床工学技士を目指すのに、とても心強いです。さらに「基礎医学実習」をはじめとした参加型授業も豊富。与えられた課題に対して自分で考え自分で動く主体的な学びで、講義で学んだ知識への理解が深まり、実践的な技術も身につきます。実際の医療機器に触れる機会も多く、将来働くイメージが明確になりました。常に向上心を持ち、身につけた知識でたくさんの人を助ける臨床工学技士という目標へ、一歩一歩確実に近づいている実感があります。

  • 理学療法科
    鈴木さん
    岡崎商業高校 (愛知県) 出身

同じ目標を持つ仲間と
互いに助け合いながら、
理学療法士を目指せる環境です。

理学療法士を知ったのは、病気で入院した祖父がリハビリに励んでいると聞いた時です。仕事内容を調べていくうちに、元々希望していた人の役に立てる仕事だと知り、理学療法士を志望しました。その後、オープンキャンパスへ参加した際に感じた、先生のやさしさとアットホームな雰囲気が決め手となり、セムイ学園に決めました。
入学して印象的だったのは、クラスメイト同士で高め合える環境です。グループワークなど対話形式の授業はもちろん、授業後やテスト前にもクラスメイト同士で教え合うことが多く、同じ目標を持つ仲間たちと切磋琢磨しながら国家試験合格を目指しています。また、授業と学外実習の両輪で学びを進めるカリキュラムも魅力です。「見学実習」では、病院で働く理学療法士の方々の仕事を実際に見ることで、講義で学んだ治療方法などの知識を深めることができました。先生方や仲間たちへの感謝を胸に、これからも学び続けて、必ず夢を実現させます。

  • 作業療法科
    川村さん
    豊野高校 (愛知県) 出身

多様な授業を通して、
患者さんを笑顔にするための
専門技術を習得できる。

親が医療関係の仕事をしていたり、姉も医療系の学校に通っていたりと、小さい頃から身近だった医療職。作業療法士に興味を持って調べているうちに、自分も、患者さんに寄り添って社会復帰を支えるやりがいのある仕事がしたいと思うようになりました。いくつか専門学校のオープンキャンパスに参加しましたが、国家試験合格率の高さはもちろん、手作りテーションといった独自の取り組みや、先生方の親しみやすい人柄に魅力を感じたことが、セムイ学園を選んだ理由です。
入学してから感じたのは、幅広い授業展開。オリジナル教材を活用した講義や、学生同士で患者さんの検査を模擬体験する学内演習、切り絵や革細工などのさまざまな創作活動を通して、現場で役立つ知識や技術を確実に身につけることができます。また臨床実習では、病院で働く作業療法士の方とペアになって、実際に患者さんと接する経験もしました。さまざまな苦しみを抱える患者さんたちに寄り添うプロの姿に感動し、私も関わる方々を笑顔にしていける作業療法士になりたいと思いを新たにしました。

  • 柔道整復科
    西川さん
    鳥取城北高校 (鳥取県) 出身

トレーナーの資格も取得し、
スポーツを愛する
すべての人たちに貢献したい。

柔道整復師を目指したきっかけは、高校時代にやっていたソフトボールでケガをした私を、親身になって治療してくれた接骨院の先生に出会ったことです。その先生の姿を見て、スポーツを楽しむ方々をトレーニング指導や施術などを通して多角的に支えていきたいと思うようになり、NSCA認定のパーソナルトレーナー資格も同時に目指せるセムイ学園を選びました。
柔道整復科は1学年30名の少人数制のため、学生一人ひとりに合わせたサポートで、確実に成長していける環境です。同じ夢を追いかける仲間たちとお互いに高め合う雰囲気もあり、学生と先生が一丸となって国家試験合格を目指しています。また、接骨院の先生やスポーツトレーナーとして、現役で活躍されている先生が多いので、現場での経験にもとづいた、生きた知識・技術を学べます。私もいつか、先生方と肩を並べられるプロフェショナルになれるようにがんばっています。

  • 言語聴覚科
    島田さん
    静岡大学 (静岡県) 出身

さまざまな背景を持つ
仲間たちの存在が、
夢への後押しになる。

言語聴覚士を意識したのは、祖母の入院がきっかけです。寝たきりで動けない患者さんたちにとって、人と話すこと、ごはんを食べることは生きがいなんだと気づかされ、それらを取り戻す仕事に魅力を感じました。
社会人経験を経てからの挑戦だったため、学校を選ぶ際に重視したのは、入学後の勉強や学生生活に安心感が持てるかどうか。セムイ学園は合格率に加えて卒業率も高く、オープンキャンパスではアットホームかつ落ち着いた雰囲気を感じられたことが決め手となりました。クラスメイトの多くがセカンドキャリアに向けた学生で、学習意欲が非常に高いです。年齢も入学の背景も違う仲間たちと協力しながら、働く上で必要な専門知識や技術を身につけることができます。学校付属の訓練施設で子どもたちを相手にした学内演習で実感した、目の前の患者さんと向き合う大切さを忘れず、将来は、相手に寄り添い、生きる楽しさを与えられる言語聴覚士として活躍したいです。

  • 歯科技工士科
    加藤さん
    日進高校 (愛知県) 出身

確かな知識と技術を身につけ、
患者さんと歯科医師から
信頼される歯科技工士になる。

小さい頃から近くで見てきた、歯科医師である父の働く姿。そんな父と関われる仕事がしたいと思い続け、歯科技工士を目指すようになりました。セムイ学園を選んだのは、オープンキャンパスで体験実習をした際に、やさしく指導してくださった先生と出会い、この学校なら安心して勉強できると思ったからです。
この学校の特長でもある少人数制の授業では、学生一人ひとりに対して基礎から丁寧に指導してもらえるので、つまずくことなく学ぶことができます。また「情報工学」の授業では、スキャナーを使って、口腔内の状態をデータとして保存することで作業効率を上げる実践的な手法を学びました。最新技術とともに、作業スピードの大切さを実感し、自分がどのように働いていきたいか、イメージが明確になった気がします。将来はここで学んだ専門知識と技術を活かして、一人でも多くの患者さんを笑顔にしていくことが目標です。さらには、父のような歯科医師からも信頼される歯科技工士になりたいです。

  • 救急救命科
    久野さん
    東郷高校 (愛知県) 出身

迅速かつ適切な処置について
頭と体を使って理解し、
学び続ける大切さを知った。

私が救急救命士を意識したのは小学生の時です。職場見学で訪れた地元の消防署で、当時としては珍しい女性の救急救命士の方に出会ったことが始まりでした。傷病者のもとにいち早く駆けつけ、寄り添いながら適切な救命処置をする姿に憧れました。その想いは中学、高校と変わらず、高校卒業後の進路も、救急救命士の資格取得を目指せる学校へ進学したいと決めていました。
セムイ学園を選んだのは、参加したオープンキャンパスで、救急救命士としての経験が豊富な先生方から学べるだけでなく、徹底した国家試験対策を行っていると知ったからです。また、愛知県内でセムイ学園だけが、2年間で国家試験の受験資格を取得できることも決め手となりました。医学部並みの知識を身につけるカリキュラムが組まれているのも特徴で、「解剖」の授業では、ブタの心臓を使って臓器構造や機能への理解を深めています。医療は常に進歩を続けているので、現場に出てからも最適な処置を追求し、学び続けていきたいです。

東海医療科学専門学校

臨床工学技士

恒川さん
総合病院(愛知県名古屋市) 臨床工学室 臨床工学課勤務

工学、医学の両方を学び、患者さんの役に立てる。それが最大の魅力。

臨床工学技士として、病院内で主にオペ室業務、透析業務に携わっています。
手術室に入るオペ室業務では、手術中の患者さんの血液の回収などを行います。最初にオペ室に入った時は、何が行なわれていて、自分が次に何をして良いかわからないことも多かったですが、一年ほど経験したことで、今はかなり慣れて手際よく業務を行うことができるようになりました。
業務の8割を占める透析業務は機器の設定などを通して、患者さんと直接触れ合える場面です。透析には様々な症状の患者さんが訪れます。やっぱり患者さんの状況が透析により改善されていくのを見られるのが喜びです。患者さん個人に合わせた透析ができるようにと心掛けています。

理学療法士

伊藤さん
総合病院(愛知県海部郡)リハビリテーション科勤務

一歩一歩患者さんとの信頼関係を築いていきます。

患者さんと日々接する中で、いろいろなことを教えられています。ケガの完治や社会復帰を任されているのですから、責任も強く感じます。リハビリでは患者さんの病状や身体機能、精神面などを評価し、より有効的な治療プログラムを考えていきます。知識や技術はもちろんですが、患者さんのことをしっかりと見て、信頼関係を築くことが第一歩。なによりも大切にしているのはコミュニケーションです。患者さんはそれぞれに不安や悩みを抱え、入院しておられます。そんな入院生活が少しでも楽しく充実したものになるようにも心がけています。元気になられ、そして自宅や社会へと復帰される時には、感動や喜び、やりがいを強く感じることができます。

作業療法士

杉浦さん
総合病院(愛知県豊川市)リハビリテーション科勤務

セムイ学園で教えられた患者様一人ひとりの「個性」の大切さを現場でも実感しています。

患者様一人ひとりに寄り添うことは、簡単なことではありません。そんな時、私を支えてくれるのは、学校で教えられた「個性」ということです。例えば「手作りリテーション」の授業では、同じものを作っても、人それぞれに違うものができます。同じ疾患を持った患者様でも、症状や悩みはそれぞれに違います。その悩みを一つ一つ乗り越えていく患者様に寄り添い、日々回復していく姿を実感した時、この仕事のやりがいを強く感じます。そして、「いつもありがとう」と感謝していただけると、心から嬉しい気持ちになります。私たちの仕事は、人と関わる仕事です。患者様はもちろん、そのご家族や他の職種のスタッフなど、人と人との信頼感が大切になります。

柔道整復師

中村さん
整形外科クリニック(愛知県岡崎市)勤務

スポーツに関わる仕事がしたいと、この道に進むことを決意!

小学生の頃からプロ・サッカー選手を目指していましたが、中学生の時に大きなケガをした際にリハビリで柔道整復師と出会ったのがこの仕事を目指すきっかけになりました。
東海医療科学専門学校では、業界を代表する柔道整復師の先生が多くいらっしゃり、症例の多さはもちろん、解剖知識も豊富で、筋肉を触り分ける力が素晴らしく、学生時代にはとても勉強になりました。
働き始めてからは、患者さんの痛みやケガが徐々に回復していく姿を見ることが一番のやり甲斐です。また、ギブス固定などができることからどんどん任せていただける環境なので、日々成長していることを実感しています。

言語聴覚士

西脇さん
総合病院(愛知県北名古屋市) リハビリテーション科勤務

仕事の本当の意味がわかるのは現場に出てから5年後だとあらためてかみしめています。

言語聴覚士として、今年で臨床8年目を迎えました。この数年学生の時の実習でお世話になった先生の言葉を改めて思い出しています。それは、「この仕事の本当の意味がわかりかけてくるのは、働きはじめて5年以上たってからです、現場に出て5年後、あなたが言語聴覚士になるのだと決めた理由をもう一度思い出して下さい。そして、その思いに本当に近づけているかを考えてみなさい」という言葉です。
まだまだこの仕事の奥深さにとまどうことも多く、自問自答の毎日です。しかし、つねに初心を忘れないことを大切に心に刻んで患者さんと接しています。リハビリで回復していく患者さんの笑顔と「ありがとう」の言葉は、いつも私に勇気を与えてくれます。

社会福祉士

伊藤さん
コミュニティソーシャルワーカー(CSW)

この街に暮らして良かったと思える地域にしたい。

地域の皆さまや行政、関係機関と協働して、「住みやすい街づくり」に取り組んでいます。多くの方々との協力が不可欠な仕事のため、顔の見える関係づくりを意識しています。自分の住んでいる街を暮らしやすく変えていけることはやりがいのひとつ。1人でも多くの方が、この街で暮らして良かったと思える地域づくりをしていきたいです。

社会福祉士

飯島さん
職種 医療ソーシャルワーカー(MSW)

伝えることの難しさを痛感。
患者さんやご家族により良い支援をしたい。

私は高度急性期病院に勤務し、医療ソーシャルワーカー(MSW)として外来患者さんとそのご家族に接しています。 業務では伝えることの難しさや言葉の選び方に苦労しています。 また多くの社会保障制度があり、どの制度が患者さんにとって有益かを判断しなければいけない難しさも感じています。これから多くの患者さんとご家族との出会いがあると思います。様々な相談を受ける中で、患者さんやご家族により良い支援ができるように、自己研鑽に努めていきたいです。

東海歯科医療専門学校

歯科技工士

大畑さん
総合病院(愛知県丹羽郡)勤務

患者さんの役に立てることを感じ、毎日が充実した日々です。

歯科技工になろうと思ったきっかけは何ですか?

進路を迷っていたときに自分の得意なことを考えたら、細かなことをするのが好きだったことを思い出しました。
そこで歯科技工士という仕事を知り、まずはオープンキャンパスに参加してみようと思いました。
東海のオープンキャンパスに参加してみて、体験実習が楽しかったのと、職場見学で技工士さんが自分の手で補綴物を作る姿を見て感動し、この仕事を目指そうと決心しました。

仕事のやりがいを教えてください。

私は総合病院の歯科口腔外科に就職しました。
テック、コア、インレー、クラウン、ブリッジ、義歯修理など幅広く携わることができます。
全てを自分が最初から最後まで製作するので、「自分が作ったんだ!」よいう達成感があります。
また、病院ということもあり、急ぎで義歯修理と頼まれることもありますが、患者さんのために自分が役立てていることを身近に感じられることが、一番のやりがいだと思います。

今後の目標は?

今は先輩にいろいろ教えてもらいながら仕事をしていますが、自分で考えて自信を持って補綴物を製作できるようになりたいです。
また、卒業して勉強が終わりではなくて、現場に出てから勉強することがたくさんあります。
分からないことは自分で追求し、毎回自分の製作物の質を向上できるように日々努力していきたいです。

東海医療工学専門学校

救急救命士

中路さん
名古屋市消防局勤務

「救える命を救いたい。」常に向上心を持って励んでいます。

 私が小学校の時に祖父が脳卒中で倒れた時に、救急隊の方が迅速に対応して助けてくれました。また高校時代には、私自身が野球の試合中に頭を強く打って意識不明になり、救急隊の方に助けてもらいました。これらの体験がきっかけで救急救命士を知り、東海医療工学専門学校へ進学しました。 私が卒業する年は国家試験の内容が大きく変わり合格率が大幅に下がりましたが、教科書を繰り返し読み、学校の先生方のサポートも受けて猛勉強することで無事合格することができました。
消防官になると、まず消防学校で初任科教育を受けますが、ここで自分の体力のなさを痛感します。振り返ってみると体力強化のため、ひたすら走っていた記憶しかありません。その後、体力はつきましたが体重が10キロ近く減りました。
消防署に配属になると、24時間勤務(昼・夕の食事休憩各1時間、仮眠休憩6時間程度を含む)に慣れるのに時間がかかりました。初めて火災現場に出動した時は見たことのない大きな炎を目前にし、恐怖感を覚えました。
現在は消防業務と救急業務を兼務しています。救急救命士の特定行為(器具を用いた気道確保や薬剤投与など)を行うには、救急業務を定められた期間だけ行う必要があります。まだまだ時間がかかりますが、高校時代からずっと「救える命は救いたい。」という強い気持ちを持っているので、将来的には救急救命士の特定行為ができるようになりたいです。
これから入学する人には、まずは体力が勝負なので、少しずつでも日々体力増強に努めて下さい。学校にあるトレーニング器具を活用するのもよいと思います。また消防署に勤務すると出動以外の時間が十分あるので、時間を有効に使い自己研さんに励んで下さい。常に向上心を持って頑張って下さい。