学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
中国基礎医学研修 報告??
2006.08.10

今日からいよいよご遺体を前にしての実習です。
まずは、解剖に入る前にディスポ(使い捨て)のガウン、帽子、手袋、マスクを着用します。その後、簡単に解剖の手順の講義を受けます。
0809-01解剖前講義??DSCF9298.jpg

0809-02解剖前講義??DSCF9299.jpg


今、講義を受けている解剖室の隣には、朝の時点ですでにご遺体が準備されていました。
ご遺体は4体あります。学生はそのご遺体の間にある棚へ荷物をいれて着替えます。今朝解剖室に入った時点ですでにご遺体が準備されていたため、心の準備の整っていない学生は、ご遺体と突然の対面し少々驚いていました。

※ ここからは、カメラの撮影は禁止となります。

ご遺体は思ったほど臭いはありません。それは、この解剖室の空調設備が整っているからです。
解剖を行う前は、全員ご遺体に敬意を称して1分間の黙祷を行います。

解剖の実習は4つのグループに分かれて行います。
今日の課題は上肢の解剖のためまずは上腕にメスを入れる部位をチョークで下書きします。
初めて触れる解剖の道具類。メスをもった学生の手は小刻みに震えていました。
いよいよ、学生自身が解剖を始めます。
始めはご遺体にメスを入れても、切り込みが浅く切れない学生が多数いましたが時間がたつにつれて、コツをつかんだ学生はどんどん解剖を行っていき血管、神経、筋肉を自分たちで見つけ出しメス、セッシを用いて剥離していきます。
始めは、ご遺体の解剖に目を背けていた学生も、すぐに慣れ積極的に解剖に参加しました。

ご遺体の性別、体格は様々です。
特に体格の良いご遺体は皮下脂肪が大変多く、指導してくださっている先生もすぐにメスが切れなくなり悪戦苦闘です。

そして昼休みです。
0809-03昼食??DSCF9303.jpg

中国の食事では、大皿にご飯とおかずが一緒に盛りつけられてきます。
0809-04昼食??DSCF9304.jpg

この日の昼食ででたスープは大変甘く、スイカが入っていました。
中国独特の味に学生も恐る恐る口にします。
0809-05昼休憩DSCF9315.jpg

今日からの昼休みは、11:30〜14;:00と1時間長くなりました。これは毎日のハードスケジュールのため学生に昼寝をさせるためです。特に解剖は想像を超えるほどの体力を消耗します。
昼寝は、レストランのソファーorバスの中です。この昼寝を取り入れたおかげで、午後からの解剖はいつも以上に集中して望めました。

午後からの解剖の後は、いつもの様に確認のテストを行います。
しかし、日本での教科書やペーパーテストとは違い、講師の先生の指示する血管、神経、筋肉を自分の手で実際の解剖したご遺体の中から探し出し、学生自らの手でつまんで口答します。

夕食後の光景です。
今日の夕食から体調を配慮して、希望の学生にはお粥が提供されました。
0809-06夕食後DSCF9317.jpg

夕食後の少しの時間、大半の学生はその日の宿題をしています。

明日の実習は下肢の解剖になります。
学生の体調も少しづつですが回復傾向にあります。
また、明日からもがんばりましょう。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
中国基礎医学研修 報告??

今日からいよいよご遺体を前にしての実習です。
まずは、解剖に入る前にディスポ(使い捨て)のガウン、帽子、手袋、マスクを着用します。その後、簡単に解剖の手順の講義を受けます。
0809-01解剖前講義??DSCF9298.jpg

0809-02解剖前講義??DSCF9299.jpg


今、講義を受けている解剖室の隣には、朝の時点ですでにご遺体が準備されていました。
ご遺体は4体あります。学生はそのご遺体の間にある棚へ荷物をいれて着替えます。今朝解剖室に入った時点ですでにご遺体が準備されていたため、心の準備の整っていない学生は、ご遺体と突然の対面し少々驚いていました。

※ ここからは、カメラの撮影は禁止となります。

ご遺体は思ったほど臭いはありません。それは、この解剖室の空調設備が整っているからです。
解剖を行う前は、全員ご遺体に敬意を称して1分間の黙祷を行います。

解剖の実習は4つのグループに分かれて行います。
今日の課題は上肢の解剖のためまずは上腕にメスを入れる部位をチョークで下書きします。
初めて触れる解剖の道具類。メスをもった学生の手は小刻みに震えていました。
いよいよ、学生自身が解剖を始めます。
始めはご遺体にメスを入れても、切り込みが浅く切れない学生が多数いましたが時間がたつにつれて、コツをつかんだ学生はどんどん解剖を行っていき血管、神経、筋肉を自分たちで見つけ出しメス、セッシを用いて剥離していきます。
始めは、ご遺体の解剖に目を背けていた学生も、すぐに慣れ積極的に解剖に参加しました。

ご遺体の性別、体格は様々です。
特に体格の良いご遺体は皮下脂肪が大変多く、指導してくださっている先生もすぐにメスが切れなくなり悪戦苦闘です。

そして昼休みです。
0809-03昼食??DSCF9303.jpg

中国の食事では、大皿にご飯とおかずが一緒に盛りつけられてきます。
0809-04昼食??DSCF9304.jpg

この日の昼食ででたスープは大変甘く、スイカが入っていました。
中国独特の味に学生も恐る恐る口にします。
0809-05昼休憩DSCF9315.jpg

今日からの昼休みは、11:30〜14;:00と1時間長くなりました。これは毎日のハードスケジュールのため学生に昼寝をさせるためです。特に解剖は想像を超えるほどの体力を消耗します。
昼寝は、レストランのソファーorバスの中です。この昼寝を取り入れたおかげで、午後からの解剖はいつも以上に集中して望めました。

午後からの解剖の後は、いつもの様に確認のテストを行います。
しかし、日本での教科書やペーパーテストとは違い、講師の先生の指示する血管、神経、筋肉を自分の手で実際の解剖したご遺体の中から探し出し、学生自らの手でつまんで口答します。

夕食後の光景です。
今日の夕食から体調を配慮して、希望の学生にはお粥が提供されました。
0809-06夕食後DSCF9317.jpg

夕食後の少しの時間、大半の学生はその日の宿題をしています。

明日の実習は下肢の解剖になります。
学生の体調も少しづつですが回復傾向にあります。
また、明日からもがんばりましょう。

2006.08.10

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ