学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
腹膜透析(CAPD)特別講義
2007.07.05

血液浄化の授業にてJMSの方に腹膜透析(CAPD)についての講義を行って頂きました。
JMS特別講義01  JMS特別講義02


腹膜透析(CAPD)とはお腹の腹腔内に透析液を貯留させ腹膜を利用して血液中の毒素を取り除く治療です。
今回はJMSの方に様々な実際に使用している材料や機器を見せてもらうことができ充実した実習となりました。

JMS特別講義(試飲)03  JMS特別講義(試飲)04

腹膜透析での除水はブドウ糖の濃度を濃くしてその浸透圧差により水を腹腔内へ引き込みます。
実際に少量を試飲してみるとこれが、意外な味にびっくり!
ブドウ糖の添加が多いため甘いイメージがありますが、実際は塩気の方を強く感じます。

JMS特別講義(ビデオ)05  JMS特別講義(ビデオ)06

JMS特別講義(ビデオ)07

講義では、お腹の中に入れる腹膜透析用カテーテルを実際に見せてもらい、またカテーテル挿入の手術ビデオを鑑賞しました。

大まかな腹膜透析の説明を受けた後は、実際の腹膜透析用のバックを使用して実技の説明に入ります。

JMS特別講義(透析液)08  JMS特別講義(透析液)09

JMS特別講義(透析液)11

接続されたチューブを思いっきり引っ張りますが、切断することはありません。
JMS特別講義(チューブ)12

実技は2グループに分かれて行います。
グループの中で患者役を決め、実際に患者さんが腹膜透析をどのようにして行っているのか注意事項やポイントを勉強します。
また、実際の機械に触れ腹膜透析というものが家庭でどのようにして行われているか?さまざまな質問が出ました。

JMS特別講義(実技)13  JMS特別講義(実技)14

JMS特別講義(患者役)19  JMS特別講義(実技)16

学生からの質問は様々で、
   ・廃液された液はどこへ捨てる?
   ・家まで液を届けてくれる郵送料の負担は誰がするのか?
   ・腹膜透析の機械の値段は?
   ・災害などの時はどうするのは?
   ・停電したときは?
   ・チューブにつながれた状態でトイレに行ける?
   ・寝返りはできるの?
など、様々です。

JMS特別講義(患者役)17  JMS特別講義(患者役)18

JMS特別講義(実技2)20  JMS特別講義(実技2)21

JMS特別講義(実技2)22  JMS特別講義(実技2)23

JMS特別講義(実技2)24  JMS特別講義(実技2)25

JMS特別講義(実技2)26  JMS特別講義(実技2)27

JMS特別講義(実技2)28  JMS特別講義(実技2)29

JMS特別講義(実技2)30  JMS特別講義(実技2)31

この機械はADPを行う機械で、夜間に寝ている間に腹膜透析を行うための装置です。
JMS特別講義(APD)32  JMS特別講義(APD)33

JMS特別講義(APD)34  JMS特別講義(廃液の色)35

最後に腹膜透析の廃液されたもの(正常廃液、異常廃液)の擬似的に作成されたサンプルを見せてもらい、今回の実習は終了です。

今回講義を受けた腹膜透析(CAPD)はまだまだ日本全体では普及率があまりなく、臨床工学技士が直接に関わっている施設はほとんどありません。
しかし、今後臨床の現場で働くこととなったときに、血液透析も大切ですが腹膜透析という治療法もあるということを是非とも覚えていてほしいと思います。

今回、これだけの資材と機器を使用しての実習はJMSの方々の協力がなければ行うことはできませんでした。この場をかりてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
腹膜透析(CAPD)特別講義

血液浄化の授業にてJMSの方に腹膜透析(CAPD)についての講義を行って頂きました。
JMS特別講義01  JMS特別講義02


腹膜透析(CAPD)とはお腹の腹腔内に透析液を貯留させ腹膜を利用して血液中の毒素を取り除く治療です。
今回はJMSの方に様々な実際に使用している材料や機器を見せてもらうことができ充実した実習となりました。

JMS特別講義(試飲)03  JMS特別講義(試飲)04

腹膜透析での除水はブドウ糖の濃度を濃くしてその浸透圧差により水を腹腔内へ引き込みます。
実際に少量を試飲してみるとこれが、意外な味にびっくり!
ブドウ糖の添加が多いため甘いイメージがありますが、実際は塩気の方を強く感じます。

JMS特別講義(ビデオ)05  JMS特別講義(ビデオ)06

JMS特別講義(ビデオ)07

講義では、お腹の中に入れる腹膜透析用カテーテルを実際に見せてもらい、またカテーテル挿入の手術ビデオを鑑賞しました。

大まかな腹膜透析の説明を受けた後は、実際の腹膜透析用のバックを使用して実技の説明に入ります。

JMS特別講義(透析液)08  JMS特別講義(透析液)09

JMS特別講義(透析液)11

接続されたチューブを思いっきり引っ張りますが、切断することはありません。
JMS特別講義(チューブ)12

実技は2グループに分かれて行います。
グループの中で患者役を決め、実際に患者さんが腹膜透析をどのようにして行っているのか注意事項やポイントを勉強します。
また、実際の機械に触れ腹膜透析というものが家庭でどのようにして行われているか?さまざまな質問が出ました。

JMS特別講義(実技)13  JMS特別講義(実技)14

JMS特別講義(患者役)19  JMS特別講義(実技)16

学生からの質問は様々で、
   ・廃液された液はどこへ捨てる?
   ・家まで液を届けてくれる郵送料の負担は誰がするのか?
   ・腹膜透析の機械の値段は?
   ・災害などの時はどうするのは?
   ・停電したときは?
   ・チューブにつながれた状態でトイレに行ける?
   ・寝返りはできるの?
など、様々です。

JMS特別講義(患者役)17  JMS特別講義(患者役)18

JMS特別講義(実技2)20  JMS特別講義(実技2)21

JMS特別講義(実技2)22  JMS特別講義(実技2)23

JMS特別講義(実技2)24  JMS特別講義(実技2)25

JMS特別講義(実技2)26  JMS特別講義(実技2)27

JMS特別講義(実技2)28  JMS特別講義(実技2)29

JMS特別講義(実技2)30  JMS特別講義(実技2)31

この機械はADPを行う機械で、夜間に寝ている間に腹膜透析を行うための装置です。
JMS特別講義(APD)32  JMS特別講義(APD)33

JMS特別講義(APD)34  JMS特別講義(廃液の色)35

最後に腹膜透析の廃液されたもの(正常廃液、異常廃液)の擬似的に作成されたサンプルを見せてもらい、今回の実習は終了です。

今回講義を受けた腹膜透析(CAPD)はまだまだ日本全体では普及率があまりなく、臨床工学技士が直接に関わっている施設はほとんどありません。
しかし、今後臨床の現場で働くこととなったときに、血液透析も大切ですが腹膜透析という治療法もあるということを是非とも覚えていてほしいと思います。

今回、これだけの資材と機器を使用しての実習はJMSの方々の協力がなければ行うことはできませんでした。この場をかりてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

2007.07.05

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ