学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
患者食は美味しい・・・かも!
2008.06.20

本日の血液浄化の実習は調理実習です。
血液浄化では臨床工学技士であれ、臨床の現場で患者さんに栄養指導(アドバイス)を行うこともしばしばあります。その様な時に今日の実習で身につけた知識を是非臨床の現場で生かしてもらえればと思い企画しました。
栄養指導(調理実習)01top  栄養指導(調理実習)02top



今日の講義では昨年もお願いしました管理栄養士の先生に来て頂きました。
栄養指導(調理実習)03管理栄養士

今日の献立は、にんじんゼリー、チキンカレー、もやしの和え物の3品です。

まずはにんじんゼリーの作り方の説明です。
栄養指導(調理実習)04説明  栄養指導(調理実習)05説明

☆にんじんゼリーのレシピ☆
材料(8人分)
にんじん 200g
砂糖 大さじ4杯
ハチミツ 大さじ3杯
レモン汁 大さじ4杯
水 全体量が400ccになるように水を加える。
ゼラチン 10g(2袋)
湯 100cc

※下準備
①ゼラチンをあらかじめ水でふやかししっかりと混ぜておきます。
②にんじんの皮をむき、茹でやすい大きさに切っておきます。
栄養指導(調理実習)06ゼリー

<作成>
①下準備で切っておいたにんじんを柔らかくなるまで茹でます。
栄養指導(調理実習)07ゼリー

②ゆで汁をしっかりきったにんじんと水300ccを加え、ミキサーにかけます。
栄養指導(調理実習)08ゼリー

③ミキサーにかけたにんじんを計量カップに入れ、総量が400ccになるように水を加え鍋に移します。

④にんじんの入った鍋に火をかけ下準備でふやかしておいたゼラチンを加えゼラチンをよく溶かします。
栄養指導(調理実習)11ビデオ

⑤ゼラチンが溶けたら砂糖・ハチミツ・レモン汁を加えます。
栄養指導(調理実習)10秤  栄養指導(調理実習)09砂糖はちみつ

※④・⑤の作業中煮立たせてはいけません。
⑥あら熱がとれたら、水で濡らした型に入れて冷蔵庫で冷やします。
栄養指導(調理実習)12ゼリー完成  栄養指導(調理実習)13冷蔵庫

慢性腎不全の患者さんは腎臓の機能が低下しているため、カリウムの排泄が困難となり調理課程で如何にしてカリウムをできるだけ取り除くかがポイントとなります。

ゼリー作りには、透析食に重要なポイントが各所に隠れています。

学生はそのポイントを考えながら調理を行っていました。

栄養指導(調理実習)14カレー  栄養指導(調理実習)15カレー

次はチキンカレーの作成です。

☆まずはカレーペースト作りです☆
材料(4人分)
サラダ油 大さじ1杯
タマネギ 170g(中1個)
にんじん 150g(中1本)
りんご 1/2個
生姜 1かけ
にんにく 1かけ
カレー粉 大さじ2杯
黒こしょう 少々
コンソメ 小さじ1杯
塩 小さじ1/6杯

<作り方>
①タマネギ、にんじん、生姜、にんにくを擦りおろします。
栄養指導(調理実習)16擦る  栄養指導(調理実習)17擦る

②たまねぎ、にんじんをたっぷりの水でさらし、布巾で軽く搾ります。
DSCF4252_R.jpg

③フライパンに油をひき、タマネギを入れ強火で5分程いため、しんなりしてきたら中火で30分、きつね色になるまでさらに炒めます。
DSCF4240_R.jpg

④③に、にんにく、生姜を加え 10分程 炒めます。

⑤④ににんじん、リンゴを加え ねっとりするくらいまで炒めます。

⑥⑤にカレー粉、コショウ、コンソメを加え5分程炒め、塩を加えます。
栄養指導(調理実習)21カレー粉  栄養指導(調理実習)22炒める

⑦ペーストができたら、皿に移しておきましょう。

☆チキンカレー☆
材料(4人分)
カレーペースト 4人分
ケチャップ 大さじ2杯
ウスターソース 大さじ1・1/2杯
牛乳 100cc
水 100cc
コンソメ 小さじ1/3杯
醤油 小さじ1/6杯
鶏肉(モモ) 200g

<作り方>
①鶏肉の皮目を下に、こんがり焼きます。
DSCF0404_R.jpg鶏肉焦げ目  DSCF0415_R.jpg鶏肉焦げ目

②肉をいったん容器にとり、肉を焼いたフライパンにカレーペーストを入れ、少しずつ牛乳と水を加え、ケッチャップ・ソース。コンソメを加え、ひと煮立ちさせます。
DSCF0389_R.jpg牛乳など

③②に焼いた鶏肉をいれてできあがり。

栄養指導(調理実習)25集合写真  栄養指導(調理実習)26集合写真

つまみ食いはダメだぞ〜!
栄養指導(調理実習)24つまみ食い  DSCF0400_R.jpgつまみぐい

カレーを煮込んでいる間の時間を利用して、管理栄養士の先生からみた、栄養指導の意義と、食事療法の6つのポイントの講義を聴きました。
栄養指導(調理実習)27講義  栄養指導(調理実習)28講義

時間が経つこと・・・時間はすでに”13:20”
ようやく、お昼ご飯の時間です。
栄養指導(調理実習)29いただきます  栄養指導(調理実習)30いただきます

いただきま〜す〜!!

栄養指導(調理実習)31試食一覧
今回の実習では学生達が作ったご飯とは別に、健常者用の市販されているカレー、治療用補助食品(低タンパク米)の食べ比べも同時に行いました。

栄養指導(調理実習)32試食  栄養指導(調理実習)33試食

栄養指導(調理実習)34お茶100mL
学生にはお茶の準備もしました。
しかし、普段の量を普通に飲めると思いきや・・・・・

慢性腎不全の患者さんは水分制限も行わなければなりません。
今日、準備した学生1人のお茶の量は100ccです。

とても、少ないように思えますが実際の水分制限の厳しさを今回の実習で体験してもらい、それを臨床の現場でも生かしてもらえればと思い、
思い切ってお茶(飲水)は100ccという制限を行いました。

栄養指導(調理実習)35試食  栄養指導(調理実習)36試食

栄養指導(調理実習)37試食

実際学生が作ったカレーは大好評!
以外にも市販されているカレーよりも美味しかったです。

その他の治療用補助食品も食べてみましたが、
思っていたよりも美味しいと言うのが実感です。
また、普段食べているラーメンなどが如何に塩分過多であるかも、この試食で実感しました。

DSCF4340_R.jpgDSCF4292_R.jpgDSCF4289_R.jpgDSCF4288_R.jpgDSCF4234_R.jpgDSCF0381_R.jpgDSCF0376_R.jpg

今回の調理実習は1日という長い時間でしたが、非常に有意義な実習でした。
調理実習を通じて、透析を受けている患者さんの栄養指導のポイントを調理を実際に行うこと、また管理栄養士の先生に直接説明をして頂いたため、よりわかりやすい講義であったと思います。

是非、今日の貴重な体験・実習を将来役立ててもらえれば、調理実習を行った甲斐があるのではと思います。
長い実習でしたが、お疲れ様です。

また、本日この様な実習に講義依頼を快く受けてくださった管理栄養士の先生には大変お世話になりました。
ありがとうございました。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
患者食は美味しい・・・かも!

本日の血液浄化の実習は調理実習です。
血液浄化では臨床工学技士であれ、臨床の現場で患者さんに栄養指導(アドバイス)を行うこともしばしばあります。その様な時に今日の実習で身につけた知識を是非臨床の現場で生かしてもらえればと思い企画しました。
栄養指導(調理実習)01top  栄養指導(調理実習)02top



今日の講義では昨年もお願いしました管理栄養士の先生に来て頂きました。
栄養指導(調理実習)03管理栄養士

今日の献立は、にんじんゼリー、チキンカレー、もやしの和え物の3品です。

まずはにんじんゼリーの作り方の説明です。
栄養指導(調理実習)04説明  栄養指導(調理実習)05説明

☆にんじんゼリーのレシピ☆
材料(8人分)
にんじん 200g
砂糖 大さじ4杯
ハチミツ 大さじ3杯
レモン汁 大さじ4杯
水 全体量が400ccになるように水を加える。
ゼラチン 10g(2袋)
湯 100cc

※下準備
①ゼラチンをあらかじめ水でふやかししっかりと混ぜておきます。
②にんじんの皮をむき、茹でやすい大きさに切っておきます。
栄養指導(調理実習)06ゼリー

<作成>
①下準備で切っておいたにんじんを柔らかくなるまで茹でます。
栄養指導(調理実習)07ゼリー

②ゆで汁をしっかりきったにんじんと水300ccを加え、ミキサーにかけます。
栄養指導(調理実習)08ゼリー

③ミキサーにかけたにんじんを計量カップに入れ、総量が400ccになるように水を加え鍋に移します。

④にんじんの入った鍋に火をかけ下準備でふやかしておいたゼラチンを加えゼラチンをよく溶かします。
栄養指導(調理実習)11ビデオ

⑤ゼラチンが溶けたら砂糖・ハチミツ・レモン汁を加えます。
栄養指導(調理実習)10秤  栄養指導(調理実習)09砂糖はちみつ

※④・⑤の作業中煮立たせてはいけません。
⑥あら熱がとれたら、水で濡らした型に入れて冷蔵庫で冷やします。
栄養指導(調理実習)12ゼリー完成  栄養指導(調理実習)13冷蔵庫

慢性腎不全の患者さんは腎臓の機能が低下しているため、カリウムの排泄が困難となり調理課程で如何にしてカリウムをできるだけ取り除くかがポイントとなります。

ゼリー作りには、透析食に重要なポイントが各所に隠れています。

学生はそのポイントを考えながら調理を行っていました。

栄養指導(調理実習)14カレー  栄養指導(調理実習)15カレー

次はチキンカレーの作成です。

☆まずはカレーペースト作りです☆
材料(4人分)
サラダ油 大さじ1杯
タマネギ 170g(中1個)
にんじん 150g(中1本)
りんご 1/2個
生姜 1かけ
にんにく 1かけ
カレー粉 大さじ2杯
黒こしょう 少々
コンソメ 小さじ1杯
塩 小さじ1/6杯

<作り方>
①タマネギ、にんじん、生姜、にんにくを擦りおろします。
栄養指導(調理実習)16擦る  栄養指導(調理実習)17擦る

②たまねぎ、にんじんをたっぷりの水でさらし、布巾で軽く搾ります。
DSCF4252_R.jpg

③フライパンに油をひき、タマネギを入れ強火で5分程いため、しんなりしてきたら中火で30分、きつね色になるまでさらに炒めます。
DSCF4240_R.jpg

④③に、にんにく、生姜を加え 10分程 炒めます。

⑤④ににんじん、リンゴを加え ねっとりするくらいまで炒めます。

⑥⑤にカレー粉、コショウ、コンソメを加え5分程炒め、塩を加えます。
栄養指導(調理実習)21カレー粉  栄養指導(調理実習)22炒める

⑦ペーストができたら、皿に移しておきましょう。

☆チキンカレー☆
材料(4人分)
カレーペースト 4人分
ケチャップ 大さじ2杯
ウスターソース 大さじ1・1/2杯
牛乳 100cc
水 100cc
コンソメ 小さじ1/3杯
醤油 小さじ1/6杯
鶏肉(モモ) 200g

<作り方>
①鶏肉の皮目を下に、こんがり焼きます。
DSCF0404_R.jpg鶏肉焦げ目  DSCF0415_R.jpg鶏肉焦げ目

②肉をいったん容器にとり、肉を焼いたフライパンにカレーペーストを入れ、少しずつ牛乳と水を加え、ケッチャップ・ソース。コンソメを加え、ひと煮立ちさせます。
DSCF0389_R.jpg牛乳など

③②に焼いた鶏肉をいれてできあがり。

栄養指導(調理実習)25集合写真  栄養指導(調理実習)26集合写真

つまみ食いはダメだぞ〜!
栄養指導(調理実習)24つまみ食い  DSCF0400_R.jpgつまみぐい

カレーを煮込んでいる間の時間を利用して、管理栄養士の先生からみた、栄養指導の意義と、食事療法の6つのポイントの講義を聴きました。
栄養指導(調理実習)27講義  栄養指導(調理実習)28講義

時間が経つこと・・・時間はすでに”13:20”
ようやく、お昼ご飯の時間です。
栄養指導(調理実習)29いただきます  栄養指導(調理実習)30いただきます

いただきま〜す〜!!

栄養指導(調理実習)31試食一覧
今回の実習では学生達が作ったご飯とは別に、健常者用の市販されているカレー、治療用補助食品(低タンパク米)の食べ比べも同時に行いました。

栄養指導(調理実習)32試食  栄養指導(調理実習)33試食

栄養指導(調理実習)34お茶100mL
学生にはお茶の準備もしました。
しかし、普段の量を普通に飲めると思いきや・・・・・

慢性腎不全の患者さんは水分制限も行わなければなりません。
今日、準備した学生1人のお茶の量は100ccです。

とても、少ないように思えますが実際の水分制限の厳しさを今回の実習で体験してもらい、それを臨床の現場でも生かしてもらえればと思い、
思い切ってお茶(飲水)は100ccという制限を行いました。

栄養指導(調理実習)35試食  栄養指導(調理実習)36試食

栄養指導(調理実習)37試食

実際学生が作ったカレーは大好評!
以外にも市販されているカレーよりも美味しかったです。

その他の治療用補助食品も食べてみましたが、
思っていたよりも美味しいと言うのが実感です。
また、普段食べているラーメンなどが如何に塩分過多であるかも、この試食で実感しました。

DSCF4340_R.jpgDSCF4292_R.jpgDSCF4289_R.jpgDSCF4288_R.jpgDSCF4234_R.jpgDSCF0381_R.jpgDSCF0376_R.jpg

今回の調理実習は1日という長い時間でしたが、非常に有意義な実習でした。
調理実習を通じて、透析を受けている患者さんの栄養指導のポイントを調理を実際に行うこと、また管理栄養士の先生に直接説明をして頂いたため、よりわかりやすい講義であったと思います。

是非、今日の貴重な体験・実習を将来役立ててもらえれば、調理実習を行った甲斐があるのではと思います。
長い実習でしたが、お疲れ様です。

また、本日この様な実習に講義依頼を快く受けてくださった管理栄養士の先生には大変お世話になりました。
ありがとうございました。

2008.06.20

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ