学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
基礎医学実習風景
2008.10.31

最近、『血液型占い』の本がヒット中ですが・・・
そもそも血液型とは一体どのようにして判定されているのでしょう!

最近は新生児の時に血液型の検査を行い、ご両親にお伝えするという形だと思います。そして、本人もご両親から自分の血液型を教えられるのですが・・・

今回は、実際に自分の血液型を調べてみることにしました♪

また、生きている限り行う『呼吸』についての検査も行いました。タイトル スパイロメーター

血液型・・・という限りは少量ですが自分の血液が必要となります。
血糖測定の実習で慣れたとはいえ、やはり自分で血液を採取するのは勇気がいることですね・・・

学生6

血液型の判定を行う試薬を用意し、その試薬と少量の血液を混ぜることで血液が固まるか固まらないか・・・どの試薬で固まったのか固まらないのか・・・を確認して判定することができます。
反応していく様は、あっという間ですが「おぉ〜!」と歓声が上がっていました☆

試薬 血液型判定2

何人かの血液型の反応を見て、何型かすぐ判定が出来るようになっていました。

学生5 血液型判定

実際に臨床工学技士が血液型の検査をすることはないですが、今回の実習で血液の反応に興味を持ち、これから多くかかわる血液の業務に生かされていけば・・・と思っています。

その他に、呼吸器系の検査として『スパイロメーター』と『肺活量計』を用いて実習を行いました。

DSCF5769 (小).JPG DSCF5768 (小).JPG

肺活量計では、誰が一番肺活量があるか競争する風景もみられたり、スパイロメーターという呼吸機能の検査を行う機器を使っての検査では、通常の呼吸から思いっきり息を吸ったり吐いたりを繰り返したりすることが必要になるため、なかなかうまく検査ができず苦労する学生さんもいました。

肺活量計 学生3

学生4

また呼気と吸気の違いをpHから考える実習として、pH試薬の水溶液に呼気と吸気を触れさせ、水溶液がどのように変化するかということも行いました。
これは、小学生・中学生の時にも同様の実験があるようですが、今回はそこからもう少し医療従事者を目指す学生として深い知識で考えてもらえたらと思い、行いました。

水溶液 学生2

でも、やっぱり色水を使った実習は色の変化が非常に気になるようです(笑)

学生1

次回からは、医療機器を使った実習が始まります。
今までとはまた少し違う体験が待っています。
楽しみにしててくださ〜い!!!

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
基礎医学実習風景

最近、『血液型占い』の本がヒット中ですが・・・
そもそも血液型とは一体どのようにして判定されているのでしょう!

最近は新生児の時に血液型の検査を行い、ご両親にお伝えするという形だと思います。そして、本人もご両親から自分の血液型を教えられるのですが・・・

今回は、実際に自分の血液型を調べてみることにしました♪

また、生きている限り行う『呼吸』についての検査も行いました。タイトル スパイロメーター

血液型・・・という限りは少量ですが自分の血液が必要となります。
血糖測定の実習で慣れたとはいえ、やはり自分で血液を採取するのは勇気がいることですね・・・

学生6

血液型の判定を行う試薬を用意し、その試薬と少量の血液を混ぜることで血液が固まるか固まらないか・・・どの試薬で固まったのか固まらないのか・・・を確認して判定することができます。
反応していく様は、あっという間ですが「おぉ〜!」と歓声が上がっていました☆

試薬 血液型判定2

何人かの血液型の反応を見て、何型かすぐ判定が出来るようになっていました。

学生5 血液型判定

実際に臨床工学技士が血液型の検査をすることはないですが、今回の実習で血液の反応に興味を持ち、これから多くかかわる血液の業務に生かされていけば・・・と思っています。

その他に、呼吸器系の検査として『スパイロメーター』と『肺活量計』を用いて実習を行いました。

DSCF5769 (小).JPG DSCF5768 (小).JPG

肺活量計では、誰が一番肺活量があるか競争する風景もみられたり、スパイロメーターという呼吸機能の検査を行う機器を使っての検査では、通常の呼吸から思いっきり息を吸ったり吐いたりを繰り返したりすることが必要になるため、なかなかうまく検査ができず苦労する学生さんもいました。

肺活量計 学生3

学生4

また呼気と吸気の違いをpHから考える実習として、pH試薬の水溶液に呼気と吸気を触れさせ、水溶液がどのように変化するかということも行いました。
これは、小学生・中学生の時にも同様の実験があるようですが、今回はそこからもう少し医療従事者を目指す学生として深い知識で考えてもらえたらと思い、行いました。

水溶液 学生2

でも、やっぱり色水を使った実習は色の変化が非常に気になるようです(笑)

学生1

次回からは、医療機器を使った実習が始まります。
今までとはまた少し違う体験が待っています。
楽しみにしててくださ〜い!!!

2008.10.31

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ