学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
神秘の臓器、ブタの心臓解剖実習
2009.12.10

臨床工学科1年生、基礎医学実習において、ブタの心臓解剖実習を行いました。前期の段階で座学を学び、後期の実習で実物を観察しながら再復習をします。
ブタの心臓解剖実習01  ブタの心臓解剖実習02

心臓の重さは250〜300gの心筋と呼ばれる特殊な筋肉からなる中空器官で、心尖と呼ばれる先端を左前下に向けて位置します。


心臓は胸郭内のやや左寄りにあり、左右は肺と接しています。
心臓の長軸は水平面に対して約50℃傾いています。

<心臓の働き>
心臓は、酸素やエネルギー源を豊富に含んだ動脈血を全身に押し出すポンプです。送り出された血液は帰り道に各組織から二酸化炭素や老廃物を受け取って静脈となり心臓(右心房)に戻ってきます。
そして肺に送られ、ここで余分な二酸化炭素を放出し、新鮮な酸素を得て動脈血となり再び、心臓(左心房)にもどってから大動脈に送られます。

心臓の1回で拍出する量は約70mLといわれ、1分間に約5Lの血液を送り出しています。これを心拍出量と言います。

ブタの心臓解剖実習03  ブタの心臓解剖実習05

ブタの心臓解剖実習04  ブタの心臓解剖実習06

心臓には4つの部屋があります。それが、右心房(RA)、右心室(RV)、左心房(LA)、左心室(LV)です。

<心臓の構造基本データ>
○右心房(right atrium)
心臓の右縁をなし、上大静脈と下大静脈、冠状静脈洞、前心臓静脈などによって前進からの静脈が入る。

○右心室(right ventricle)
心臓前面の中央部に位置する。右心房からの血液を肺動脈幹へ送る。

○右心耳(right auricle)
上行大動脈を前から包むように位置する。胎生期の原始右心房の名残と言われている。また、乳幼児(胎児期)の時にはバッファーの役割も果たしている。

○左心房(left atrium)
肺で酸素供給された血液を受ける部屋であり、左右2対の肺静脈が開口する。

○左心室(left ventricle)
心臓の左縁から下面をつくる部分で、横隔膜に接する。左心房から血液を受け、上行大動脈へと血液を送る左心系の主部。

○左心耳(left auricle)
肺動脈幹を後ろから包むように位置する左心房の一部。原始左心房の名残であると言われている。

○冠状溝
心臓中央上部において心房と心室の境界をなす溝である。右冠状動脈、左冠状動脈回旋枝、冠状静脈洞が通る。

○前室間溝
心臓前面において左右心室の境界をなす溝である。左冠状動脈前室枝、大心臓静脈が通る。

○後室間溝
心臓後面で左右心室の境界をなす。右冠状動脈後室間枝と中心臓静脈が通る。

ブタの心臓解剖実習07  ブタの心臓解剖実習08

<心臓の壁について>
心臓の壁は基本的には血管と同じ3層構造となっています。心臓の3層構造は心内膜、心筋層、心外膜です。さらに心臓は心膜に包まれています。
心筋層は心室壁でも左心室が一番厚く1〜1.5cmで最も厚く、右心室では3mm程度です。心房になるとさらに厚みはうすくなります。

ブタの心臓解剖実習09  ブタの心臓解剖実習10

<心臓腔内の圧力データ>
右心房圧:2〜8mmHg
右心室圧:2〜8mmHg/15〜30mmHg
左心房圧:2〜12mmHg
左心室圧:2〜12mmHg/100〜140mmHg

中心静脈圧:4〜8mmHg(右心房圧に相関)
肺動脈楔入圧:2〜15mmHg(左心房圧に相関)
肺動脈圧:3〜12mmHg/15〜30mmHg
大動脈圧:60〜90mmHg/100〜140mmHg

ブタの心臓解剖実習11  ブタの心臓解剖実習12

心臓は胎児の時から休まず動き続けています。
仮に80歳まで生きるとすれば約30億回動き続ける計算になります。

心臓の解剖を知ることは臨床工学技士の仕事に繋がります。
病院の手術室では人工心肺装置を操作します。また心臓カテーテル検査室では心臓に栄養を送っている血管について理解しなければなりません。
今回のブタの心臓解剖実習は、そういった意味でも非常に有用な実習であると思います。
病院で実際に見る心臓は当たり前ですが動いています。その中でも今日の実習を参考にしてさらなる知識を得てもらえればと思います。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
神秘の臓器、ブタの心臓解剖実習

臨床工学科1年生、基礎医学実習において、ブタの心臓解剖実習を行いました。前期の段階で座学を学び、後期の実習で実物を観察しながら再復習をします。
ブタの心臓解剖実習01  ブタの心臓解剖実習02

心臓の重さは250〜300gの心筋と呼ばれる特殊な筋肉からなる中空器官で、心尖と呼ばれる先端を左前下に向けて位置します。


心臓は胸郭内のやや左寄りにあり、左右は肺と接しています。
心臓の長軸は水平面に対して約50℃傾いています。

<心臓の働き>
心臓は、酸素やエネルギー源を豊富に含んだ動脈血を全身に押し出すポンプです。送り出された血液は帰り道に各組織から二酸化炭素や老廃物を受け取って静脈となり心臓(右心房)に戻ってきます。
そして肺に送られ、ここで余分な二酸化炭素を放出し、新鮮な酸素を得て動脈血となり再び、心臓(左心房)にもどってから大動脈に送られます。

心臓の1回で拍出する量は約70mLといわれ、1分間に約5Lの血液を送り出しています。これを心拍出量と言います。

ブタの心臓解剖実習03  ブタの心臓解剖実習05

ブタの心臓解剖実習04  ブタの心臓解剖実習06

心臓には4つの部屋があります。それが、右心房(RA)、右心室(RV)、左心房(LA)、左心室(LV)です。

<心臓の構造基本データ>
○右心房(right atrium)
心臓の右縁をなし、上大静脈と下大静脈、冠状静脈洞、前心臓静脈などによって前進からの静脈が入る。

○右心室(right ventricle)
心臓前面の中央部に位置する。右心房からの血液を肺動脈幹へ送る。

○右心耳(right auricle)
上行大動脈を前から包むように位置する。胎生期の原始右心房の名残と言われている。また、乳幼児(胎児期)の時にはバッファーの役割も果たしている。

○左心房(left atrium)
肺で酸素供給された血液を受ける部屋であり、左右2対の肺静脈が開口する。

○左心室(left ventricle)
心臓の左縁から下面をつくる部分で、横隔膜に接する。左心房から血液を受け、上行大動脈へと血液を送る左心系の主部。

○左心耳(left auricle)
肺動脈幹を後ろから包むように位置する左心房の一部。原始左心房の名残であると言われている。

○冠状溝
心臓中央上部において心房と心室の境界をなす溝である。右冠状動脈、左冠状動脈回旋枝、冠状静脈洞が通る。

○前室間溝
心臓前面において左右心室の境界をなす溝である。左冠状動脈前室枝、大心臓静脈が通る。

○後室間溝
心臓後面で左右心室の境界をなす。右冠状動脈後室間枝と中心臓静脈が通る。

ブタの心臓解剖実習07  ブタの心臓解剖実習08

<心臓の壁について>
心臓の壁は基本的には血管と同じ3層構造となっています。心臓の3層構造は心内膜、心筋層、心外膜です。さらに心臓は心膜に包まれています。
心筋層は心室壁でも左心室が一番厚く1〜1.5cmで最も厚く、右心室では3mm程度です。心房になるとさらに厚みはうすくなります。

ブタの心臓解剖実習09  ブタの心臓解剖実習10

<心臓腔内の圧力データ>
右心房圧:2〜8mmHg
右心室圧:2〜8mmHg/15〜30mmHg
左心房圧:2〜12mmHg
左心室圧:2〜12mmHg/100〜140mmHg

中心静脈圧:4〜8mmHg(右心房圧に相関)
肺動脈楔入圧:2〜15mmHg(左心房圧に相関)
肺動脈圧:3〜12mmHg/15〜30mmHg
大動脈圧:60〜90mmHg/100〜140mmHg

ブタの心臓解剖実習11  ブタの心臓解剖実習12

心臓は胎児の時から休まず動き続けています。
仮に80歳まで生きるとすれば約30億回動き続ける計算になります。

心臓の解剖を知ることは臨床工学技士の仕事に繋がります。
病院の手術室では人工心肺装置を操作します。また心臓カテーテル検査室では心臓に栄養を送っている血管について理解しなければなりません。
今回のブタの心臓解剖実習は、そういった意味でも非常に有用な実習であると思います。
病院で実際に見る心臓は当たり前ですが動いています。その中でも今日の実習を参考にしてさらなる知識を得てもらえればと思います。

2009.12.10

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ