学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
IABP開発秘話
2010.09.16

本日、テレビ東京系列で放送されたルビコンの決断にて、IABPの開発秘話のドキュメンタリー番組が放送されました。

(株)東京メディカルプロダクツという日本企業の筒井さんという方が主人公です。当初は医療とは全く無関係な小さな町工場を経営していましたが、娘さんの心臓病をキッカケにIABPの開発を行います。1989年12月に国内初のIABPカテーテルを完成させます。結果的に今では7万人の命を救う医療器具となっています。

ではこのIABPとは何でしょう?


IABP(Intra Aortic Balloon Pumping)は大動脈内バルーンパンピングというものです。

このIABPは心臓の働きが悪くなった患者さんの循環の補助をおこなう、新しい補助循環治療です。しかし、このカテーテルでは悪くなった心臓を治すことはできません。あくまでも一時的に弱った心臓を補助するためのカテーテルとなります。

足の付け根より、カテーテルを挿入し下行大動脈内に留置したバルーンを、心周期に同期させて収縮・拡張を行うことにより、収縮期の後負荷の軽減と、拡張期圧の上昇を行います。それにより、以下の効果が期待できます。

①心仕事量の減少
②心筋酸素消費量の減少
③冠動脈血流量の増加

IABPにおいてバルーンの収縮のタイミングは心電図上のQ波で行うのが最も効果的です。一方でバルーン拡張のタイミングは心電図上のT波下行脚部分で行う(通常は心電図のR波を心拍と同期させるためのトリガ信号とする)。
バルーンを拡張させるにはヘリウムまたは炭酸ガス(二酸化炭素)を用います。

心臓の機能が回復すれば、IABPのバールーンを抜きます。

臨床の現場においてIABPを操作するのは臨床工学技士です。

もちろん治療には医師の指示のもとに行われますが、治療の準備やトラブルの対応は臨床工学技士が行います。

IABPの治療を受けている患者さんの循環動態は決して良い状態とは言えません。そこで臨床工学技士が治療のサポートをしっかり行うことが臨床の現場でも重要なポジションだと言えます。

適切な設定を選択して設定を行い、冠血流量の増加を図ることで心機能の改善を図るために安定に動作させることが臨床工学技士に求められています。

 

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
IABP開発秘話

本日、テレビ東京系列で放送されたルビコンの決断にて、IABPの開発秘話のドキュメンタリー番組が放送されました。

(株)東京メディカルプロダクツという日本企業の筒井さんという方が主人公です。当初は医療とは全く無関係な小さな町工場を経営していましたが、娘さんの心臓病をキッカケにIABPの開発を行います。1989年12月に国内初のIABPカテーテルを完成させます。結果的に今では7万人の命を救う医療器具となっています。

ではこのIABPとは何でしょう?


IABP(Intra Aortic Balloon Pumping)は大動脈内バルーンパンピングというものです。

このIABPは心臓の働きが悪くなった患者さんの循環の補助をおこなう、新しい補助循環治療です。しかし、このカテーテルでは悪くなった心臓を治すことはできません。あくまでも一時的に弱った心臓を補助するためのカテーテルとなります。

足の付け根より、カテーテルを挿入し下行大動脈内に留置したバルーンを、心周期に同期させて収縮・拡張を行うことにより、収縮期の後負荷の軽減と、拡張期圧の上昇を行います。それにより、以下の効果が期待できます。

①心仕事量の減少
②心筋酸素消費量の減少
③冠動脈血流量の増加

IABPにおいてバルーンの収縮のタイミングは心電図上のQ波で行うのが最も効果的です。一方でバルーン拡張のタイミングは心電図上のT波下行脚部分で行う(通常は心電図のR波を心拍と同期させるためのトリガ信号とする)。
バルーンを拡張させるにはヘリウムまたは炭酸ガス(二酸化炭素)を用います。

心臓の機能が回復すれば、IABPのバールーンを抜きます。

臨床の現場においてIABPを操作するのは臨床工学技士です。

もちろん治療には医師の指示のもとに行われますが、治療の準備やトラブルの対応は臨床工学技士が行います。

IABPの治療を受けている患者さんの循環動態は決して良い状態とは言えません。そこで臨床工学技士が治療のサポートをしっかり行うことが臨床の現場でも重要なポジションだと言えます。

適切な設定を選択して設定を行い、冠血流量の増加を図ることで心機能の改善を図るために安定に動作させることが臨床工学技士に求められています。

 

2010.09.16

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ