学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
血糖値測定って痛い?!
2010.10.18

現在、糖尿病が成人病として問題視されています。
糖尿病とは血液中のブドウ糖の割合が高くなる病気です。
膵臓β細胞から分泌されるインスリンというホルモンがうまく作用しないために、細胞に取り込まれて使われるべきブドウ糖が取り込まれることなく血液中にあふれてしまったり、インスリンの相対的不足により食後の血糖が上がらないように調整することができなくなります。

血糖測定実習02  血糖測定実習01 


 
インスリンを作る細胞が破壊されて絶対的に不足になっているⅠ型(インスリン分泌障害)、インスリンが少量だったり肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなりブドウ糖がうまく取り込めなくなっているⅡ型(インスリン抵抗性亢進)があります。

血糖測定実習03  血糖測定実習04

Ⅰ型糖尿病は全体の割合の数%、Ⅱ型糖尿病に至っては90%以上の割合となっています。
1型糖尿病は主に小児〜青年期、Ⅱ型糖尿病は主に中高年の方が多いと言えます。

2002年で糖尿病治療中、もしくは糖尿病が強く疑われる人は740万人であり、「糖尿病予備軍」も含めると実に1620万人にもなると言われています。
これは日本国民の6.3人に1人が糖尿病であることを意味します。

糖尿病の合併症に糖尿病性腎症という病気があります。
最近、この糖尿病性腎症が原因で腎不全となり、血液透析導入というケースが増えています。

そのため臨床工学技士として、糖尿病について知っておくことは今後に非常に重要となるため、今回の基礎医学実習で血糖測定を行うことなりました。

血糖測定実習05  血糖測定実習06

血糖測定実習07  血糖測定実習08

学生自身の血糖を測定します。
今回使用した血糖測定器は、”ニプロフリースタイル フリーダムS”というものです。
非常にコンパクトで、指以外での場所で測定できるのが特徴です。
また、血液の量を極少量でよいのも、この器機の特徴です。
実際測定をしますが、針が刺さった感触ある程度で痛くありません。
血が出ても痛くない感覚にビックリする学生も多数いました。

使い方の説明を受け、自分自身で針を”チクッ!”と刺さなくてはいけないので、
Σ(゚д゚;)「怖〜〜!!」
(´_`。)「いた〜〜い!!!」となかなか先に進めません<笑>

血糖測定実習09  血糖測定実習10

実際刺してみると、思ったよりは痛くないσ(^_^;)ハズなんですが・・やはり、血液を出すための行為ですので全く痛くないということはないです。

血糖測定実習11  血糖測定実習12

血糖測定実習13  血糖測定実習14

血糖測定実習15  

針を刺して極少量の血液をセンサーに吸い込ませ・・・
ここでまた学生たちは苦戦をしていました。
針を刺した緊張で、手が震えていてうまくセンサーに血液を吸い込ませることができず・・・
[エラー] ( ̄□ ̄;)!!(残念)

血糖測定実習16(甘い物) 血糖測定実習17(甘い物)

血糖測定実習18(甘い物)  血糖測定実習18(甘い物)

また、今回は通常の血糖測定に加え、
甘い物を食べ血糖値がどう推移するかといったことも行いました。

血糖測定実習20  血糖測定実習21

レポートも大変ですが、どんどん積極的に質問したりすることが必ず後から役に立つはずです。楽しみながら、様々な知識を習得していきましょう。
そして今回のような体験実習は、患者様の気持ちや痛みを知る事の出来るとても貴重な時間です。この事を忘れることなく、将来に生かしてほしいものです。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
血糖値測定って痛い?!

現在、糖尿病が成人病として問題視されています。
糖尿病とは血液中のブドウ糖の割合が高くなる病気です。
膵臓β細胞から分泌されるインスリンというホルモンがうまく作用しないために、細胞に取り込まれて使われるべきブドウ糖が取り込まれることなく血液中にあふれてしまったり、インスリンの相対的不足により食後の血糖が上がらないように調整することができなくなります。

血糖測定実習02  血糖測定実習01 


 
インスリンを作る細胞が破壊されて絶対的に不足になっているⅠ型(インスリン分泌障害)、インスリンが少量だったり肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなりブドウ糖がうまく取り込めなくなっているⅡ型(インスリン抵抗性亢進)があります。

血糖測定実習03  血糖測定実習04

Ⅰ型糖尿病は全体の割合の数%、Ⅱ型糖尿病に至っては90%以上の割合となっています。
1型糖尿病は主に小児〜青年期、Ⅱ型糖尿病は主に中高年の方が多いと言えます。

2002年で糖尿病治療中、もしくは糖尿病が強く疑われる人は740万人であり、「糖尿病予備軍」も含めると実に1620万人にもなると言われています。
これは日本国民の6.3人に1人が糖尿病であることを意味します。

糖尿病の合併症に糖尿病性腎症という病気があります。
最近、この糖尿病性腎症が原因で腎不全となり、血液透析導入というケースが増えています。

そのため臨床工学技士として、糖尿病について知っておくことは今後に非常に重要となるため、今回の基礎医学実習で血糖測定を行うことなりました。

血糖測定実習05  血糖測定実習06

血糖測定実習07  血糖測定実習08

学生自身の血糖を測定します。
今回使用した血糖測定器は、”ニプロフリースタイル フリーダムS”というものです。
非常にコンパクトで、指以外での場所で測定できるのが特徴です。
また、血液の量を極少量でよいのも、この器機の特徴です。
実際測定をしますが、針が刺さった感触ある程度で痛くありません。
血が出ても痛くない感覚にビックリする学生も多数いました。

使い方の説明を受け、自分自身で針を”チクッ!”と刺さなくてはいけないので、
Σ(゚д゚;)「怖〜〜!!」
(´_`。)「いた〜〜い!!!」となかなか先に進めません<笑>

血糖測定実習09  血糖測定実習10

実際刺してみると、思ったよりは痛くないσ(^_^;)ハズなんですが・・やはり、血液を出すための行為ですので全く痛くないということはないです。

血糖測定実習11  血糖測定実習12

血糖測定実習13  血糖測定実習14

血糖測定実習15  

針を刺して極少量の血液をセンサーに吸い込ませ・・・
ここでまた学生たちは苦戦をしていました。
針を刺した緊張で、手が震えていてうまくセンサーに血液を吸い込ませることができず・・・
[エラー] ( ̄□ ̄;)!!(残念)

血糖測定実習16(甘い物) 血糖測定実習17(甘い物)

血糖測定実習18(甘い物)  血糖測定実習18(甘い物)

また、今回は通常の血糖測定に加え、
甘い物を食べ血糖値がどう推移するかといったことも行いました。

血糖測定実習20  血糖測定実習21

レポートも大変ですが、どんどん積極的に質問したりすることが必ず後から役に立つはずです。楽しみながら、様々な知識を習得していきましょう。
そして今回のような体験実習は、患者様の気持ちや痛みを知る事の出来るとても貴重な時間です。この事を忘れることなく、将来に生かしてほしいものです。

2010.10.18

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ