学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
こんなに・・・辛いとは・・・
2010.11.24

臨床工学科1年生の実習で、高齢者体験を行いました。

  

今回の高齢者体験では、骨格筋、視覚、聴覚などの老化による高齢者の不自由な生活が疑似体験できます。

具体的には、以下のような内容が体験できます。


・視野が狭くなり、文字や色が見えにくい
・関節が曲げにくい
・音が聞き取りにく
・階段の上り下りが困難
・トイレや浴室での立ち上がりが困難
・携帯電話のボタンが押しにくい
・文字が書きにくい
・自販機での購入が難しい(小銭が掴みにくい)

高齢者体験01  高齢者体験02  高齢者体験03  高齢者体験04

今回使用した高齢者体験セットの内容です。
1.ゴーグル
ゴーグルを装着することにより、周囲視野の欠損、白内障による視覚機能の変化を体験します。

高齢者体験05(ゴーグル着用前)  高齢者体験06  高齢者体験07(ゴーグル着用後)

高齢者体験08(ゴーグル着用前)  高齢者体験09  高齢者体験10(ゴーグル着用後)

2.拘束具・肘(左右1対)
肘関節を固定することにより、緩慢な腕の動作を体験します。

3.手首重り 500g(左右1対)
手首に負荷をかけることにより、腕の筋力の衰えを体験します。

4.耳栓
高周波音域を遮断し、老人特有の難聴を体験します。

5.背中プロテクター
プロテクターで姿勢を制限することにより、加齢に伴う前かがみの姿勢を体験します。

6.拘束具・指
指関節を固定することにより、手先が不自由な状態を体験します。

7.手袋
手や指の触感などの低下を体験します。

8.杖
負荷のかかった体をどのようにサポートするか体験します。

9.足首重り 1000g(左右1対)
足首に負荷をかけることにより、腕の筋力の衰えを体験します。

                ※今回使用した高齢者体験セット:(株)高研 使用

高齢者体験11  高齢者体験12  高齢者体験13

高齢者体験14  高齢者体験15  高齢者体験16

今回の高齢者体験において、学生より様々な意見を聞くことができました。
「視野が狭く、階段が怖い」
「体験セットを外すとわかる、健康の大切さ」
「関節がこんなにも、硬いなんて」

臨床工学技士として、臨床の現場では高齢者の方と接することは多いです。
実際に、血液浄化の分野においては、慢性透析患者さんの透析導入年齢の平均は60歳を超えています。
もちろん、すべての患者さんが今回体験したように不自由をしている訳ではありません。若い人に負けないくらいに元気なお年寄りもたくさんいます。

しかし、病院のみならず、街中、日常生活におてい、もし、高齢者の方を見かけたら少しだけでも、気をつかって見てください。
そして、もし困っているようであればお手伝いをしてください。

高齢者体験17  高齢者体験18  高齢者体験19

今回の体験を通じ、その少しの心使いがどれだけありがたいことかがわかると思います。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
こんなに・・・辛いとは・・・

臨床工学科1年生の実習で、高齢者体験を行いました。

  

今回の高齢者体験では、骨格筋、視覚、聴覚などの老化による高齢者の不自由な生活が疑似体験できます。

具体的には、以下のような内容が体験できます。


・視野が狭くなり、文字や色が見えにくい
・関節が曲げにくい
・音が聞き取りにく
・階段の上り下りが困難
・トイレや浴室での立ち上がりが困難
・携帯電話のボタンが押しにくい
・文字が書きにくい
・自販機での購入が難しい(小銭が掴みにくい)

高齢者体験01  高齢者体験02  高齢者体験03  高齢者体験04

今回使用した高齢者体験セットの内容です。
1.ゴーグル
ゴーグルを装着することにより、周囲視野の欠損、白内障による視覚機能の変化を体験します。

高齢者体験05(ゴーグル着用前)  高齢者体験06  高齢者体験07(ゴーグル着用後)

高齢者体験08(ゴーグル着用前)  高齢者体験09  高齢者体験10(ゴーグル着用後)

2.拘束具・肘(左右1対)
肘関節を固定することにより、緩慢な腕の動作を体験します。

3.手首重り 500g(左右1対)
手首に負荷をかけることにより、腕の筋力の衰えを体験します。

4.耳栓
高周波音域を遮断し、老人特有の難聴を体験します。

5.背中プロテクター
プロテクターで姿勢を制限することにより、加齢に伴う前かがみの姿勢を体験します。

6.拘束具・指
指関節を固定することにより、手先が不自由な状態を体験します。

7.手袋
手や指の触感などの低下を体験します。

8.杖
負荷のかかった体をどのようにサポートするか体験します。

9.足首重り 1000g(左右1対)
足首に負荷をかけることにより、腕の筋力の衰えを体験します。

                ※今回使用した高齢者体験セット:(株)高研 使用

高齢者体験11  高齢者体験12  高齢者体験13

高齢者体験14  高齢者体験15  高齢者体験16

今回の高齢者体験において、学生より様々な意見を聞くことができました。
「視野が狭く、階段が怖い」
「体験セットを外すとわかる、健康の大切さ」
「関節がこんなにも、硬いなんて」

臨床工学技士として、臨床の現場では高齢者の方と接することは多いです。
実際に、血液浄化の分野においては、慢性透析患者さんの透析導入年齢の平均は60歳を超えています。
もちろん、すべての患者さんが今回体験したように不自由をしている訳ではありません。若い人に負けないくらいに元気なお年寄りもたくさんいます。

しかし、病院のみならず、街中、日常生活におてい、もし、高齢者の方を見かけたら少しだけでも、気をつかって見てください。
そして、もし困っているようであればお手伝いをしてください。

高齢者体験17  高齢者体験18  高齢者体験19

今回の体験を通じ、その少しの心使いがどれだけありがたいことかがわかると思います。

2010.11.24

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ