学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
納豆とワーファリン
2012.07.10

今日は7月10日。納豆の日です。

先日の授業にてワーファリンという内服薬の話をしました。
ワーファリンは、ビタミンKに拮抗し、肝臓においてビタミンKが関与する血液の凝固因子がつくられるのを抑えて血を固まりにくくし、血栓ができるのを抑え、血液をサラサラにする薬です。

納豆

臨床工学技士の過去の実力試験問題に
以下のような問題が出題されました。


“ワーファリンを内服している患者さんが控えなければならない食材(食品)はどれか?”

結論から言うと、ワーファリン内服中の患者さんは、納豆の摂取を控えなければなりません。その事を授業でも解説をしたのですが・・・その事を授業中に覚えていた学生が上記の問題が出たときに選んだ選択肢の1つが「大豆」でした。

「ワーファリン内服中は納豆はダメ。だから大豆もダメなんだ」と連想したのでしょう。

しかし、「大豆」を選択することは実は誤りです。

ワーファリンを内服している患者さんは、肝臓でのビタミンKの活性を抑えています。ビタミンKを減らすことで、血液が固まりやすくなることを防いでいます。

納豆は、納豆“菌”が腸の中で働いて、ビタミンKの生合成を促進します。
せっかくビタミンKを抑えるためにワーファリンを内服していても、納豆を摂取してビタミンKがいつも以上に沢山作られることは、結果的にワーファリンの効果を弱めてしまいます。

納豆“菌”同様に、ワーファリンの効果を弱める食材(食品)として、
緑葉野菜、オクラ、クロレラ食品、海草類、緑茶、紅茶などがあります。
ワーファリンを内服している患者さんがいた場合の指導をするうえにおいて知って欲しい情報です。

しかし、そうは言えども、
ワーファリンを内服している患者さん以外の人にとっては納豆は健康食品です。

納豆を食べることで、
骨を丈夫する、夏バテ防止、整腸作用、血液サラサラ効果(ナットウキナーゼ効果)など納豆の効果は数知れずあります。

我が家の冷蔵庫には、必ず納豆が置いてあるくらい納豆好きの家族です。
最近の一押しは、“納豆 金のつぶ”シリーズのパキッ!とタレ(mizkan)。
このタレの出方が斬新です。

今日の納豆の日(7月10日)を機会に、納豆に少し関心をもっても良いのでないでしょうか。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
納豆とワーファリン

今日は7月10日。納豆の日です。

先日の授業にてワーファリンという内服薬の話をしました。
ワーファリンは、ビタミンKに拮抗し、肝臓においてビタミンKが関与する血液の凝固因子がつくられるのを抑えて血を固まりにくくし、血栓ができるのを抑え、血液をサラサラにする薬です。

納豆

臨床工学技士の過去の実力試験問題に
以下のような問題が出題されました。


“ワーファリンを内服している患者さんが控えなければならない食材(食品)はどれか?”

結論から言うと、ワーファリン内服中の患者さんは、納豆の摂取を控えなければなりません。その事を授業でも解説をしたのですが・・・その事を授業中に覚えていた学生が上記の問題が出たときに選んだ選択肢の1つが「大豆」でした。

「ワーファリン内服中は納豆はダメ。だから大豆もダメなんだ」と連想したのでしょう。

しかし、「大豆」を選択することは実は誤りです。

ワーファリンを内服している患者さんは、肝臓でのビタミンKの活性を抑えています。ビタミンKを減らすことで、血液が固まりやすくなることを防いでいます。

納豆は、納豆“菌”が腸の中で働いて、ビタミンKの生合成を促進します。
せっかくビタミンKを抑えるためにワーファリンを内服していても、納豆を摂取してビタミンKがいつも以上に沢山作られることは、結果的にワーファリンの効果を弱めてしまいます。

納豆“菌”同様に、ワーファリンの効果を弱める食材(食品)として、
緑葉野菜、オクラ、クロレラ食品、海草類、緑茶、紅茶などがあります。
ワーファリンを内服している患者さんがいた場合の指導をするうえにおいて知って欲しい情報です。

しかし、そうは言えども、
ワーファリンを内服している患者さん以外の人にとっては納豆は健康食品です。

納豆を食べることで、
骨を丈夫する、夏バテ防止、整腸作用、血液サラサラ効果(ナットウキナーゼ効果)など納豆の効果は数知れずあります。

我が家の冷蔵庫には、必ず納豆が置いてあるくらい納豆好きの家族です。
最近の一押しは、“納豆 金のつぶ”シリーズのパキッ!とタレ(mizkan)。
このタレの出方が斬新です。

今日の納豆の日(7月10日)を機会に、納豆に少し関心をもっても良いのでないでしょうか。

2012.07.10

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ