学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
実習中に食事OK・・・?!
2012.10.18

1年生の学内実習で血糖検査と血液型判定を行いました。

血糖・血液型判定01  血糖・血液型判定02

授業が始まり、おおまかな説明を受けたら早速1回目の血糖を測定します。
前回行った血球観察の実習時に、専用器具による血液採取は行っているため手順は完璧のはずなのに、なかなか手が動かない子がチラホラ…


やはり針を刺すという行為は怖いですよね。痛いとわかっていることをあえて行うのですから…しかし血糖測定を毎日強いられる患者さんもいるのです。頑張って。
血糖測定が終わったら、各自持ってきたおやつやお弁当(※実習材料です)を食べ、担当教員より血糖値に関する講義を受けました。

血糖・血液型判定06(食べる)  血糖・血液型判定07(食べる)  血糖・血液型判定08(食べる)  血糖・血液型判定10(食べる)  血糖・血液型判定09(食べる)  

血糖とは、血液中のブドウ糖のことを意味します。ブドウ糖は体内でエネルギー源として利用されていて、血液中では一定の濃度に保たれています。

血糖・血液型判定03  血糖・血液型判定04  血糖・血液型判定05

健康なひとの場合、空腹時の血糖はおよそ80〜100mg/dl程度といわれています。
食事などで食物が摂取されると血糖値が上がります。血糖値が上がると、血糖値を下げることのできる唯一のホルモン「インスリン」が膵臓から分泌され、血糖が下がります。

そのコントロールを行っているインスリンが不足したり、インスリンの働きが弱くなると血糖値の調節がうまくいかず、血液中に多量の糖が存在することになります。その状態が長く続くと糖尿病となってしまうのです。

血糖・血液型判定11  血糖・血液型判定13  血糖・血液型判定14

逆にインスリンの分泌が過剰になってしまった場合低血糖となり、放っておくと最悪の場合死に至ることもあるのです。そのような状態を回避するために、人間のからだは食べ物を摂取しなくとも血糖を上げることのできるホルモンをいくつか備えているのです。

血糖・血液型判定15  血糖・血液型判定16

臨床工学技士として透析治療に携わるようになると、低血糖や糖尿病に深く関わっていくことになります。今回の実習を通して、血糖測定の大切さやインスリンの重要性などをしっかりと感じてもらえたらいいですね。
血糖に関してよく理解した後は2回目の測定です。

バナナを食べたり、栄養ドリンクを飲んだり、運動してみたり…朝ご飯を終えてから絶食の子もいました( ̄□ ̄;)今低血糖の恐怖を学んだばかりです( ̄□ ̄;)低血糖の症状は出ていませんか??早く何か食べて( ̄□ ̄;)

今回は血糖測定の他に、血液型判定の実習も行いました。自分の血液と動物から採取した抗A、抗B抗体というものを混ぜ合わせ、血液の凝集反応をみて血液型を判定します。

血糖・血液型判定17(血球判定)  血糖・血液型判定18(血球判定)  血糖・血液型判定19(血球判定)

A型、B型、O型、AB型それぞれ反応が違います。ですからこの凝集反応をみれば血液型がわかります。学生の中には今回初めて血液型を知る子もいたようです。

血糖・血液型判定20(血球判定)  血糖・血液型判定21(血球判定)  血糖・血液型判定22(血球判定)  血糖・血液型判定23(血球判定)  

血液型、判明したのでしょうか…今回の実習では、血液型はやはりO型だった!という発見ではなく、違う型の血液を輸血するといけないことは分かっているでしょう。しかしそれがなぜいけないのか、どのような反応が血液では起こっているのかということを実感し、理解してくれればいいなと思います。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
実習中に食事OK・・・?!

1年生の学内実習で血糖検査と血液型判定を行いました。

血糖・血液型判定01  血糖・血液型判定02

授業が始まり、おおまかな説明を受けたら早速1回目の血糖を測定します。
前回行った血球観察の実習時に、専用器具による血液採取は行っているため手順は完璧のはずなのに、なかなか手が動かない子がチラホラ…


やはり針を刺すという行為は怖いですよね。痛いとわかっていることをあえて行うのですから…しかし血糖測定を毎日強いられる患者さんもいるのです。頑張って。
血糖測定が終わったら、各自持ってきたおやつやお弁当(※実習材料です)を食べ、担当教員より血糖値に関する講義を受けました。

血糖・血液型判定06(食べる)  血糖・血液型判定07(食べる)  血糖・血液型判定08(食べる)  血糖・血液型判定10(食べる)  血糖・血液型判定09(食べる)  

血糖とは、血液中のブドウ糖のことを意味します。ブドウ糖は体内でエネルギー源として利用されていて、血液中では一定の濃度に保たれています。

血糖・血液型判定03  血糖・血液型判定04  血糖・血液型判定05

健康なひとの場合、空腹時の血糖はおよそ80〜100mg/dl程度といわれています。
食事などで食物が摂取されると血糖値が上がります。血糖値が上がると、血糖値を下げることのできる唯一のホルモン「インスリン」が膵臓から分泌され、血糖が下がります。

そのコントロールを行っているインスリンが不足したり、インスリンの働きが弱くなると血糖値の調節がうまくいかず、血液中に多量の糖が存在することになります。その状態が長く続くと糖尿病となってしまうのです。

血糖・血液型判定11  血糖・血液型判定13  血糖・血液型判定14

逆にインスリンの分泌が過剰になってしまった場合低血糖となり、放っておくと最悪の場合死に至ることもあるのです。そのような状態を回避するために、人間のからだは食べ物を摂取しなくとも血糖を上げることのできるホルモンをいくつか備えているのです。

血糖・血液型判定15  血糖・血液型判定16

臨床工学技士として透析治療に携わるようになると、低血糖や糖尿病に深く関わっていくことになります。今回の実習を通して、血糖測定の大切さやインスリンの重要性などをしっかりと感じてもらえたらいいですね。
血糖に関してよく理解した後は2回目の測定です。

バナナを食べたり、栄養ドリンクを飲んだり、運動してみたり…朝ご飯を終えてから絶食の子もいました( ̄□ ̄;)今低血糖の恐怖を学んだばかりです( ̄□ ̄;)低血糖の症状は出ていませんか??早く何か食べて( ̄□ ̄;)

今回は血糖測定の他に、血液型判定の実習も行いました。自分の血液と動物から採取した抗A、抗B抗体というものを混ぜ合わせ、血液の凝集反応をみて血液型を判定します。

血糖・血液型判定17(血球判定)  血糖・血液型判定18(血球判定)  血糖・血液型判定19(血球判定)

A型、B型、O型、AB型それぞれ反応が違います。ですからこの凝集反応をみれば血液型がわかります。学生の中には今回初めて血液型を知る子もいたようです。

血糖・血液型判定20(血球判定)  血糖・血液型判定21(血球判定)  血糖・血液型判定22(血球判定)  血糖・血液型判定23(血球判定)  

血液型、判明したのでしょうか…今回の実習では、血液型はやはりO型だった!という発見ではなく、違う型の血液を輸血するといけないことは分かっているでしょう。しかしそれがなぜいけないのか、どのような反応が血液では起こっているのかということを実感し、理解してくれればいいなと思います。

2012.10.18

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ