学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
神秘の臓器~ブタの心臓解剖・観察実習
2015.12.15

今日の基礎医学実習はブタの心臓の解剖・観察です。まずは、大まかな心臓の働きについての説明を行います。

心臓は、胎児の時から亡くなるまでの間、ずっと動き続けます。

具体的には、

心臓は1回で約60~70mLの血液を全身に送り出します。1日では約7000Lもの血液を全身に送っている計算になります。その量はタンクローリ1台分にもなります。
また、心臓の動きが1分間に70回とすると、1日の心臓の動きは、
70回×60分×24時間=100,800回

1年間では、
100,800回×365日=367,9200回

一生80年生きるとすれば、
3,679,200回×80年=2,943,360,000回

1日約10万回、1年で3700万回、一生では30億回動き続ける計算になります。

心臓は神秘的であり、頑張る臓器です!

心臓の解剖をする前に外観を観察しどの方向が正面かを考えます。

心臓解剖・観察-2

 

心臓の解剖を進めて行き、今回学生さんが最も驚いていたのが、 心臓の弁の構造です。

心臓には血液の流れをスムーズにするため4つの弁がありますが、その薄さはぺらぺらです。
また、弁を支持している乳頭筋、そして腱索の丈夫さにはかなり驚かされます。

心臓(乳頭筋、腱索)

 

臨床工学技士にとって心臓を知ることはとても大事です。
それは、臨床工学技士が扱う代表的な医療機器に、人工心肺装置、ペースメーカ等があるからです。
心臓の解剖を知ることは医師だけ知っていれば良いわけではなく、その治療が行われている意味や、もちろん患者の疾患についても知っておくことが必要だからです。心臓解剖・観察

今日の内容はしっかりと記憶に残してほしいと思います。

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
神秘の臓器~ブタの心臓解剖・観察実習

今日の基礎医学実習はブタの心臓の解剖・観察です。まずは、大まかな心臓の働きについての説明を行います。

心臓は、胎児の時から亡くなるまでの間、ずっと動き続けます。

具体的には、

心臓は1回で約60~70mLの血液を全身に送り出します。1日では約7000Lもの血液を全身に送っている計算になります。その量はタンクローリ1台分にもなります。
また、心臓の動きが1分間に70回とすると、1日の心臓の動きは、
70回×60分×24時間=100,800回

1年間では、
100,800回×365日=367,9200回

一生80年生きるとすれば、
3,679,200回×80年=2,943,360,000回

1日約10万回、1年で3700万回、一生では30億回動き続ける計算になります。

心臓は神秘的であり、頑張る臓器です!

心臓の解剖をする前に外観を観察しどの方向が正面かを考えます。

心臓解剖・観察-2

 

心臓の解剖を進めて行き、今回学生さんが最も驚いていたのが、 心臓の弁の構造です。

心臓には血液の流れをスムーズにするため4つの弁がありますが、その薄さはぺらぺらです。
また、弁を支持している乳頭筋、そして腱索の丈夫さにはかなり驚かされます。

心臓(乳頭筋、腱索)

 

臨床工学技士にとって心臓を知ることはとても大事です。
それは、臨床工学技士が扱う代表的な医療機器に、人工心肺装置、ペースメーカ等があるからです。
心臓の解剖を知ることは医師だけ知っていれば良いわけではなく、その治療が行われている意味や、もちろん患者の疾患についても知っておくことが必要だからです。心臓解剖・観察

今日の内容はしっかりと記憶に残してほしいと思います。

2015.12.15

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ