学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
血液透析を行う機械の仕組みを紹介します③ 複式ポンプ
2017.07.05

今日は血液浄化療法実習「複式ポンプ」のオーバーホールの紹介です。

血液浄化療法(オーバーホール)- 複式ポンプ01

血液透析装置は各メーカ様々な特徴があります。

特徴の1つが透析液の送る様式があります。

 

多くのメーカが透析液量を予定通り送り、除水も行い制御する「閉鎖式容量制御方式」が用いられています。その中心となるシステムとして、複式ポンプ方式(日機装)、ビスカスコントロール方式(ニプロ)、ダブルチャンバー方式(東レメディカル、JMS)が代表としてあります。

血液浄化療法(オーバーホール)- 複式ポンプ02

当校では日機装社製を用いていの実習を行っているため、複式ポンプのオーバーホールを行いました。

 

複式ポンプの動作原理・役割は、シリンダ内におけるプランジャーと呼ばれるものを、モータによって左右に往復運動させます。一方のシリンダ内における透析液をダイアライザに送り、もう片方のシリンダにダイアライザから透析液と同量の排液を吸い込み、送る量、排液量のバランスを一定に保っています。

 

1つのシリンダの容量は約16.7mL。1分間に約30往復し、1分間の合計が約500mLとなります。よって、ダイアライザには1分間に約500mLの透析液が流されていることに鳴ります。

 

また、複式ポンプはプランジャの動作が左右往復に動いているため、送る量、排液量が交互に動作するため、脈派流を発生します。これは他のメーカにはない特徴です。

血液浄化療法(オーバーホール)- 複式ポンプ03

臨床工学技士として血液浄化療法に携わる上では、透析液の送るシステムを知っておくは大切です。今回は日機装の複式ポンプのオーバーホールでしたが、機会があれば東レメディカル・JMSで採用されているダブルチャンバー方式も取り入れて行えればと思います。

 

次回は、背圧弁のオーバーホールです。

 

 

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
血液透析を行う機械の仕組みを紹介します③ 複式ポンプ

今日は血液浄化療法実習「複式ポンプ」のオーバーホールの紹介です。

血液浄化療法(オーバーホール)- 複式ポンプ01

血液透析装置は各メーカ様々な特徴があります。

特徴の1つが透析液の送る様式があります。

 

多くのメーカが透析液量を予定通り送り、除水も行い制御する「閉鎖式容量制御方式」が用いられています。その中心となるシステムとして、複式ポンプ方式(日機装)、ビスカスコントロール方式(ニプロ)、ダブルチャンバー方式(東レメディカル、JMS)が代表としてあります。

血液浄化療法(オーバーホール)- 複式ポンプ02

当校では日機装社製を用いていの実習を行っているため、複式ポンプのオーバーホールを行いました。

 

複式ポンプの動作原理・役割は、シリンダ内におけるプランジャーと呼ばれるものを、モータによって左右に往復運動させます。一方のシリンダ内における透析液をダイアライザに送り、もう片方のシリンダにダイアライザから透析液と同量の排液を吸い込み、送る量、排液量のバランスを一定に保っています。

 

1つのシリンダの容量は約16.7mL。1分間に約30往復し、1分間の合計が約500mLとなります。よって、ダイアライザには1分間に約500mLの透析液が流されていることに鳴ります。

 

また、複式ポンプはプランジャの動作が左右往復に動いているため、送る量、排液量が交互に動作するため、脈派流を発生します。これは他のメーカにはない特徴です。

血液浄化療法(オーバーホール)- 複式ポンプ03

臨床工学技士として血液浄化療法に携わる上では、透析液の送るシステムを知っておくは大切です。今回は日機装の複式ポンプのオーバーホールでしたが、機会があれば東レメディカル・JMSで採用されているダブルチャンバー方式も取り入れて行えればと思います。

 

次回は、背圧弁のオーバーホールです。

 

 

2017.07.05

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ