学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

入学方法

社会福祉科、精神保健福祉科の制度
履修科目免除制度/現場実習科目免除制度/Wライセンス制度

履修科目免除制度

他の学校等において履修した科目について、出願時に下記の要領で申請することにより、審査のうえ履修を免除することができる制度です。

社会福祉科(昼間課程)
対象 他の学校等において、指定の科目を履修された方。
内容 法令で定められた科目読替え範囲により認定された場合には、全科目の総履修時間数の2分の1を超えない範囲で科目の履修を免除することができます。
なお、免除の認められた方には、入学後、該当科目分の授業料(30時間科目1科目につき10,000円)を返還いたします。

※国家試験の受験が免除されない科目については、国家試験合格を目指すために免除科目であっても履修されることを強くお勧めします。
必要書類 履修科目免除申請書に、法令で定められた科目読替え範囲により認定された科目の履修を証明する書類(成績証明書または単位修得証明書)を添えて他の出願書類と一緒に提出して下さい。
社会福祉科(通信課程)
対象 他の学校等において、指定の科目を履修された方。
内容 法令で定められた科目読替え範囲により認定された場合には、全科目の総履修時間数の2分の1を超えない範囲で科目の履修を免除することができます。

※履修の免除のみで、該当学費の免除はありません。
※国家試験の受験が免除されない科目については、国家試験合格を目指すために免除科目であっても履修されることを強くお勧めします。
必要書類 履履修科目免除申請書に、法令で定められた科目読替え範囲により認定された科目の履修を証明する書類(成績証明書または単位修得証明書)を添えて他の出願書類と一緒に提出して下さい。
精神保健福祉科(通信課程)
対象 他の学校等において、指定の科目を履修された方。
内容 法令で定められた科目読替え範囲により認定された場合には、全科目の総履修時間数の2分の1を超えない範囲で科目の履修を免除することができます。

※履修の免除のみで、該当学費の免除はありません。
※国家試験の受験が免除されない科目については、国家試験合格を目指すために免除科目であっても履修されることを強くお勧めします。
必要書類 履修科目免除申請書改訂に、法令で定められた科目読替え範囲により認定された科目の履修を証明する書類(成績証明書または単位修得証明書)を添えて他の出願書類と一緒に提出して下さい。

現場実習免除制度

指定施設で1年以上の実務経験のある方は、出願時に下記の要領で申請することにより、審査のうえ現場実習に係わる科目を免除することができます。

社会福祉科(昼間課程) 社会福祉科(通信課程)
対象 指定施設で1年以上の実務経験のある方
内容 「相談援助実習」及び「相談援助実習指導」の履修が免除されます。なお、免除が認められた方は、実習費(昼間課程15万円、通信課程10万円)の納入の必要はありません。
必要書類 入学資格(1)~(4)で出願される場合も含めて、免除を希望される方は
実務経験申告書(345KB)
実務経験証明書(349KB)
履修科目免除申請書(様式5)(113KB)
を他の出願書類と一緒に提出して下さい。

実務経験として認められる相談援助実務の内容はこちらをご覧下さい
精神保健福祉科(通信課程)
対象
  • ①指定施設で1年以上の実務経験のある方
  • ②社会福祉士の相談援助実習を履修した方
内容
  • ①「精神保健援助実習指導」及び「精神保健福祉援助実習」の履修が免除されます。なお、免除が認められた方は、実習費(16万円)の納入の必要はありません。実務経験として認められる業務の範囲については次項をご参照下さい。
  • ②医療機関以外の実習について60時間の履修が免除されます。なお、免除が認められた方は、実習費の一部(2万円)の納入の必要はありません。
必要書類 入学資格(1)~(4)で出願される場合も含めて、免除を希望される方は
実務経験申告書(345KB
実務経験証明書(349KB)
履修科目免除申請書(様式6)(113KB)
に相談援助実習を履修したことを証明する書類(単位修得証明書または成績証明書)を添えて他の出願書類と一緒に提出して下さい。

実務経験として認められる相談援助実務の内容はこちらをご覧下さい

【相談援助実務の範囲が「その他」の職種に該当される方へ】
 実務経験として認められる相談援助実務の範囲にある「その他」の職種に該当するか確認するためには厚生労働大臣による個別認定が必要となります。
 手続には数か月の審査期間が必要となるため、個別認定の対応は出願期間の第1期で出願される方に限らせていただきます。
 必要な書類などは、別途お問い合わせください。

社会福祉士+精神保健福祉士 Wライセンス制度

社会福祉士と精神保健福祉士の両受験資格を効率よく取得する制度。

社会福祉科(昼間課程)+ 精神保健福祉科(通信課程)

学費29万円、検定料1.5万円を免除します

初めて福祉を学ぶ方におすすめ

社会福祉科(昼間課程)で福祉を基礎から学びながら、精神保健福祉科(通信課程)を併習することでWライセンスを目指します。1年目に通学の昼間課程で社会福祉士を中心に学び、国家試験対策を受講することにより、2年目の精神保健福祉士国家試験をより確固たるものにするでしょう。Wライセンスによって経済的な負担が軽減でき、1年6ヵ月で社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験受験資格を取得する効率的なシステムです。