学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海医療科学専門学校

このままでは危険では?」と認識を持つことが重要です

臨床工学科2年生の病院安全管理学の授業にて、KYTを行っています。
KYTとは危険予知トレーニングの事です。
1つの事例をもとに、グループで危険を予測し情報共有、ディスカッションを行います。
このKYT を行う事で、日常には多くの危険が潜んでいる事に気付き、危険対策を考える力を身につけます。

臨床工学技士のたまご~KYT 02 臨床工学技士のたまご~KYT 04

今回は各班毎に1つのイラスト(病院での風景)を見ながらKYTを行いました。実際の危険箇所を話合い、またその危険を解決する方法を考えます。
最後は、各班にどのようなディスカッションが行われたかを発表します。

臨床工学技士のたまご~KYT 01

臨床工学技士の大事な職務に「医療安全」が上げられます。医療安全を高めるためには1人1人が「何かおかしい?」「このままでは危険では?」と認識を持ち改善を行っていく必要があります。臨床工学技士として、また医療人の1人として医療安全の共通認識をもち行動することが求められます。
KYTは今回のみで終了ではありません。医療現場で働く際にも継続して行ってほしいトレーニングです。

臨床工学技士のたまご~KYT 03

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

オープンキャンパスの見どころをチェック!

詳しく見る