学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海医療科学専門学校

基礎医学実習にて呼吸機能検査を実施しました。

呼吸機能検査の実習をおこないました。
普段の呼吸は意識して“すってー、はいて―”と行っているでしょうか。
自然に行っている呼吸はどのような仕組みでしょうか。

どのくらいの容量を吸い込んでいる?努力をして測る肺活量はどのくらい?
それを実際に計測してみます。

“肺活量計”を使用します。大きく息を吸って吐けなくなるまで吹き込みます。
この吹き込める量は、人によって大きく違います。決まる要素として『性別・年齢・身長』を計算式に当てはめて計算すると“予測肺活量”というものを知ることができます。

これを計算してから、“努力性肺活量”として肺活量を測定します。
計算値になかなか届かない学生や、大きく超えてびっくりする学生もいます。
どうしてこの値になったのか、生活環境などの要因から考えてみます。

人工呼吸器も使用して計測を行い一回に吸う息の量(1回換気量)を計測します。
そして、大きく息を吸う(最大吸気量)を測定します。
人工呼吸器の勉強は2年生で詳しくしていきますが、この基礎医学実習ではまずは正常時の勉強をしっかり行います。

また、 “パルスオキシメーター(酸素飽和度計)”を使って計測しました。指先にセンサを装着して血液中の酸素量を測定します。

数値の変化をさせる工夫も行ってみます。
息を止めて呼吸停止を限界までしてみても、あまり大きな数値変化は起こりません。
“こんなに苦しいのに!どうして変化しないの・・・?”その理由を考えるのも実習です。

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

オープンキャンパスの見どころをチェック!

詳しく見る