学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ

KYT(危険予知トレーニング)とは? 臨床工学科の学生が学ぶ安全対策

【臨床工学科 【KYT】】
KYTとは、危険予知トレーニングのことで、その場で起こり得る様々な危険を予測し、回避する方法を学ぶことです。
指差し確認をして安全を確認することも重要です。

「KYT(危険予知トレーニング)とは? 臨床工学科の学生が学ぶ安全対策」

例えば、病院内では、壁掛けの額縁が頭の高さにかかっている場合があります。手すりをつかもうとした際には、頭をぶつける可能性があります。
このような危険を回避する方法を学ぶことができます。

2年生の皆さんは、危険が潜んだ写真から、あらゆる危険を発見し、予測していました。
皆さんも、安全な医療を提供できる臨床工学技士になるために、しっかりと学んでいきましょう。

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

オープンキャンパスの見どころをチェック!

詳しく見る