学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海医療科学専門学校

『 救命士の勉強「周産期・産婦人科」編 』

こんにちは、学科長の大野です。
イロイロな事前準備に追われている毎日を送
っています。まずは7月27日土曜日に開催予
定である「学生救急技術発表会」に向けて学
生さんとともに頑張っています。

最近、救急救命士の勉強について問い合わせ
が多く伺われることもあり、本校の学生教育
をふまえてご紹介させて頂きます。

今回は昨日も2年生に対して補習を行いまし
た「周産期・産婦人科」編についてご説明さ
せて頂きます!

救急救命士は年齢、性別を問わず様々な救急
事案に対して適切な救護活動が求められます
が・・・

個人的には苦手な分野でもありました。
「周産期・産婦人科」とひとことで言っても
学習内容は幅広く「正常な妊娠」「疾病」「
分娩介助」「新生児蘇生法」など

実際に経験する機会は極めて少ないとは思わ
れますが、救護する際には同時に2つの生命
を考慮した活動が必要になります。

現在、学生さんは講義から妊娠に関する知識
や周産期疾患を学習して、分娩介助や新生児
蘇生法などのスキルをシミュレーション実習
で修得していきます。

それぞれ科目認定試験があり、合格点である
60%以上の成績を残さなければなりません。

また女性特有の疾患ということもあり、プラ
イバシー保護も配慮も必要になってきます。

ちなみに・・・

個人的に苦手であった私(大野)はブログで
もご紹介させて頂きましたが、今年の2月に
病院前産科救急活動を学ぶ「BLSO」という
資格を修得させて頂きました。

学習後にいうのも変な話ではありますが・・・

「最初から勉強しておけばよかった!」っと
しみじみと感じる知識・技術が楽しく学習で
きました!!

結局、知らないことが「恐怖感」を煽り立て
ていただけで、知識・技術を学習することで
適切な対応ができる自信が湧きました!

小児科や産婦人科を勉強する際の学生さんの
最初の反応も「えぇ!!」と難易度が高いと
懸念しています。

しっかりと学習して、自信のある活動に変え
てほしいです。でも苦手な気持ちもわかりま
すね。

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

行きたい日付をクリック

詳しく見る