学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海医療科学専門学校

『 昨年度の実績と今年度の動向! 』

こんにちは。学科長の大野です。

プロレス観戦が趣味であった私もコロナ渦に

おいて「プラモデル作成」という新たな趣味

を楽しんでいます。

子どもの頃に作ったプラモデルと違い、最近

のプラモデルは精巧で接着剤もいらないとい

う自宅でも良いストレス解消になっています。

さて昨年度の実績と今年度の動向についてご

報告させて頂きます。

昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響に

より多くのイベント活動が中止となりました

が・・・

病院実習などの最低限度の臨床実習は無事に

終了することができました。

同時にカリキュラムも最低限度の学習となり

がちと思われましたが、限界まで遠隔講義で

なく、対面講義を実施していました。

感染者とクラスター発生はありませんでした。

これまで培った「e-ラーニング教育」を糧に

短時間で効果的な学習成果を求めたところ、

就職内定率も国家試験合格率も過去最高レベ

ルでした。

結論は制限のあるなかで学生さんが本当に頑

張ってくれたことが最も大きな要因になりま

す。なお個々の努力も去ることながら、お互

いの協調性(助け合い)は文句なしでした。

しかし諸手を挙げて喜んでいるだけでなく、

昨年度の成果を「もっと効果的に実施できた

のではないか?」という疑問点をもとに分析

(問題点の抽出)と今年度の動向を考えるこ

とも怠っていません。

現在、二重変異株や三重変異株などの新型コ

ロナウイルス感染力強化に対して昨年度以上

に厳しい教育方針で検討せざるを得ません。

この1ヵ月間で遠隔講義に関するセミナーや

教育セミナーなどを受講し、限られた環境下

での創意工夫を今年度も実行していきますが

前年度の成果を再び実行し、「継続」するこ

との難しさを早くも実感しています。

同時に学生さんも「難しさ」は実感している

ようで、例年以上に放課後に残留して各自で

協力して学習している傾向も見受けられます。

「無理」という口癖を廃止して「難しい」に

変換し、最後は「(難しいが)できる」になる

教育を今年度も目指していきます。

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

行きたい日付をクリック

詳しく見る